ヘッジファンドマネージャーは投資のプロであるため、さまざまな投資商品を活用します。その中でも、ヘッジファンドの投資先として商品先物やオプションなどのデリバティブが広く知られています。

一般的な投資家にとって、株や債券へ投資をするのが一般的です。一方でデリバティブ取引となると内容が難しく、どのような仕組みになっているのか理解しにくいです。また商品先物やオプション取引というと、非常にリスクの高い投資法と私たちは考えてしまいます。

ただヘッジファンドの中には、積極的にデリバティブ取引を行うファンドがあります。将来の株や債券、通貨(外国為替)、商品(コモディティ)などの価格を予想することによって、買い(ロング)や空売り(ショート)をするのです。

それでは、デリバティブ取引をするヘッジファンドにはどのような種類があるのでしょうか。また、どのような取引をしているのでしょうか。これらを解説していきます。

ヘッジファンドが行うデリバティブ取引

一般的な投資では、現物に対して投資をします。現物には株や債券、通貨、コモディティ(原油や金、農作物など)が知られています。

ただ投資をするとき、これら現物以外の投資商品もあります。現物から派生した投資商品を総称してデリバティブといいます。デリバティブには種類があり、先物取引やオプション取引はデリバティブに含まれます。

例えば先物取引では、以下のような取引が存在します。

  • 株価指数先物取引:株が対称
  • 債券先物取引:債券が対称
  • 金利先物取引:短期金利が対称
  • 通貨先物取引:外国為替が対称
  • 商品先物取引:コモディティが対称

他にも種類はありますが、これらが先物として広く利用されています。例えば株の現物取引であれば、証券取引所が開いている昼に取引できます。一方で先物であれば、夜であっても価格が変動します。

またオプション取引では、市場価格に関係なく、「一定の数量について、将来のある日に決められた価格で買う権利(または売る権利)」を売買します。オプション取引についても、株や債券、金利、通貨(外国為替)、コモディティ(商品)を取引できます。

いずれにしても、ハイリスク・ハイリターンのヘッジファンドではこうしたデリバティブ取引をするファンドがあるというわけです。

ロングとショートで不景気でも利益を作る

一般的な投資では、株に対して買い(ロング)をします。ただロングのみの場合、不景気のときに資産価値が大幅に減少します。そこで絶対収益を目指すヘッジファンドでは、不景気であっても収益を作れるように、買いだけでなく空売りもします。

ヘッジファンドというのは「ヘッジ」という言葉があることからわかる通り、リスクヘッジのために利用されます。

一般的な投資では、不況のときに資産価値が大きく減ります。そこでヘッジファンドへ投資していれば、ファンドマネージャーが空売りすることによって不況時であっても大きく資産が増えます。好景気でも不景気でも資産を増やすことができるため、多くの人がヘッジファンドを利用するというわけです。

またデリバティブ取引をするヘッジファンドの場合、株価とは異なる値動きをすることがよくあります。そのため、こうしたヘッジファンドへ投資することはリスク分散になるのです。

世界的なニュースで先物価格が大きく動く

それではコモディティ(商品先物)を例にして、どのように原油や金、穀物などの価格が変動するのか確認してみましょう。不景気のときに金の価格が上昇するのは有名ですが、その他の商品先物はどのように価格変動するのでしょうか。これについては、世界的なニュースが関わります。

例えば2020年にコロナウイルスによるパンデミックが起こりました。このとき全世界で飛行機が飛ばなくなり、結果として消費が落ち込みました。このときは世界中で石油が余り、一時的に原油価格がマイナスになりました。

石油を貯蔵する施設がすべて満タンになってしまい、お金を払ってでも石油をほかの人に渡さなければいけない状況に陥ったのです。

ただコロナウイルスによるパンデミックにより、世界中の銀行が大量のお金をばらまいたことから、その一年後に極力なインフレが起こりました。またパンデミックからの経済再開も重なり、今度は原油価格が高騰しました。

つまりコロナショックが起こったあと、金余りによるインフレが起こると予想していれば、原油への投資によって大きな利益を得ることができたというわけです。参考までに、以下は当時の原油価格の推移です。

このように、原油価格は何倍にも上昇しています。将来の世界情勢を予測する必要はあるものの、予想が当たれば大きな利益を得ることができるのです。

また2022年にロシアがウクライナへ侵攻しました。これによって多くの国がロシアに対して強力な経済制裁を課しました。ロシアはエネルギー輸出が盛んな国であり、これによってさらに原油価格が高騰しました。

なおロシアとウクライナは穀倉地帯で知られており、ロシアの侵攻によって小麦価格が高騰しました。つまり戦争勃発後、素早く小麦に投資していれば大きなリターンを得られたのです。いずれにしても、このように世界的な出来事を受けて商品先物価格が大きく変動するというわけです。

デリバティブ取引をするヘッジファンドには何があるのか

ただ投資の素人が先物取引やオプション取引を行い、さらには将来の世界情勢を予測し、投資によって利益を作るのは現実的ではありません。そこでヘッジファンドへ投資し、あなたの代わりにデリバティブ取引をしてもらうというわけです。

