詐欺やポンジスキーム(ねずみ講)で頻繁に利用されている手法がバイナリーオプションです。バイナリーオプションを勧誘する人は100%の確率で詐欺であり、あなたのお金が増えることはありません。

バイナリーオプションはFXと似ており、仕組み自体は簡単です。また仕組みが簡単であるがために確実に稼ぐことができず、多くの人がだまされるのです。

もしバイナリーオプションでだまされた場合、返金を要求したとしても無理です。そのため、最も重要なのは投資詐欺に巻き込まれないことであり、バイナリーオプションへの投資を無視することです。

ただバイナリーオプションがすべて詐欺とはいっても、この理由について理解しなければいけません。また、どのように詐欺を見分ければいいのかについても把握しておきましょう。ここでは、バイナリーオプション詐欺を防ぐ考え方を解説していきます。

バカでも理解できる簡単な投資はすべて詐欺

すべての投資法で共通しますが、バカでも理解可能な投資法はすべて詐欺です。頭の悪い人であっても容易に理解できるため、「自分でも可能かもしれない」と多くの人が思うのです。その代表例がバイナリーオプションです。

バイナリーオプションとは、二者択一で選ぶことを指します。仕組みはFXと似ており、通貨価値が上がるのか、それとも下がるのかを予想するのがFXです。同じように、0または1のどちらになるのかを予測するのがバイナリーオプションです。

要はコイントスと同じと考えましょう。コインを投げ、例えば表(0)が出ればお金をもらえますし、裏(1)であればお金を没収されます。こうした投機がバイナリーオプションです。

バイナリーオプション自体は違法ではありません。例えばバイナリーオプションのゲームをして遊んでも何も悪いことはありません。ただバイナリーオプションを利用して詐欺をする人が非常に多く、結果としてねずみ講・ポンジスキームや自動売買ツール、情報商材などでだまされる人がたくさんいるというわけです。

ゼロサムゲームで儲かる投資法は存在しない

まず、大前提としてゼロサムゲームで儲けるのは不可能です。FXはプロであっても勝ち続けるのが不可能であると広く知られており、これはゼロサムゲームだからです。ゼロサムゲームとは、勝つ人と負ける人を足すとゼロになるゲームを指します。FXもバイナリーオプションもゼロサムゲームというわけです。

例えば、あなたは以下のドル・円の為替相場を見せられて、翌日の価格が上がるかどうか予想できるでしょうか。

残念ながら、すべての人で予想することはできません。50%の確率で当たりますし、50%の確率で外れます。

またこうした二者択一の投資をすると、売買するごとに手数料がかかります。また仮に儲かったとしても、税金を支払わなければいけません。つまりゼロサムゲームではプラスマイナスゼロにも関わらず、常に手数料を取られ、仮に収益がプラスだと税金を取られます。こうして、100%の確率でお金が減ります。

・投資で儲かるのは多くの人が稼いでいるから

投資というのは、ゼロサムゲームではダメです。投資に参加している大多数の人が勝っている状態でなければいけません。例えば、株や債券へ投資をしている人の中でなぜ億万長者がいるかというと、投資に参加している人の大多数が儲かっているからなのです。

例えば以下はS&P500という、アメリカのトップ500社へ投資をするインデックスです。

過去60年以上の平均年利は配当を含めて8~10%です。そのため、多くの人が利用しています。

また投機と呼ばれる仮想通貨であっても、実際のところ億万長者を何人も輩出していることで知られています。これは、以下のように価値が上昇していくからです。

一方でバイナリーオプションでは、こうした資産価値の上昇はありません。あくまでもゼロサムゲームであり、その時点で投資で儲かることが100%ないのです。

バイナリーオプションでの典型的な詐欺の手法・手口

まずはこうした事実を理解して、バイナリーオプションを利用しての投資を避けなければいけません。このとき、バイナリーオプションを利用した典型的な詐欺の手法・手口としては主に以下があります。

  • ファンドを利用するポンジスキーム
  • 自動売買ツールや情報商材の販売

両方に共通しているのは、顧客から高額なお金を振り込んでもらうことです。お金を振り込んでもらうための口実は異なるものの、基本的な中身は同じと理解しましょう。

それでは、どのようにしてバイナリーオプションを利用して詐欺が行われているのか確認してみましょう。

国内・海外ファンドとして口座にお金を集めるねずみ講・ポンジスキーム

バイナリーオプションはポンジスキーム(ねずみ講)で頻繁に利用されています。ポンジスキームでは、国内・海外ファンドとして多くの投資家から口座にお金を集めます。その後、少しずつ配当としてお金を返していきます。

ただ実際には資産運用をしておらず、当然ながら資金は行き詰まります。そこである時点で主催者が消え、そのときに投資家は詐欺に気づきます。

バイナリーオプションに限らず、こうしたポンジスキームは仮想通貨や海外投資でも非常に多いです。このとき、ポンジスキームで人を集める手口の一つがバイナリーオプションというわけです。

知人やSNSを含め、ポンジスキームによる怪しい投資話は多くの人からもたらされます。このとき中身がバイナリーオプションの場合、特に100%の確率で詐欺というわけです。

自動売買ツール・情報商材の販売はよくある事例

またファンドとしてお金を集めるというよりも、何かしら高額ツールを販売するケースもよくあります。典型的なのが自動売買ツールや情報商材です。まったく使い物にならない自動売買ツールや情報商材を利用して詐欺をするというわけです。

またこうした自動売買ツールや情報商材ではなく、コンサル料としてお金を集め、「稼ぎ方を教えずに消える」こともよくあります。いずれにしても、高額なお金を集めて役に立たないゴミ商品を売りつけることは共通しています。

