将来や老後に不安がある方は必須!

日本は先進国の中で唯一、20年間平均年収が低下しています。非正規雇用者が増え、平均年収は400万円ほどです。これから不透明な未来になることが予想されています。

さらには、年金は「いまの若い人から受け取るお金」でやり繰りしているため、あなたがこれまで支払ってきたお金よりも年金受取額は確実に減るようになります。

また、昔のように大企業で働いていれば退職金が貰えるわけではありません。

そう考えると、今のまま定年を迎えると老後に必要なお金は足りなくなります。こうしたことから、将来や老後に不安を抱えている人は多いです。

老後に2,000万円以上が必要と国が認めた

それでは、どれくらいのお金が必要になるのでしょうか。これについては、年金での受け取り以外に2,000万円以上が確実に必要になります。

実際、「夫婦が65歳から30年間生きると、老後資金が総額で2000万円不足する」と金融庁が過去に発表しました。これについては、発表時は大々的なニュースとしても取り上げられることになり、国が「2,000万円以上が必要だ」と公式に認めたわけです。

出典:テレビ東京

これについて60歳の平均貯金額が約2,000万円になります。「そんなに貯金はない」と思うかもしれませんが、富裕層が平均貯蓄額を押し上げているためにこうした数字になっています。これに貰える年金を加えても、2,000万円が足りなくなるという試算です。

ここから、ほとんどの人で老後にお金が不足するといえます。国や企業に頼れない以上、自分自身でどうにかしなければいけません。

仮に、2,000万円を35歳から65歳までの30年間で貯めるためには、どのくらい月々貯金しなければいけないのでしょうか。これについて、以下のようになります。

  • 2,000万円 ÷ 12ヵ月 ÷ 30年 = 約5.6万円

ただ、現実問題として住宅ローンや子供の養育費がある中で毎月5.6万円も貯蓄をするのはかなりきついです。ただ、海外積立投資であればこれよりも圧倒的に少ないお金で実現できます。

海外年金口座でお金を貯めると増える理由

オフショア投資では年利10%以上の資産運用を目指します。日本だと証券会社の手数料が非常に高く、さらには税金が非常に高額なため、年利3%でも難しいです。ただ、海外にはタックスヘイブン(オフショア)と呼ばれる「税金がほとんどかからない地域」が存在し、効率的にお金を増やせるようになっています。

以下のように、オフショア地域は世界中に存在します。

アジアのタックスヘイブンとしては香港やシンガポールが有名であり、実際にオフショア投資では香港のIFA(代理店)と契約するのが一般的です。

・複利で積立投資をする

それでは仮に毎月1万円を30年間投資し、年利10%で運用するとどうなるのでしょうか。これについて、以下のようになります。

投資総額 運用利回り額 総額
360万円 約1,919万円 約2,279万円

このように毎月わずか1万円ほどの投資で、30年で2,000万円以上のお金(原資と合わせた金額)を作ることができるのです。

もちろん投資であるため、年利5%ほどのときがあれば、年利20%ほどのときもあります。ただ、きちんとファンドを選んで平均すればオフショア投資で年利10%以上は現実的に可能です。

なお、資産運用はできるだけ早めに行うほど威力が大きくなります。そのため、いますぐ加入したほうが将来の金額は膨れ上がるようになります。

加入するIFA(代理店)は非常に重要

ただ、常に「オフショア投資=年利10%以上が可能」というわけではありません。金融機関によっては「年間手数料が7%以上であり、手数料負けしてマイナス運用になる可能性が高い」というケースがあります。

また手数料率の低い優れた金融機関へ加入したとしても、契約するIFA(代理店)によって運用成績が変わってきます。金融機関はいくつものファンドを保有しているだけであり、どのファンドへ投資をするのかはIFAが指示を出しているからです。

日本の証券会社でも「世界株」「新興国株」「不動産」「金」などの投資商品を保有しているだけであり、証券会社が資産運用するわけではありません。これと同じであり、IFAがファンド購入の指示を出すのです。これが、契約するIFAが最重要となる理由です。

事実、知識のないときの私はダメな紹介者からオフショア投資を開始してしまいました。このときのポートフォリオは以下の通りです。

「US Dollar Cash:約79.6%」とある通り、現金のまま放置されていました。海外積立投資は米ドルにて投資をしますが、現金として保有していてファンドへ投資されておらず、機会損失の状態でした。大きなマイナス運用ではないものの、プラスでもありませんでした。

