タイに住んでいる日本人は多く、在住者や駐在員として活躍しています。こうした人が資産運用を考えるのは普通であり、どのようにして資産を増やせばいいのか悩みます。

なぜタイに住む多くの人が優れた資産運用法を頑張って探すのかというと、タイ国内に良い投資法が存在しないからです。そのため自ら勉強して、どのようにすれば資産運用できるのか探さなければ優れた資産運用はできません。

タイ国内で効率的に資産を増やすことができない以上、投資先は必然的に海外になります。オフショア投資と呼ばれますが、タイ以外に投資することで資産が増えます。

ただ海外に投資するとはいっても、どのようにオフショア投資をすればいいのでしょうか。ここではタイ在住者や駐在員が資産を増やす最適な方法を解説していきます。

タイ国内で優れる投資手法はない

多くの国では税金が高額であり、金融規制も厳しいため、優れた金融商品を購入することはできません。タイについても税金が安いわけではなく、金融規制によって世界中の投資商品を購入することはできません。

そのためタイ国内で投資を考えたとしても、優れた金融商品はありません。効率的に資産を増やす方法がないため、タイ国内への投資を考えている以上、あなたの資産は増えません。例えばタイでの資産運用法としては以下が有名です。

  • 銀行での定期預金
  • タイ企業への株式投資

ただ、これらを利用したとしてもあなたのお金が増えることはありません。

銀行預金は金利が低い

タイには現地の銀行がたくさんあり、ここで定期預金を組むことができます。資産運用の中で最も安全な手法が銀行での定期預金です。

損をすることがないため、定期預金では利率が非常に低いです。タイの銀行であれば、定期預金による利率は年1%ほどが一般的です。ただ利子に対して税金を課せられるため、実際の利回りはより少なくなります。

投資をするとき、どれだけ利率が低かったとしても年利3~4%を得ることができなければ意味がありません。この基準と比較すると、銀行を利用した定期預金は利率が低すぎるといえます。

タイの会社へ株式投資するべきではない

一方で株式に投資しようと考える人がいるかもしれません。タイ国内の会社へ投資することによって配当を得たり、株価の値上がりを期待したりするのです。

ただ、タイの会社に投資するべきではありません。理由は単純であり、タイの株式はまったく成長していないからです。参考までに、以下は過去10年のタイ株価の値動きです。

タイSET指数と呼ばれる、タイ国内の上場企業の値動きを表している指標がこれです。見て分かる通り、株価は上昇していません。

株式投資で資産運用するとき、米国株へ投資するのが常識です。事実、アメリカ株は同じ10年で3倍以上に値上がりしています(S&P500の場合)。株式投資では、経済が高度に成長している国へ投資するのが基本なのです。

タイ企業へ投資しても株式価値は高くならず、むしろ下落リスクがあります。プロの投資家でない限りタイの上場企業へ投資して儲けるのは無理です。タイ企業への投資は難易度が高いため、よほどの理由がない限りタイ国内で株式投資をしてはいけません。

満期時、お金の振込先はタイ国内の銀行のみで通貨はバーツに限られる

またタイ国内で投資をするとき、致命的な欠点があります。それは、タイ国内の金融機関を利用しなければいけないことです。

例えば銀行を利用して定期預金を組むとき、当然ながら利用するのはタイの銀行です。またタイの証券会社を利用して株式投資する場合、お金の受け取りはタイ国内の銀行でなければいけません。タイで金融商品を購入する場合、必ずタイの金融機関を経由する必要があります。

そのため駐在員がタイ国内で投資をするのは最悪です。他の国へ引越しすることになった場合、タイ国内の銀行でしか対応できないため、お金の受け取りに困ります。

しかも、投資通貨はタイバーツです。先進国でない場合、通貨の価値は非常に低いです。例えば世界的な不況のとき、新興国の通貨価値は急落します。

そのため資産運用では、米ドルで投資するのが常識です。世界で最もシェアの高い通貨は米ドルであり、最も信頼されている通貨です。タイバーツで投資するのはリスクが高く、米ドルによる投資でなければいけません。

海外オフショア投資が最も優れる

そのため投資知識のある人ほど、タイへの投資を避けます。その代わり、海外投資を選択します。つまり、タイ国外へ投資します。

世界にはタックスヘイブンと呼ばれる、税金がほとんど課せられない地域があります。オフショア地域とも呼ばれ、タックスヘイブンで資産運用すれば効率的に資産が増えます。また、世界中の優れた金融商品を購入できます。

なお、タックスヘイブンの国はどこも金融がメイン産業です。そのため外国人からの申し込みが多く、こうした顧客に対応するため、満期時は全世界の銀行に振り込みをしてくれます。つまり、満期時にあなたがどこに住んでいたとしてもお金の受け取りに困ることはありません。

それだけでなく、投資通貨は米ドルです。ユーロや英ポンドで投資することもできますが、通常は米ドルでオフショア投資をします。タイバーツでの投資ではなく、信頼性の高い通貨で投資できます。例えば以下は、私が利用しているオフショア投資の管理画面です。

