一般人であってもヘッジファンドへ投資することができます。ただヘッジファンド投資は一般的な投資とは異なり、必ず長期投資になります。ヘッジファンドへ投資するとき、短期投資を考える人はいません。

この理由として、短期投資では高額な手数料を取られるからです。ヘッジファンドは短期で売買する投資家を嫌います。そのためヘッジファンドへの投資では、短期売買をするとむしろ損をします。ヘッジファンドを利用する場合、必ず長期投資を考えましょう。

一方で長期投資であれば、複利効果によって資産が増えていきます。ヘッジファンドは絶対収益型であり、不景気に関係なくあなたの資産が複利で増加するのです。

それでは、どのように考えてヘッジファンドへ長期投資すればいいのでしょうか。目安として、最低でも何年ほど投資するべきなのでしょうか。これらを解説していきます。

ヘッジファンド利用は長期投資が基本

一般的な投資法では、証券会社を利用して投資口座を開設します。その後、株や債券などへ投資します。投資するときは1万円など少額から可能であり、いつでも売買することができます。

株や債券、FX、コモディティではデイトレードをしている人がたくさんいます。また、投資後1年未満で売却するのは普通です。

一方でヘッジファンドへ投資する場合、長期投資が基本になります。つまり、短期投資をすることはありません。

超富裕層や機関投資家はヘッジファンドへ積極的に投資しています。また、彼らは利用しない余剰資金を使って長期投資をしています。個人投資家についても超富裕層と同じように、ヘッジファンド投資では長期投資をすることになると考えましょう。

手数料の問題により、短期投資による頻繁な売買はしない

それでは、なぜヘッジファンドへの投資では長期投資になるのでしょうか。この理由として、ヘッジファンドへ投資するときの手数料体系により、短期投資では損をする確率が高くなるからです。

ヘッジファンドへ投資するとき、以下のような手数料になっているケースがほとんどです。

  • 投資するとき、購入手数料5%を取られる
  • 購入手数料はないものの、早期解約で手数料5%を取られる

例えば以下のヘッジファンドでは解約手数料があります。

購入手数料はないものの、解約手数料は5%です。ただ1年経過ごとに解約手数料は1%ずつ減っていき、5年後には解約手数料がゼロになります。

ヘッジファンドを利用するとき短期投資ではなく、長期投資でなければいけないのは、こうした理由があります。短期投資では購入手数料や解約手数料が高く、損をする確率が高いです。

オフショア投資口座も長期保有が原則

なおヘッジファンドへ投資するとき、必要な手数料は購入手数料または解約手数料だけではありません。オフショア投資口座の解約手数料も考慮しなければいけません。

通常、個人投資家は証券口座を無料で保有できます。株や債券、投資信託(ETF)の売買では購入手数料を支払う必要があるものの、口座は無料で開設することができます。また、ほとんどのオンライン証券会社は口座維持手数料が無料です。

一方で優れたヘッジファンドへ投資する場合、税金がほとんどかからないタックスヘイブン(オフショア地域)で投資口座を開設することになります。日本の証券口座では、ヘッジファンドへ投資できません。優れたヘッジファンドへの投資では、必ずタックスヘイブンで口座開設しなければいけません。

オフショア投資口座のスペックは金融機関によって異なるものの、5年未満や10年未満の解約では高額な解約手数料を取られるケースが多いです。

つまり早期解約する場合、ヘッジファンドへの手数料に加えて、オフショア投資口座を提供しているタックスヘイブンの金融機関に対しても手数料支払いが必要になります。ヘッジファンドを利用するとき、短期投資をするべきでないのは、多くの手数料を課せられるからなのです。

なおオフショア投資口座についても、長期で投資する場合は解約手数料が年々減ります。そのため長期投資であれば、多くの利益を残すことができます。

5年や10年以上の投資を考えるべき

ここまでのことを理解すれば、なぜヘッジファンド投資で短期投資が向いていないのか理解できます。株や債券、投資信託への投資とは異なり、ヘッジファンドでは購入手数料や解約手数料があります。またオフショア投資口座についても、短期での解約によって高額な手数料がかかります。

そのためヘッジファンドへ投資するとき、どれだけ短かったとしても5年以上は投資しましょう。また一般的には10年以上の投資をします。

ヘッジファンドへの投資では、10年以上は使わない余剰資金を利用しなければいけません。この理由として、手数料体系が短期投資に向いていないからです。

・積立投資ではなく、一括投資のみ

なおヘッジファンドへの投資では、積立投資ではなく一括投資になります。オフショア投資口座の開設には30,000米ドル(約300万円)以上の一括投資が必要であり、高額なお金を投資することによって資産を増やします。

ドルコスト平均法による積立投資はできないものの、ヘッジファンドは絶対収益型であり、前述の通り不景気であっても資産が増えていきます。そのため高額なお金を一括投資したとしても問題ありません。