この状態が何年も続いたため、私はIFAを変更して以下のようにポートフォリオを組み直してもらいました。

過去5年での運用利回りが11.08%であり、IFAを変えてからは問題なく優れた運用成績へと変わりました。あなたも同じように、誰でもいいから適当なIFAを選んで海外積立投資を開始するのではなく、日本人スタッフのいるのは当然として、優れたIFA(代理店)から加入しなければいけません。

オフショア投資を3つの形態から選ぶ

実際のところオフショア投資を行うことは、とても頭の良い選択です。私についても、いまは日本で投資をしておらずすべて海外にてオフショア投資を実践しています。

日本で「積立投資」「投資信託」「定期預金」を利用しても時間の無駄でしかありません。いくら預けても増える金額はわずかです。

このとき、海外積立投資では以下の3つに種類が分かれます。

  • 20年で160%以上の元本確保
  • 年利10%以上を目指す攻める投資
  • 30年で資産が4倍以上に増える生命保険

それぞれを軽く触れると、次のようになります。

・20年で160%以上の元本確保

オフショア投資の中でも、リスクをできるだけ排除した投資商品に元本確保があります。「15年で140%以上、20年で160%以上」にお金が増えると確約されている投資になります。

最初に決めた金額を満期になるまで投資し続けるという条件はありますが、この条件さえ守れば確実に160%以上になってお金が返ってきます。この場合は年利4%ほどですが、リスクのない投資手法になります。

・年利10%以上を目指す攻める投資

利益がほぼ確定しているため、元本確保は日本人にとって非常に人気です。一方で、年利10%以上を目指す投資スタイルも広く実施されています。

しかしながら、高利回りを目指すときは同時にリスクもあります。特にIFA(代理店)を間違えるとマイナス運用になるため、優秀なIFAでなければ契約してはいけません。

・30年で資産が4倍以上に増える生命保険

オフショア保険(生命保険)もオフショア投資で広く活用されています。海外では資産運用のために生命保険に加入するのが常識であり、このときは一括投資を選択することで「30年で4倍以上」などのように資産が増えます。

生命保険は支払い方法が自由であり「一括投資」「5年払い」「20年払い」などを選択できます。30年以上と長い期間の放置によって資産を増やしたい人に向いています。

当サイトが支持される理由

なお、このように私自身はこれまで海外積立投資で失敗も成功もしてきたわけですが、実際のところ「オフショア投資では詐欺まがいの人物が非常に多い」という問題点があります。例えば、以下のようなことを伝えて勧誘してきます。

  • 途中での減額や停止、引き出しが可能
  • できるだけ加入年数の長いプランで契約するべき

ただ、こうした紹介者から加入してはいけません。

先に述べた通り、オフショア投資は「最初に決めた金額を満期まで払い続ける」からこそ意味があります。途中での減額や停止などを選択すると「元本確保が適用されなくなる」「ロイヤリティボーナスが支払われない」などの不都合が起こり、結果として意味のない投資商品へと変貌します。

また最適な加入年数は人によって異なり、例えば50歳の人であれば長くても15年契約が最適です。50歳で15年が経過したら65歳であり、長い期間の契約を選択していると、定年後の65歳以降は積み立てのお金を払うのに苦労します。その結果として、支払いの停止を選択しなければいけないリスクが高まるのです。

こうした現状を考慮して、当サイトでは「年利10%以上を狙える優良IFA(代理店)を紹介するのは当然として、リスクやデメリットまで含めてすべてを伝える」ことを徹底しています。

また当サイトで紹介するIFAには、他にも以下のような特徴があります。

  • 日本に事務所があり、安心の日本人サポート
  • アフターフォローの徹底
  • ニーズに合わせた投資プランの提供

これだけの優良IFA紹介サービスを提供しているので、当サイトは多くのお客さんに支持されています。

日本に事務所があり、安心の日本人サポート

オフショア投資は海外で積立投資を行います。そのため、日本人スタッフが丁寧にサポートしてくれないと英語が苦手の方では、投資を行うのが難しいです。

しかし、当サイトでは日本人スタッフが丁寧に金融商品の説明や口座開設をサポートします。初めての方やオフショア投資に不安がある方でも、安心して海外積立投資が行えます。また日本に事務所があるため、分からなければいつでも質問できるようにしています。