このように、投資通貨は米ドルです。タイバーツでの投資はリスクが非常に高いため、タイ在住者・駐在員は米ドルで投資をしましょう。

身近なタックスヘイブンは香港やシンガポール

なおタックスヘイブンの国はタイに住んでいる人にとって身近です。タイの近くにあるタックスヘイブンとしては、例えば香港やシンガポールがあります。

シンガポールについては、シンガポール在住者のみシンガポール国内の金融商品を購入できます。そのためシンガポールへ投資することは無理ですが、香港であれば香港の非居住者であったとしても香港国内の金融商品を購入できます。

また、タックスヘイブンは世界各地に存在します。そのため香港に限らず、他のタックスヘイブンで投資をしてもいいです。

例えば私の場合、香港でオフショア生命保険に加入しています。それだけでなく、ケイマン諸島籍の会社で積立投資をしています。またバミューダ籍の会社を利用して、ヘッジファンドへ投資して資産を増やしています。

ケイマン諸島やバミューダも有名なタックスヘイブンであり、金融がメイン産業です。こうした国を利用して海外投資をしましょう。

生命保険やヘッジファンドへの投資によってお金を増やす

それでは、オフショア投資でどのような金融商品があるのかというと、大きく以下の3つに分かれます。

  • 生命保険
  • 投資信託
  • ヘッジファンドへ一括投資

オフショア投資の中で最もリスクの低い投資法が生命保険の利用です。タイに住んでいる人の場合、オフショア生命保険は香港で加入することになります。また投資先の会社はカナダ大手の生命保険会社であるサンライフなど、タイの生命保険会社と比べて圧倒的に巨大な保険会社へ投資することになります。

例えば以下は、香港サンライフが提供しているVictory(ビクトリー)という生命保険です。

私が34歳のとき、この生命保険に加入して30,000米ドル(約300万円)を一括投資しました。その後、年数経過によって以下のように私の資産が増えます。

  • 20年後:74,086ドル(約2.5倍)
  • 30年後:145,352ドル(約4.8倍)

途中解約せず、お金を放置することでこのように資産が増えると約束されています。年利は約4%とオフショア投資の中では低いです。ただ、確実な資産運用が可能です。

または、リスクを取れる人であれば投資信託やヘッジファンドへ投資しましょう。例えば以下は、私が利用しているオフショア投資信託の管理画面です。

私は10のファンドへ分散投資しており、5年間の平均年利は24.1%です。リスクはあるものの、このように私の資産が増えています。

いずれにしてもオフショア投資では、生命保険のように利回りが最も低くても年利4%です。それに対してタイ国内での投資は利回りが低く、株式への投資では損をするリスクも高いです。そのため、タイ在住者・駐在員はタックスヘイブンで資産運用しなければいけません。

タイ在住者は海外投資で資産運用するべき

投資をすることで資産を増やすためには、正しい資産運用法を理解しなければいけません。そこで、必ずオフショア投資を選択しましょう。

タイに住んでいる人の場合、タイ国内の金融商品を利用することを考えがちです。どうしても、住んでいる国を応援したくなるのです。ただ資産運用では、あなたのお金を増やすのが目的です。タイの会社を応援するために投資をしてはいけません。

タイ国内に優れた金融商品は存在しません。この事実を理解すれば、海外投資でなければ優れた資産運用を実現できないと気づきます。

そのため、海外投資の中でもオフショア投資を始めましょう。タックスヘイブンで資産運用することによって、タイに住んでいる人は効率的に資産を増やすことができます。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で160%以上の元本確保」や「年利10%以上の投資」が可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければ金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ代理店によって投資成績が大きく異なるようになります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示したり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで当サイトでは、「オフショア専門の有能なIFA(代理店)」を無料で紹介します。私(当サイトの管理者)もその会社から加入しており、年利10%以上での資産運用を実現しています。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日にて受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どのIFA(代理店)から加入するのか」であるため、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて優れた代理店から加入するようにしましょう。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

インスタグラムでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

副業・ビジネスをしたことのない人では、「副業は怪しい」と思う。投資をしたことのない人では、「投資は怪しい」と思う。

つまり、両方している私は非常に怪しい人間。

ただこれらをすれば経済の本質が分かる。また資産家を除く金持ちは全員、例外なく両方をしている。

Snapという会社があって、決算がダメで株価暴落。原因はiPhoneの仕様変更。

似た業態のFacebookもアップルの仕様変更に文句をいっている。

プラットフォーマーのゴミアップデートに文句をいうのは、私たち個人も巨大企業も同じらしい😅

多くの人はただ情報発信する。より正確にいうと、ゴール(売る商品)がまったくない。だから稼げない。

インフルエンサーで稼げない人が多いのは、フォロワーに売る商品がないから。

ビジネスでは最初に売る商品を設定するべき。その後、情報発信の内容を考えないといけない。

稼ぐためには、自分よりも頭のいい人の思考を真似しないといけない。

そういう意味では、エネルギー高騰による爆益を予想し、日本の商社株を仕込んでいたウォーレン・バフェットは天才だ。

未来を予想する力は全ての金儲けで必須🧐

https://biz-journal.jp/2021/10/post_258072.html

Load More...