海外積立投資で重要な金融機関にインベスターズトラスト(Investors Trust:ITA)があります。ただ、中にはインベスターズトラストを途中解約したいと考える人もいます。

途中解約すると、ほぼ確実に元本割れします。本来であれば優れた資産運用が可能にも関わらず、ダメな紹介者から入ってしまうと、インベスターズトラストで契約したことを後悔してしまい、結果として解約という選択をするのです。

それでは、このときの解約手数料としてはどのようなものがあるのでしょうか。また、具体的な解約方法はどうなっているのでしょうか。

ここではインベスターズトラストで契約後、解約する手順について解説していきます。

ダメなオフショア投資の紹介者だと解約が最適

途中解約に限らず、減額や停止を含め、インベスターズトラストでは「運用資金の引き出し」はやめたほうがいいです。先にも記しましたが、ほぼ確実に元本割れするからです。そのため、基本的には契約通り継続しなければいけません。

ただ紹介者がダメであり、商品知識がない状態で加入してしまった場合、例外的に解約を選択したほうがいいことがあります。オフショア投資で大きく資産を増やせるのは事実です。ただ、微妙な内容で契約すると資産は増やせません。

実際のところ、以下のような状況に陥っていないでしょうか。

  • 「途中での停止や減額が可能」と紹介者から言われ、高い投資額を設定した
  • 紹介者と連絡を取れない
  • そもそも、いまの資産状況すら分からない

例えば、インベスターズトラストでのロイヤリティボーナスや元本確保は「最初に決めた金額について、満期を迎えるまで投資し続ける」からこと可能になります。これについて、以下のように公式サイトにも明記されています。

ただ悪徳業者だと、そうした重要ポイントを伝えず手数料目当てで高い掛金支払額の設定を推奨してきます。ただ、途中で停止や引き出しをするとほぼ確実に元本割れします。

また、紹介者と連絡を取れなかったり、いま資産運用でお金が増えているのかどうか現状把握が不明だったりします。オフショア投資自体は非常に優れた仕組みですが、紹介者が詐欺まがいの行為をすることがあるのは事実です。

最初の2年分については基本的にお金が戻らない

それでは、実際の解約手数料はどのようになっているのでしょうか。これについては、インベスターズトラストに限らず多くのオフショア金融機関で「初期口座」の概念があります。

ザックリいうと、最初の2年で積み立てをするお金は初期口座に入ります。初期口座のお金はロックされるようになり、引き出しなどはできません。

事実、インベスターズトラストではエボリューション(Evolution)などの投資商品へ加入し、2年以内に解約すると資産はまったく戻ってきません。解約返戻金はゼロになります。

ただ、それより後については自由に引き出しが可能になります。しかし、初期口座の分だけ損をするので「解約を選ぶとほぼ確実に元本割れする」と考えるようにしましょう。

インベスターズトラストの解約手数料はどれくらいか

またインベスターズトラスト(Investors Trust:ITA)を解約する場合、解約手数料がかかるようになります。このときの解約手数料については、「満期になるときまでの手数料の総合計」を支払うことになります。

例えばインベスターズトラストのエボリューション(Evolution)という商品では、以下のように手数料が決まっています。

  • 1~10年目:拠出金額の1.9%
  • 11年目以降:拠出金額の0.35%

例えば1年間で100万円を積み立てるプランにしている場合、以下のように手数料がかかります。

  • 1年目:100万円 × 1.9% = 1万9,000円
  • 2年目:200万円 × 1.9% = 3万8,000円
  • 3年目:300万円 × 1.9% = 5万7,000円

もし20年の積み立てで契約し、仮に3年目が終わった後ですぐ解約する場合、4~20年目の手数料をすべて合計した金額が差し引かれるようになります。それぞれの手数料については以下のようになります。

  • 4年目:400万円 × 1.9% = 7万6,000円
  • 5年目:500万円 × 1.9% = 9万5,000円
  • ……
  • 20年目:2,000万円 × 0.35% = 7万円

こうしたお金の合計が手数料のため、加入年数が短い場合だと、積立金額よりも解約手数料のほうが多くなります。その場合、解約しても解約返戻金としてお金はゼロ円またはほぼ戻ってこないと考えるようにしましょう。