アフターフォローの徹底

オフショア投資でアフターフォローのない業者はたくさんいます。依頼する業者を間違えると、口座開設をした後は一切サポートをしない恐れがあるので注意しましょう。

当然、その場合は満期が来たとしてもお金の受け取りが困難になり、困ることになります。

なお、当サイトで紹介するIFAは日本人スタッフがアフターフォローはもちろんのこと、あなたの投資について口座開設後もサポートします。

ニーズに合わせた投資プランの提供

オフショア投資は、数多くの金融商品があるので、あなたのニーズに合った投資プランでオフショア投資を行う必要があります。

先に述べた通り、オフショア投資では大きく3つの形態に分かれます。このうち、どれに投資するのか明確に決まっている場合であれば問題ないですが、そうでない場合であってもあなたに合った最適なプランで海外積立投資をアドバイスします。

このときは毎月の支払いで滞りがないように留意する必要があるため、リスクや月々の積立金のバランスを考慮して最適なオフショア投資を提案します。

相談料は格安の3,000円で可能

ただ、申し訳ないですが無料相談は受け付けていません。過去、無料相談を実施していたときもありましたが、そのときは「単に情報を知りたいだけ」の人が殺到し、既存顧客に時間を割けず迷惑をかけてしまう事態に陥ったことがあります。

既に述べた通り、当サイトで紹介する日本人のエージェントについては、満期が訪れる20年後や25年後であってもずっとフォローし続けることを原則としています。また既に多くの顧客を抱えているため、物理的に対応できる人数が限られています。そのため、有料相談のみとしています。

しかし、顧客サポートの質を確保するために有料相談にしているとはいっても、相談料が高いと微妙です。そこで、面談料3,000円と非常に安い金額で実施しています。面談後、実際に投資をするかどうかを決めてもらえば問題ありません。

※面談は「対面(東京)」または「ZOOM(テレビ電話)」になります。

なお電話での対応はしていません。大切なお金を使って投資をすることを考えたとき、「初回の説明を電話だけで終わらせるのはあり得ない」と考えているからです。

ただ、対面(東京)だけだと遠方に住んでいる人は投資チャンスを逃してしまいます。そうしたとき、ZOOM(テレビ電話)での面談も広く受け付けています。

代表あいさつ

オフショア投資ナビを運営している「深井」と申します。このたび、当サイトを訪問いただきありがとうございます。

当サイトではオフショア投資を行いたい方のため、IFA(代理店)を紹介し、海外での資産運用の相談やアドバイスをするサービスを実施しています。

いまでこそ、オフショア投資を行う方にIFAを紹介するサービスを提供していますが、昔は貯金もできず毎月の給料は全て使ってしまう人間でした。毎月クレジットカードを上手にやり繰りさせて、自転車操業に陥っていたのです。

当然、ギャンブルも行っていましたし、貯金など一切できませんでした。「このままではダメだな」という自覚はあったものの、どうすることもできない状況でした。しかしあるとき、転機が訪れました。

それは、彼女との別れです。当時、結婚を前提にお付き合いしていた方がいたのですが、貯金ができないことはもちろんのこと、お金にだらしないところが原因で結婚破棄されてしまいました。

当時の私としては大変ショックな出来事でしたし、自分自身、結婚すると考えていた彼女から別れを切り出されたことはとても残念でした。そこでこのままではダメだと思い、生活や考え方を変える努力をしたのです。

ある本からお金の大切さを学ぶ

具体的に何をどうするということもなく、とりあえず本をたくさん読むようにしました。お金の本はもちろんのこと、ビジネス系や自己啓発本などさまざまな書籍を読みました。

そこである1冊の本に出合ったのです。それは、ロバート・キヨサキ氏の著書「金持ち父さん貧乏父さん」です。

この本は、簡単に言えば「不動産運用のように働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作れば金持ちになれる」と教えてくれるものでした。つまり、お金は働いて稼ぐのではなく、何もしなくても稼ぐ仕組みを作ることが本当の資産だと著者は述べています。

