オフショア投資とは何ですか?

オフショア投資とは、オフショア地域と呼ばれる非課税の地域で資産運用することです。オフショア地域では金利10%といった日本では考えられないような金融商品があります。

毎月1万円の積み立てでも、30年間積み立てると日本の場合では金利がほぼ付かない状態なので360万円くらいですが、オフショア地域の場合は約2,279万円になります。

オフショア投資は複利で資産が雪だるま式に増えていく海外積立投資です。そのため、早く実施するほど資産が増えていくようになります。

投資で損をする可能性はありますか?

海外積立投資では「最初に決めた金額について、満期になるまで投資する」ことが大前提となっています。これができない場合、元本確保やロイヤリティボーナスがなくなり、資産運用どころか高確率で損をします。

ただ、契約するIFA(代理店)を正しく選べば損をすることはまずありません。この場合、途中での減額や停止、引き出し、解約をするとIFAが優れていたとしても損をします。

また、オフショア投資ではウソの内容を伝えて契約させる詐欺まがいの人物が非常に多いため、そうした人から加入しても高確率で損をしてしまいます。

どこの地域でオフショア投資を行えばいいですか?

オフショア投資を行う地域は、初心者の方は香港がおすすめです。距離も近いため、安心感があります。

また、税金がほとんどかからないタックスヘイブンは世界中に存在するものの、特別な理由がない限りは香港にあるIFA(代理店)から契約することになります。マン島やケイマン諸島などのオフショア地域に籍を置く金融機関へ投資するにしても、契約は香港のIFAになるのです。

オフショア投資を始めるにはどうすればいいですか?

オフショア投資はIFAと呼ばれる代理店に依頼して金融商品を紹介してもらう必要があります。直接あなたが金融機関へ連絡しても契約できません。また、IFAが面倒な手続きなどを行ってくれます。そのため、IFAに依頼してオフショア投資を始めましょう。

当サイトでは投資の相談やIFAの紹介をしているので活用してください。このとき、初回の説明は私が対応します。

オフショア投資をする注意点はありますか?

オフショア投資を紹介する代理店の中には、高額な手数料を必要とする悪徳業者がいます。また、手数料が異常に高く「元本割れが必須の契約内容」を説明なしに勧めてくる詐欺業者もいます。そのため、騙されないように注意しましょう。

当サイトでは、私も利用している信頼できるIFA(代理店)のみを紹介しています。オフショア投資を始める方であっても、安心して利用可能です。

英語が話せませんが大丈夫ですか?

英語が話せなかったり、英文が読めなかったりしてもオフショア投資は行えます。

このとき、日本人スタッフが丁寧に金融商品の紹介や口座開設の手続きを代行してくれます。そのため、英語が一切わからなくても不自由なくオフショア投資を行えます。

海外口座開設のサポートはありますか?

当サイトが紹介するIFA(代理店)は日本人スタッフがサポートしているので、必要であれば海外口座開設のアフターフォローを実施しています。

ただ、オフショア投資で増えたお金は日本の銀行で日本円にて受け取ることができますし、海外口座が必要になったとしても、その時期は満期時(お金の受取時)になります。また、海外口座は凍結リスクがあります。さらに維持費の問題もあるため、海外積立投資の開始直後に海外口座を開くのはおすすめしていません。

満期(契約終了)はいつですか?

積立期間が終わると満期になります。例えば25年間プランの場合、契約後25年で満期です。

しかし、満期になってもお金をすべて引き出す必要はありません。新たに追加での積立投資はできませんが、そのまま最高99歳まで資産運用が可能です。つまり放置にて、年利10%以上で増やし続けることも可能です。

満期になっても複利による資産運用ができるのがオフショア投資のメリットです。

満期時のお金の受け取り方法は?

基本的に日本中にあるどこの銀行へも送金できます。オフショア投資では米ドルでの資産運用になるものの、日本の銀行を受取に指定できるのです。

米ドルでの資産運用だと、「海外口座の保有が必要」「日本で外貨建て口座を持たないといけない」と考えてしまいます。ただ実際には、そのときの為替レートで換算されて日本円にて支払われます。そのため、日本円の口座をもっていれば問題ありません。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で2倍以上の元本確保投資」や「年利10%以上の投資」、「30年で資産が18倍以上に増えるヘッジファンド投資」などが可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければオフショア金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ紹介者・代理店によって投資成績が大きく異なります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示されたり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで、当サイトでは「オフショア投資の相談に乗り、最適な投資プラン」を提案します。年利10%以上での資産運用や元本確保での低リスク投資、オフショア生命保険を用いた確実な資産増、ヘッジファンド利用などさまざまな投資が可能です。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日、受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どの紹介者から加入するのか」であり、これによって年利はまったく異なります。そこで、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて、ヒアリング後にあなたにとって最も優れる投資法を紹介します。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

起業家であっても、ほとんどの人の話が面白くないのは日本国内だけに目を向けているから。高齢者産業だけが成長する人口減の国で戦っても未来はない。一方、世界は人口増。もっと外を見ないとね。

ここだけの話、夜の下半身の勢い低下を感じていて「30代なのに落ち具合がやばい」と思っていたが、筋トレを開始して劇的に改善した。若さ維持に筋トレの効果はすごい。確かに足を痛めて20年以上続けたバドミントンができなくなったときから衰えだしたので、代わりに筋トレ頑張る。

岸田は育休中などを「やることがない暇な夏休み」と考えているらしい。自分に経験がなくても、周囲にヒアリングすればズレがわかるのにね。こういうの見ると、国のトップは元経営者に限定すべきと思う。

賃金上昇に向け 産休・育休中の“学び直し”を「後押し」岸田総理 https://news.yahoo.co.jp/articles/6a8002cf6e47f2a86464bf9c074221be94d3c9d9

海外移住だとタイ・バンコクに住む日本人は圧倒的に多いが、やはり居住費と子供の学校代がどうしても高く思えてしまう。バンコクなら、郊外のコンドミニアムで安くても月15万円、子供の学校代は安くて年100万円。一方、私はセブで広めの一軒家が月6万円、学校代は年20万円。安いぜ。

Load More