オフショア投資を実施するとき、インベスターズトラスト(Investors Trust)を考える人は多いです。このとき、加入後に必ず行うべき作業にアカウント登録があります。

どのように資産運用されているのかについて、マイページへログインしなければ確認することができません。

また、クレジットカード変更やファンドへの連絡などは口座ログイン後にマイページから行うことになります。インベスターズトラストを利用するとき、アカウント登録は必須になると考えましょう。

ただ海外の保険会社になるため、どのようにアカウント登録をすればいいのか理解していない人は多いです。中には、ログインできない人もいます。そこで、どのようにアカウント登録をしてログインすればいいのか解説していきます。

Investors Trustを契約後、口座ログイン登録をする

インベスターズトラスト(Investors Trust)と契約したのであれば、必ずマイページを開いて口座ログイン登録をするようにしましょう。会員サイトですべての情報を管理することになるからです。

例えば私の場合、インベスターズトラストが提供する商品のうち以下の2つに加入しています。

  • S&P500・インデックス
  • Evolution(エボリューション)

加入しているこれらのプランについて、以下のようにそれぞれ確認することができるようになっています。

また私の場合、例えばEvolution(エボリューション)であれば、以下のように海外積立投資を実施できていることを確認できます。

投資になるため、自分のお金がどのようになっており、資産が増えているのか減っているのか確認できなければ不安になってしまいます。また情報の更新をするとき、会員ページへログインできなければいけません。

そうしたとき、口座ログインできるようにするのは必須だといえます。

契約後、すぐは登録できない

なお海外の金融機関には代理店(IFA)を通して加入することになりますが、契約してすぐに登録できるわけではありません。最低でも1週間は待つようにしましょう。

そうすれば、インベスターズトラストから以下のようなメールが送られてくるようになります。

このようなメッセージが届いたら、マイページのアカウント登録が可能になります。代理店を通して加入の手続きを済ませたら、インベスターズトラストからのメールを待つようにしましょう。

マイページで登録し、ログインできるようにする

実際の登録方法としては、公式サイトへ行く必要があります。そこで、実際に「公式サイト」へ飛ぶようにしましょう。

その後、公式サイトに「ログイン」のボタンがあるため、ここをクリックします。

そうすると、ログイン画面に移るようになります。ただ、まだパスワードなどを発行しているわけではないため、口座ログインできるようになっていません。そこで、「Register Account(アカウントの登録)」のボタンをクリックして進みましょう。

なお英語表記がどうしても嫌な場合、インベスターズトラストは日本語対応している珍しいファンドであるため、同じ画面で「Japanese」を選択すれば、日本語表記に変換されます。

その後、以下の項目を入力していきます。以下には、日本語表記に変換したときの登録画面を掲載しています。

この中でほとんどの人が契約時にパスポート番号を提出するため、「身分証明書番号」にはパスポート番号を掲載するようにしましょう。

ただ、中にはパスポートを保有していない人もいます。その場合、申し込み時に記載した別の身分証明書番号を記すといいです。もし不明な場合、オフショア投資の紹介者に聞くようにしましょう。

またアカウント番号としては、先ほど記した「契約受理のメール」に以下のように記されています。

私のアカウントなのでモザイクを入れていますが、ここに記されている番号を「アカウント番号」の欄に入力すれば問題ありません。後は氏名や希望するユーザーID、パスワードなどを入力し、アカウント登録を済ませるだけです。

こうして登録を済ませると、「登録を有効化するためのメール」が届くため48時間以内にクリックして有効化するようにしましょう。

ログインできない場合、有効化までを完了できているかどうかを確認しましょう。有効化せずに48時間が経過した場合、最初からやり直しになります。迷惑メールを含め届いたメールをチェックしましょう。そして有効化後、管理画面にログインできるかどうかを含めて最後まで確認するようにしましょう。

ログインできない場合はユーザーID・パスワードの再発行

なお、中には既にアカウント登録を済ませているものの、ユーザーIDやパスワードを忘れてしまっているケースがあります。その場合についても、同じアカウント登録画面に行くようにしましょう。

言語で「Japanese」を選択すれば、以下のように「ユーザーID/パスワードを忘れましたか?」が出るため、ここをクリックするといいです。

その後、身分証明書番号やアカウント番号などを入力すれば、問題なくユーザーIDとパスワードの再発行が可能になります。ログインできないにしても、このように再発行の手続きをすることで口座ログインできるようになります。

全手続きを会員サイトで行う

なお、オフショア投資をするとき加入については必ず代理店(IFA)を通す必要があるものの、実際のお金の預け先は金融機関です。そのためクレジットカードの変更など必要な手続きが発生した場合、基本的にはあなたがインベスターズトラストの会員サイトへログインし、手続きを行う必要があります。

どれだけお金が増えているのかの確認に限らず、その後の手続きについても口座ログインして実施するようになると考えましょう。そのため、インベスターズトラスト(Investors Trust)と契約したらアカウント登録は必須になります。

契約後、早めに手続きをすれば「アカウント番号のメールはどこにあったっけ?」「身分証明書番号って何だったっけ?」などのように忘れることが少ないです。そのため、手続きできるようになったらすぐにアカウント登録し、ログインできるように設定しましょう。

アプリはなく、公式サイトへログインする

ちなみに、アプリがあればいつでも資産運用の状況を確認できるため、便利なように感じます。ただ、インベスターズトラストはアプリを用意していないので、公式サイトへのログインをするようにしましょう。

過去には、インベスターズトラストはアプリを用意していたことがあります。ただいまは廃止しています。実際にアプリをインストールすると、以下のように「廃止したので公式サイトへアクセスしてください」と表示されるようになります。

インベスターズトラストにアプリは存在しません。そのためユーザーIDやパスワードなどをきちんと管理して、公式サイトのみを活用するようにしましょう。

契約後、マイページへ口座ログインできるようにする

海外積立投資で重要なのは、当然ながらお金を増やすことにあります。そうしたとき、自分のお金がどれだけ積立できており、どれだけ資産運用によって増えているのか確認できなければ不安になってしまいます。

これについて、インベスターズトラスト(Investors Trust)では会員サイトが用意されており、公式サイトからアカウント登録できるようになっています。

その後のクレジットカード変更を含め、基本的には口座ログインしたうえで会員サイトから手続きできるようになっています。日本語対応しているため、代理店を通さなくても自分で手続きを行えるのがインベスターズトラストの利点です。

実際に契約を完了したら、ここに記した手順に沿って必ずアカウント登録をするようにしましょう。大切なお金を守り、資産を増やすためには口座ログインできる状態にしておくのは必須だといえます。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介