労働で得る所得には限界があります。仮に労働を対価として働く場合、月に100万円稼ぐ場合、単純計算で1日3万円以上稼ぐことを30日繰り返さなければなりません。

これは現実的に困難ですし、毎月安定して100万円を稼ぐことは不可能になります。

しかし、不動産投資のようなものであればどうでしょうか。月に10万円稼ぎ出す不動産物件を10件所有すれば、月100万円を生み出すことが可能です。この本の場合、不動産投資を例に出していましたが、現代では不動産でなくても構いません。「株」「FX」といった投資でも問題がないわけです。

そこで私は、投資について勉強することにしました。

投資は難しいがオフショア投資なら簡単

そして投資について勉強しましたが、正直どれも難しすぎて再現性が低いと感じました。一般的なサラリーマンである私が、株やFXなどの投資で成功するのは難しく、成功するにはどれだけ少なくても1,000万円以上の資金がなければいけません。

また、不動産投資も同じです。マンションを購入するのにはワンルームでも安くて1,000万円かかります。アパートを建設するといっても、土地のない私には到底無理な話でした。

そういう中、投資について半分諦めていたときに、オフショア投資の存在について知りました。

しかも一般的な投資のように、自分で投資先を決める必要がありません。優れたIFA(代理店)とさえ契約できれば、あとは自動で海外積立投資が可能になります。

ただ、オフショア投資で私は最初に失敗しました。「オフショア投資=年利10%以上が可能」と考えており、海外積立投資を検討するに当たって「手数料はどうなっているのか」「IFA(代理店)の運用実績は問題ないか」などを考慮せず、無知のまま契約してしまったのです。

いまでは問題なく放置にて資産を増やすことに成功できていますが、優れたIFAを見つけてオフショア投資できるようになるには時間がかかったのです。

詐欺なく、1人でも多く方に海外投資の良さを知ってもらいたい

日本での投資に比べ、オフショア投資が優れているのは間違いありません。ただ、実際には詐欺まがいの人物(紹介者)が非常に多く、かつての私と同じように微妙な内容でオフショア投資の契約をしてしまったという人が非常に多いです。

そうしたことがないよう、当サイトを利用してくれた方については、当サイトが全力でサポートします。

正しく行えば、オフショア投資はリスクが少なく誰でもできる再現性の高い手法です。これから将来のことを考えている場合、あなたはもちろんのこと、あなたの大切な家族が常に笑顔になれるような資産運用を考えましょう。

住宅ローンや子供の教育費など、お金はいくらあっても足りません。また、老後資金も必要です。この問題を解決する方法が海外積立投資だといえます。

よくある質問

オフショア投資とは何ですか?

オフショア投資とは、オフショア地域と呼ばれる非課税の地域で資産運用することです。オフショア地域では金利10%といった日本では考えられないような金融商品があります。

毎月1万円の積み立てでも、30年間積み立てると日本の場合では金利がほぼ付かない状態なので360万円くらいですが、オフショア地域の場合は約2,279万円になります。

オフショア投資は複利で資産が雪だるま式に増えていく海外積立投資です。そのため、早く実施するほど資産が増えていくようになります。

投資で損をする可能性はありますか?

海外積立投資では「最初に決めた金額について、満期になるまで投資する」ことが大前提となっています。これができない場合、元本確保やロイヤリティボーナスがなくなり、資産運用どころか高確率で損をします。

ただ、契約するIFA(代理店)を正しく選べば損をすることはまずありません。この場合、途中での減額や停止、引き出し、解約をするとIFAが優れていたとしても損をします。

また、オフショア投資ではウソの内容を伝えて契約させる詐欺まがいの人物が非常に多いため、そうした人から加入しても高確率で損をしてしまいます。

どこの地域でオフショア投資を行えばいいですか?

オフショア投資を行う地域は、初心者の方は香港がおすすめです。距離も近いため、安心感があります。

また、税金がほとんどかからないタックスヘイブンは世界中に存在するものの、特別な理由がない限りは香港にあるIFA(代理店)から契約することになります。マン島やケイマン諸島などのオフショア地域に籍を置く金融機関へ投資するにしても、契約は香港のIFAになるのです。

オフショア投資を始めるにはどうすればいいですか?

オフショア投資はIFAと呼ばれる代理店に依頼して金融商品を紹介してもらう必要があります。直接あなたが金融機関へ連絡しても契約できません。また、IFAが面倒な手続きなどを行ってくれます。そのため、IFAに依頼してオフショア投資を始めましょう。

当サイトでは投資の相談やIFAの紹介をしているので活用してください。このとき、日本に事務所をもつ日本人スタッフが対応します。

オフショア投資をする注意点はありますか?