税金がほとんどないタックスヘイブン(オフショア地域)で投資口座を開設すれば、ヘッジファンドへ投資できます。こうしたヘッジファンドの中には、先物取引やオプション取引をすることで不景気であっても大きな利益を出すヘッジファンドが存在するのです。

デリバティブ取引をするヘッジファンドには、主に以下があります。

  • 先物取引・オプション取引をメインで行う
  • 投資戦略の一つにデリバティブ取引を含む

どのヘッジファンドであっても、投資成績が優れる場合は高年利が可能です。実際のヘッジファンドを確認してみましょう。

先物取引・オプション取引をメインで行うヘッジファンド

ヘッジファンドの中には、デリバティブ取引をメインで行うファンドがあります。現物の取引はせず、先物取引やオプション取引のみに着目してロングとショートをするのです。

例えば以下は、先物をメインで取引するヘッジファンドのファクトシートです。

ハイリスク・ハイリターンのヘッジファンドであり、AIがすべて判断して取引をします。ファンドマネージャーはSE(システムエンジニア)であり、AIが正しく機能しているかチェックしたり、雇用統計などのデータをAIに提供したりします。

このファンドの平均年利は15.18%であり、年間の変動リスクは21.48%です。マイナスリターンになる年はあるものの、こうしたヘッジファンドを利用することによって効率的に資産を増やすことができます。

株や債券、為替、コモディティと幅広く投資するヘッジファンド

なおヘッジファンドで最も多いのは、デリバティブ取引を投資先に含むヘッジファンドです。現物取引をするものの、先物取引やオプション取引も利用するというわけです。こうしたヘッジファンドには以下のような戦略があります。

  • グローバルマクロ戦略
  • マルチストラテジー戦略
  • アービトラージ戦略

これらの投資戦略では、投資先にデリバティブ取引を含めることによって不景気であっても資産を増やすようにします。例えば以下は、マルチストラテジー戦略を採用しているハイリスク・ハイリターンのヘッジファンドです。

平均年利が約29.20%のヘッジファンドです。かなりのハイリスク・ハイリターンであり、大きなマイナスとなる年もあります。ただ全体では大きなプラスというわけです。

デリバティブ取引のみでこの投資成績を出しているわけではないものの、先物取引やオプション取引を一部で利用することによって、優れた投資成績を得ることができるのです。

ヘッジファンドを利用して先物取引やオプション取引をする

プロの投資家でない場合、デリバティブ取引は内容が難しく利益を作るのは難しいです。素人は先物に手を出さないのが賢明です。

一方で投資を専門で行うヘッジファンドでは、デリバティブ取引を積極的に行うことがあります。先物へ投資したり、オプション取引を利用したりして利益を作るのです。また将来の価格を予測し、ロングとショートの両方をします。

デリバティブ取引を利用するヘッジファンドはどれもハイリスク・ハイリターンです。そのためマイナスリターンになることはあるものの、優れたヘッジファンドであれば、長期投資では大きなプラスリターンを得ることができます。

ヘッジファンドを利用してデリバティブ取引を行えば、効率的に資産を増やすことができます。自ら先物取引やオプション取引をするのではなく、ヘッジファンドを活用しましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で2倍以上の元本確保投資」や「年利10%以上の投資」、「30年で資産が18倍以上に増えるヘッジファンド投資」などが可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければオフショア金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ紹介者・代理店によって投資成績が大きく異なります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示されたり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで、当サイトでは「オフショア投資の相談に乗り、最適な投資プラン」を提案します。年利10%以上での資産運用や元本確保での低リスク投資、オフショア生命保険を用いた確実な資産増、ヘッジファンド利用などさまざまな投資が可能です。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日、受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どの紹介者から加入するのか」であり、これによって年利はまったく異なります。そこで、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて、ヒアリング後にあなたにとって最も優れる投資法を紹介します。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

FRBパウエル議長は公式にハードランディング(大幅な景気後退)を容認している。そうしないとインフレを退治できないため。

そういうときに株価や仮想通貨の大幅上昇を期待して投資とか無理じゃないか。

戦う場所は重要で、私は地元岡山ではまったくモテなかった。私より公務員の方が人気という謎。起業家は怪しい人と思われる。

ただ東京に住んでからは急にモテるようになった。鋭い感度の人は女性であっても都市部に住む。場所って重要。

先ほど、「ほぼ確実に年利7%以上で増えるオフショア保険」を断られた。

ただ、その人は「100%の確率で損をする日本の貯蓄型医療保険」に加入している。

人間の行動って不思議🤔多くの人が資産運用で失敗するわけだ。

利下げのあとは必ず不況が来る。ITバブル崩壊やリーマンショック、コロナショックなど。

そのときは今よりも本格的な株価減だなぁ。

セントルイス連銀総裁、利上げ前倒しなら23年には利下げ可能にも https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-20/RC71UET0AFB401 via @business

Load More...