よくある質問

オフショア投資とは何ですか?

オフショア投資とは、オフショア地域と呼ばれる非課税の地域で資産運用することです。オフショア地域では、世界的に有名な金融センターがあり、そこで金利10%と言った日本では考えられないような金融商品があります。

毎月1万円でも40年間積み立てると日本の場合では、500万円くらいですが、オフショア地域の場合6,000万円になります。

オフショア投資は、複利で資産が雪だるま式に増えていく海外積立投資です。あなたもオフショア投資を行い資産を効率良く増やしましょう。

海外年金口座の特長は?

海外年金口座の特長は以下の5つがあります。

  • 老後の資産確保に特化してる
  • 利回りが高く世界中の有名なファンド(金融商品)を主な運用先としている
  • 低コストで運用益に税金がかからない オフショア地域で複利運用されている 
  • 一人ひとりのニーズに応じて自由度の高いプランを組むことができる
  • メールや電話による日本語サポートを受けられる

投資で損をする可能性はありますか?

オフショア投資は、多くの金融商品があります。ローリスク・ローリターンのものもありますが、ハイリスク・ハイリターンのものもあります。

そのため、金融商品によっては損をしてしまう恐れがあるのです。リスクと利益のバランスをよく考えて、あなたに最適な積立投資を行うようにしてください。当サイトでは、あなたに合った投資を行えるようにIFAを無料でご紹介いたします。

どこの地域でオフショア投資を行えばいいですか?

オフショア投資を行う地域は、初心者の方は香港がおすすめです。距離も近いため、安心感があります。大切な財産を遠い場所に置いておくのは、気が引けるのではないでしょうか。

ただ、そのほかの地域での投資も可能ですので、あなたの要望に合った投資先をご提案できます。

オフショア投資を始めるにはどうすればいいですか?

オフショア投資は、IFAと呼ばれる代理店に依頼して金融商品を紹介してもらいます。また、IFAが面倒な手続きなどを行ってくれます。そのため、まずはIFAに依頼してオフショア投資を始めるのが一般的です。

当サイトでは、無料で投資の相談やIFAの紹介を行っていますので、ぜひ活用してください。

なぜ、無料で行えるのですか?

オフショア投資は、お客様をご紹介すると金融機関から紹介料を貰える仕組みになっております。そのため、お客様からお金を貰うのではなく、金融機関からの紹介料で当サイトは運営しております。

したがって、お客様は無料でオフショア投資が行えるのです。投資の相談やIFAの紹介など、当サイトの利用はすべて無料です。当サイトを活用し、あなたの資産運用に役立ててください。

オフショア投資をする注意点はありますか?

オフショア投資を紹介する代理店の中には、高額な手数料を必要とする悪徳業者がいます。そのため、騙されないように注意してください。

当サイトでは、信頼できるIFAのみをご紹介いたしますので、オフショア投資を始める方は安心して利用していただきたいです。

英語が話せませんが大丈夫ですか?

英語が話せなかったり英文が読めなかったりしてもオフショア投資は行えます。

日本人スタッフが丁寧に金融商品の紹介や口座開設の手続きを行ってくれますので、英語が一切わからなくても何不自由なくオフショア投資が行えます。

口座開設後のサポートはありますか?

当サイトやIFAは日本人スタッフがサポートしているので、口座開設後のアフターフォローも徹底しています。途中でお金を下したりする場合や積立金を増やしたりする場合でも、日本人スタッフが対応いたします。

悪徳業者が非常に多く、口座開設後一切サポートをしない業者もいるため、アフターフォローを徹底している業者を選ぶようにしましょう。

海外年金口座の加入条件は?

契約者の年齢が18歳以上です。そして、月々の積立金が約2万円からとなっています。

満期(契約終了)はいつですか?

積立期間が終わると満期になります。たとえば、25年間プランの場合、25年間で満期です。しかし、満期になってもお金をすべて引き出す必要はありません。

新たに積立はできませんが、そのまま最高99歳まで資産運用が可能です。満期になっても複利による資産運用ができるのがオフショア投資のメリットです。

共同名義人とは?

共同名義とは、共同で名義人になることです。夫婦で共有の名義になった場合、夫婦二人のどちらも名義人です。

共同名義人になれば、共同人には贈与税がかかりません。そのため、どちらの方も自由にお金を引き出したり、投資したりすることが可能です。

受取人は誰ですか?

お申込みいただいたお客様が、原則的に名義人になり受取人になります。受取人を後で決めるとお金が支払われないトラブルになりかねませんので、事前に決めるようにしましょう。

満期時のお金の受け取り方法は?

基本的にどこの銀行でも送金できます。ただし、資産運用している通貨は日本円ではありませんので、手数料がかかります。