オフショア投資を紹介する代理店の中には、高額な手数料を必要とする悪徳業者がいます。また、手数料が異常に高く「元本割れが必須の契約内容」を説明なしに勧めてくる詐欺業者もいます。そのため、騙されないように注意しましょう。

当サイトでは、私も利用している信頼できるIFA(代理店)のみを紹介しています。オフショア投資を始める方であっても、安心して利用可能です。

英語が話せませんが大丈夫ですか?

英語が話せなかったり、英文が読めなかったりしてもオフショア投資は行えます。

このとき、日本人スタッフが丁寧に金融商品の紹介や口座開設の手続きを代行してくれます。そのため、英語が一切わからなくても不自由なくオフショア投資を行えます。

海外口座開設のサポートはありますか?

当サイトが紹介するIFA(代理店)は日本人スタッフがサポートしているので、必要であれば海外口座開設のアフターフォローを実施しています。

ただ、オフショア投資で増えたお金は日本円にて受け取ることができますし、海外口座が必要になったとしても、その時期は満期時(お金の受取時)になります。また、海外口座は凍結リスクがあります。さらに維持費の問題もあるため、海外積立投資の開始直後に海外口座を開くのはおすすめしていません。

満期(契約終了)はいつですか?

積立期間が終わると満期になります。例えば25年間プランの場合、契約後25年で満期です。

しかし、満期になってもお金をすべて引き出す必要はありません。新たに追加での積立投資はできませんが、そのまま最高99歳まで資産運用が可能です。つまり放置にて、年利10%以上で増やし続けることも可能です。

満期になっても複利による資産運用ができるのがオフショア投資のメリットです。

満期時のお金の受け取り方法は?

基本的に日本中にあるどこの銀行へも送金できます。オフショア投資では米ドルでの資産運用になるものの、日本の銀行を受取に指定できるのです。

米ドルでの資産運用だと、「海外口座の保有が必要」「日本で外貨建て口座を持たないといけない」と考えてしまいます。ただ実際には、そのときの為替レートで換算されて日本円にて支払われます。そのため、日本円の口座をもっていれば問題ありません。

オフショア投資の相談を行い、担当者を紹介

当サイトでは、オフショア投資の相談や代理店の紹介を実施しています。オフショア投資を行う方は当サイトを利用ください。非課税の地域で、高金利による資産運用を実践することでお金を増やしましょう。

金利が低い日本では、お金を預けていても増えることはありません。また人口減少によって日本経済は衰退し、将来円の価値が下がる恐れが高いです。年金や退職金も貰えるかどうか分かりません。

このように社会制度が破たんしている日本では、老後のお金を自分自身で作り出す必要があります。

ただ、オフショア投資は悪徳業者が多く、詐欺に被害に遭う可能性もあるので、オフショア投資を行う際は慎重に業者選びを行うようにしてください。

なお当サイトが紹介するIFA(代理店)では、前述の通り日本人スタッフが丁寧にオフショア投資やオフショア投資の手続きや口座開設後のサポートをしています。誰でも気軽に、安心してオフショア投資が行えるように全力でサポートいたします。

お客様情報

当サイトのサービスは全国対応であり、メールフォームは24時間365日で受け付けています。ただ、土日祝日はパートナー会社が休みのため、返信まで少し時間をいただくことになります。ただ、3営業日以内に必ず返信いたします。

また面談・ZOOMでの相談日について、既に多くの顧客を抱えている敏腕事務所であるため、相談料3,000円を徴収しています。このとき、近い日程だと既に埋まっている可能性がほとんどです。そのため、申込日より1週間以上後の面談日程だとスムーズになりやすいです。

なお、お客さまからの「面談料金(3,000円)の着金」のあと、面談日程・時間の確定となります。

・お名前(必須)

・フリガナ(必須)

・メールアドレス(必須)

・電話番号(必須)

・住んでいる都道府県または国(必須)

・希望のカウンセリング方法(必須)
対面形式(東京)ZOOM(テレビ電話)

・希望のカウンセリング日時(第3候補まで記載)(必須)



例:6/15:10:00~13:00、16:00~19:00

・同意事項(必須)
面談料3,000円の発生は了解していますか?

・相談内容:できるだけ詳細にお願いします(必須)

ページの先頭へ