アジアでのオフショア投資は香港とシンガポールどちらがいいのか

オフショア投資香港シンガポール

アジアでオフショア投資を検討した際、2大オフショア金融センターである「香港」「シンガポール」のどちらにすればいいのか悩まれる方は多く見られます。

それぞれ特長があるので、どちらにすればいいのか悩みどころですよね。

しかし、オフショア投資はリスクがあるため、必ずあなたの理想の地域で投資をするようにしてください。

そこで本記事では、アジアでオフショア投資を行う際に、香港とシンガポールのどちらがいいのか悩んでいる方のために、それぞれの特徴をご紹介します。よく吟味して納得のいく投資先を選びましょう。

香港のオフショア投資の特徴

オフショア投資を行う際の香港の特徴をご紹介します。どのような特徴があるのかを把握しておきましょう。

日本に一番近いオフショア地域

オフショア投資地域

出典:PREMIER BANK CO,LTD

香港は、日本から一番近いオフショア地域になります。東京から飛行機で4時間弱で行けるため、手軽に訪れることが可能です。

オフショア投資は日本に居ながら口座開設や投資が行えますが、何かトラブルが起こった場合に現地に行かなければいけない恐れがあります。そう考えるとヨーロッパなどは遠いです。

イギリスの近くにあるマン島やカリブ海のケイマン諸島の場合、行くのに飛行機で10時間以上の時間がかかります。香港に比べると多いですよね。自分の財産を預けるのであれば、できるだけ近いところが安心できます。

万が一のことを考えると近いほうが圧倒的にメリットになるので、香港は日本人にとってオフショア投資が行いやすい地域だと言えます。

香港のオフショア投資については、「オフショア投資の香港のメリット:詐欺に合わないIFAの選び方」の記事で詳しく解説しています。詳しく知りたい方は、合わせて読むようにしてください。

シンガポールのオフショア投資の特徴

シンガポールにはどのような特徴があるのでしょうか。シンガポールの利点をよく考え、あなたに合った地域でオフショア投資を行いましょう。

ヨーロッパへのアクセスが良い

シンガポールは、ヨーロッパへ近いためヨーロッパへのアクセスが良いです。しかしながら、香港よりは遠くなってしまうデメリットがあります。仕事でシンガポールに良く行く方などは、シンガポールでオフショア投資する方は多く見られます。

香港より信頼性がある

香港は信頼性がないというわけではありませんが、中国に近いという理由からリスクを感じる方はいらっしゃいます。中国との密着が大きいため、万が一何か起こった場合に資産が心配だと考える方がいるからです。

その反面、シンガポールはそのようなリスクがないので、香港よりもシンガポールのほうが信頼性はあると感じる方は多くいらっしゃいます。

シンガポールについては、「オフショア投資:シンガポールで銀行の口座開設や積立投資を行う」の記事を読むことをおすすめします。わかりやすくシンガポールのオフショア投資についてお伝えしているので、こちらにも目を通しておきましょう。

香港とシンガポールどちらがいいのか

結局のところ香港とシンガポールは、どちらがいいのでしょうか。それぞれメリットがあるので、あなたがどのように投資するのかによって決めるようにしてください。

近い場所で安心感を得たいのであれば、香港がおすすめです。ヨーロッパへアクセスを考えるのであれば、シンガポールにするもの1つの方法です。

IFAに相談してあなたに合ったほうを選ぶ

香港もシンガポールもどちらも世界有数のオフショア金融センターです。そのため、どちらで投資しても資産運用としては、十分にメリットがあります。

そのため、まずはどのように資産運用したいのかを専門家に相談して判断するのがおすすめです。素人目線とはまた違った意見があるからです。

一時的な感情で判断するのではなく、投資先をよく考えて納得のいった上で後悔のない選択をするように心がけましょう。

まとめ

香港とシンガポールのどちらにすればいいのか悩まれる方は、まずは専門家に相談しましょう。

自分自身で判断してしまうのではなく、プロの意見を聞いた上で投資先を決定したほうが失敗するリスクは少ないです。

当サイトでは、IFAの紹介はもちろんのこと、投資のアドバイスや相談も承っています。無料相談可能ですので、ぜひ、お問い合わせください。香港やシンガポールのどちらがいいのか相談させていただきます。

将来やお金のことで不安の方必見!

無料相談・お問い合わせはこちら

関連記事

オフショア投資香港

オフショア投資の香港のメリット:詐欺に合わないIFAの選び方