例えば以下は、元アイドルグループのメンバーがバイナリーオプションを利用して詐欺行為を行い、逮捕された事例です。

ファンドを利用したポンジスキームでなかったとしても、50~100万円ほどの高額商材を利用してお金をだまし取られるケースはよくあります。ただバイナリーオプションで稼ぐのは不可能である以上、こうした自動売買ツールや情報商材、コンサルティングでお金を支払うと何も得られるものがないというわけです。

なお、自動売買ツールや情報商材などを販売すること自体は違法ではありません。ただ「儲かる」とウソをついて販売することは詐欺行為であり、これによって過去には逮捕例があるというわけです。

返金は無理であり、真っ当な紹介者は顧客のお金を預からない

なお実際にバイナリーオプションによるポンジスキームや詐欺被害に遭った場合、返金を要求してもお金が返ってくることはありません。つまり、泣き寝入りするしかないのです。

そもそも、真っ当な投資の紹介者というのは、顧客からお金を預かることはありません。例えば証券会社や保険会社へお金を預けるにしても、こうした営業マンは顧客からお金を直接受取せず、お金は証券会社や保険会社へ行きます。

また、顧客は証券会社や保険会社へお金を預けるため、100%の確率で詐欺は起こりません。誰かの個人口座ではなく、真っ当な証券会社や保険会社のみにお金を支払うからです。

一方でバイナリーオプションを利用する詐欺師というのは、個人口座(またはどこかの法人口座)へのお金の支払いを依頼します。つまり私募での募集であり、当然ながら返金をお願いしても無理というわけです。

見分け方は簡単であり、バイナリーオプションへ投資しなければ詐欺はない

なお、詐欺かどうかの見分け方は意外と簡単であり、ファンド情報が全世界に対して公開されているかどうかで判断しましょう。

真っ当な投資信託やETF、ヘッジファンドの場合、必ずBloomberg(アメリカ大手の通信社)に登録されており、さらには投資コードが公開されています。例えば以下はヘッジファンドのファクトシートであり、このように投資コード(ティッカー)が公開されています。

このようにファンド価値がリアルタイムで更新されている場合、物理的にウソの情報を提供できず、詐欺はありません。また当然ながら私募ではなく、公募にて多くの投資家を集めています。

一方で知人やSNSにて、人づてに舞い込んでくる投資話というのは、バイナリーオプションを含めてほぼ詐欺です。またどれも私募であり、投資情報やファンド情報は公表されていません。このように「情報の透明性があるかどうか」で判断すれば、詐欺かどうかを見分けられます。

また、そもそも怪しい投資話を聞いたときにお金を送らなければ詐欺被害に遭うことはありません。そこで「バイナリーオプションの案件はすべて詐欺」であることを理解し、私募の口座にお金を送らないようにしましょう。

バイナリーオプションでの詐欺被害をなくす

資産運用によってお金を増やす場合、投資によってお金を増やせることがあれば、お金を減らしてしまうこともあります。そのため、どのような投資法であればお金を増やすことができるのか私たちは学ばなければいけません。

ただ投資詐欺は多く、詐欺の場合は必ず大きな損失となります。その中でも100%の確率で詐欺なのがバイナリーオプションです。バイナリーオプションというのは、その仕組み上、儲けることが不可能だからです。

当然、バイナリーオプションのファンドでお金を集めていたり、自動売買ツール・情報商材を販売していたりする人にお金を預けると、途中で必ず消えます。そもため、バイナリーオプション関係の儲け話はすべて無視をしましょう。

ポンジスキームや詐欺で頻繁に利用されるのがバイナリーオプションです。仕組みは簡単であるものの、稼ぐのが不可能な手法です。まずは、こうした事実を理解しましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で2倍以上の元本確保投資」や「年利10%以上の投資」、「30年で資産が18倍以上に増えるヘッジファンド投資」などが可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければオフショア金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ紹介者・代理店によって投資成績が大きく異なります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示されたり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで、当サイトでは「オフショア投資の相談に乗り、最適な投資プラン」を提案します。年利10%以上での資産運用や元本確保での低リスク投資、オフショア生命保険を用いた確実な資産増、ヘッジファンド利用などさまざまな投資が可能です。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日、受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どの紹介者から加入するのか」であり、これによって年利はまったく異なります。そこで、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて、ヒアリング後にあなたにとって最も優れる投資法を紹介します。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

英ポンドの価値が下がっているとはいっても、減税(によるインフレ)などが原因。日本とか、減税すらなくむしろ増税なのに円安&利上げ無理で詰んでいるという。

クワーテング英財務相、減税「まだ追加がある」 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-09-25/RIRSGHDWX2PU01?srnd=cojp-v2

日本のゴミ規制により、世界最大の優れた取引所だったが、これからは日本人がバイナンスを使うと

・わずかなトークン売買
・BUSD(米ドルと等価のコイン)を使えない
・新規上場コインを買えない

という地獄が待っているのか😇

ブルームバーグニュース @BloombergJapan

EXCLUSIVE: バイナンスが日本参入へ、事業者登録を検討-関係者

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-09-26/RINK91T0G1L101

就職に困らない資格職は恵まれており、例えば薬剤師とか私立で数百万の学費が必要といっても、返済なしの奨学金を出してくれる会社とか腐るほどある。

田舎の薬局なら最初から年収600万だしね。薬剤師で金欠の人、自分のわがままを通しているだけにしか見えない。

例えばフィリピンのような途上国でも、新卒の現地採用で最初から月30万円超えとか探せば普通にある。現地人は無理だが、日本人の特権。

しかし給料が上がらないと嘆くものの、英語を勉強して海外でチャレンジしようとする人がほぼいない不思議。

Load More