複利効果によって低リスクで資産を増やせる

長期投資にて、高額なお金を一括投資するのはヘッジファンドを利用するメリットでもあります。積立投資では少しずつ投資することになり、高額なお金を初期に投資しないため、機会損失が生まれます。一方でヘッジファンドでは、高額投資が可能なので効率的に資産運用できます。

また株や投資信託へ投資する場合、不景気で資産価値が半分以下に減るのは普通です。一方でヘッジファンドへ投資する場合、低リスクでの投資が可能です。例えば以下は、イギリスで不動産ローンを提供するヘッジファンドです。

株や債券へ投資しないためこのヘッジファンドは低リスクであり、過去にマイナスリターンの年はありません。また、平均年利は13.26%です。不景気に関係なく、この年利にてお金が増えていきます。

株式投資をするとき、年利10%で資産を増やせられない人は多いです。一方でヘッジファンドへの投資であれば、低リスクヘッジファンドであっても年利8~13%が可能です。

ヘッジファンド投資では最低でも30,000米ドル以上の一括投資が必要になり、長期投資しなければいけないというデメリットはあります。ただ長期投資によって複利でお金を増やしたい場合、低リスクで資産運用できるヘッジファンドは優れています。

長期投資によって得られる複利効果のシミュレーション

それでは、ヘッジファンドを利用して長期投資をする場合、複利によってお金はどれだけ増えるのでしょうか。実際にシミュレーションしてみましょう。

仮に30,000ドル(約300万円)を先ほどのヘッジファンドへ一括投資する場合、複利によって以下のようにお金が増えていきます。

経過年数資産額
10年104,204ドル(約1040万円)
20年361,953ドル(約3620万円)
30年1,257,239ドル(約1億2572円)
40年4,367,004ドル(約4億3670円)

一括投資をした後、複利効果によってお金が増えていくため、時間経過と共に資産額は大きくなります。年利は投資先によって異なるものの、複利を利用して計算すると、このような結果になります。

ヘッジファンドを利用すれば、1億円以上の資産を作るのは簡単です。お金を投資した後、長期間放置するだけです。長期投資をした後であれば、解約手数料なしに自由にお金を引き出すことができます。オフショア投資口座を利用することで、資産運用によってお金を増やしながら、お金の引き出しが可能になります。

ヘッジファンドを利用し、長期投資でお金を増やす

株や投資信託、債券へ投資する場合、短期投資が可能です。また証券口座の開設は無料であり、口座の維持手数料は不要なケースが多いです。

一方でヘッジファンドへ投資する場合、購入手数料または解約手数料があります。またオフショア投資口座を開設した後、短期解約する場合は解約手数料を取られます。そのためヘッジファンドで短期投資をすると確実に損をします。そこで、ヘッジファンド投資では必ず長期投資をしましょう。

ヘッジファンドへ投資するとき、少なくても5年以上は投資しましょう。また、オフショア投資口座を利用して10年以上はヘッジファンドへ投資することをおすすめします。これによって高額な解約手数料は発生しませんし、複利によって資産を大きく増やすことができます。

解約手数料があるため、ヘッジファンド投資では必ず長期投資をするようにしましょう。短期投資で稼ぐのは無理なので、ヘッジファンド利用では長期投資でなければいけません。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で2倍以上の元本確保投資」や「年利10%以上の投資」、「30年で資産が18倍以上に増えるヘッジファンド投資」などが可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければオフショア金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ紹介者・代理店によって投資成績が大きく異なります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示されたり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで、当サイトでは「オフショア投資の相談に乗り、最適な投資プラン」を提案します。年利10%以上での資産運用や元本確保での低リスク投資、オフショア生命保険を用いた確実な資産増、ヘッジファンド利用などさまざまな投資が可能です。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日、受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どの紹介者から加入するのか」であり、これによって年利はまったく異なります。そこで、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて、ヒアリング後にあなたにとって最も優れる投資法を紹介します。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

FRBパウエル議長は公式にハードランディング(大幅な景気後退)を容認している。そうしないとインフレを退治できないため。

そういうときに株価や仮想通貨の大幅上昇を期待して投資とか無理じゃないか。

戦う場所は重要で、私は地元岡山ではまったくモテなかった。私より公務員の方が人気という謎。起業家は怪しい人と思われる。

ただ東京に住んでからは急にモテるようになった。鋭い感度の人は女性であっても都市部に住む。場所って重要。

先ほど、「ほぼ確実に年利7%以上で増えるオフショア保険」を断られた。

ただ、その人は「100%の確率で損をする日本の貯蓄型医療保険」に加入している。

人間の行動って不思議🤔多くの人が資産運用で失敗するわけだ。

利下げのあとは必ず不況が来る。ITバブル崩壊やリーマンショック、コロナショックなど。

そのときは今よりも本格的な株価減だなぁ。

セントルイス連銀総裁、利上げ前倒しなら23年には利下げ可能にも https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-20/RC71UET0AFB401 via @business

Load More...