ダメな紹介者経由でオフショア投資をすると後悔するのは、解約手数料がこのように非常に高額になるからなのです。

エボリューションやS&P500の解約方法

ただ、後悔ばかりしても仕方ありません。既に拠出してしまったお金については諦めるしかありませんが、いまの加入プランがダメな場合は傷口をより広げないため、できるだけ早めに解約する必要があります。

インベスターズトラストであれば、エボリューション(Evolution)またはS&P500・インデックスのどちらかに加入している人がほとんどです。ただ、同じインベスターズトラストなので解約方法はどちらも同じになります。

これについて、途中解約する場合はIFA(代理店)へ申し出るようにしましょう。オフショア投資では必ず香港などのIFA経由で申し込みをしなければいけません。そこで、契約するときと同じように途中解約についてもIFA経由になるのです。

以下のような書類を入手し、記載することになります。

解約申込書では一部解約やローン解約などを選択できます。ただ、このときは完全解約(Full Surrender)にチェックを入れるといいです。

日本の銀行口座を指定できる

なお、このときは日本の銀行に送金してもらうことになります。解約手数料を差し引いてもお金が残っていることは条件になりますが、インベスターズトラストからあなたの日本の銀行口座へ解約返戻金が支払われると考えるようにしましょう。

インベスターズトラストでは以下のように、解約申込書に銀行名を記載する欄があります。

ここには日本に口座がある、あなたの銀行名を記載するようにしましょう。当然、SWIFTコードなどを事前に調べておき、それらを記入していくことになります。日本国内での送金に比べて、記載項目はどうしても多くなります。

・米ドル口座でなくても問題ない

なお、このときは米ドルでの投資になるため「米ドル口座を持たなければいけないのでは」と考えてしまうことがあります。

これについては問題なく、日本の銀行口座へお金を戻すとき、そのときのレートに換算されて払い戻されるようになります。そのため、外貨建ての口座を事前に保有しておく必要はありません。

紹介者・IFAと連絡が付かないと難しい

ただ、こうした解約書類へ記入して日本の銀行口座へお金が振り込まれるのは、紹介者と連絡が付くときに有効です。

海外積立投資の場合、紹介者と連絡が付かないことがよくあります。また、「どのIFA(代理店)から申し込みをしたのか」ですら、不明なケースも多いです。そうしたとき、実際のところ解約をするのが非常に難しくなります。

そうしたときはオフショア投資の解約代行に頼るしかありませんが、当サイトでも解約代行を実施しています。IFA(代理店)などと連絡を取れなくても、資料さえあればいまのところ100%の確率で解約できています。

・オフショア投資だが日本語対応

なお、オフショア金融機関の中では非常に珍しく、インベスターズトラストは日本語に対応しています。実際、先ほど提示した書類についても基本は英語表記であるものの、隣に日本語が表記されています。

通常だと、海外積立投資では英語対応のみになります。そのため英語が分からない日本人にとってみると、解約はハードルが非常に高いです。ただインベスターズトラストの場合、解約申込書は日本語でも書かれているため、他のオフショア投資での解約に比べると圧倒的にやりやすいです。

ただそれでも「SWIFTコード」「IBANコード」「仲介銀行」など聞きなれない単語が解約申込書にいくつも出てきます。またIFA経由での解約になりますし、何を記載するべきか紹介者やIFA(代理店)と連絡が付かないと個人での解約は不可能に近いほど難しくなります。

海外積立投資の継続か解約かを考える

日本人にとって非常に人気の投資先がインベスターズトラストです。インベスターズトラスト(Investors Trust:ITA)を利用すれば年利10%以上を目指せたり、元本確保があったりするのは事実です。

ただ、中にはダメな紹介方法によって加入を促す詐欺まがいの人物がいるのも事実です。そうした紹介者からインベスターズトラストに加入すると、「無理な投資計画になっている」「連絡を取れない」などの状況に陥ってしまいます。

その場合、契約を継続してもいいですが微妙な場合は途中解約を視野に入れましょう。後悔しても仕方ないため、傷口がより大きくならないように対処するのです。

このときはIFA(代理店)へ連絡するようにしましょう。ただ、IFAの情報が分からない場合、現実的に個人での解約は難しいです。そうしたとき、解約代行サービスを利用することで早めに対策を講じるようにしましょう。

オフショア投資の解約代行・乗り換えサポート

24時間365日受付

解約・乗り換えの応募ページへ