ヘッジファンドへの投資に興味をもっている人は多いです。ヘッジファンドへ投資をすればあなたの資産を大きく増やすことができます。

このとき注意しなければいけない点として、税金がほとんどかからないタックスヘイブン(オフショア地域)を利用しなければ、優れたヘッジファンドへ投資できない」という事実があります。例えば日本でヘッジファンドを探す場合、詐欺ファンドしかありません。

なぜタックスヘイブンを利用しなければいけないのでしょうか。そもそも、ヘッジファンドとはどういう投資先なのでしょうか。

タックスヘイブンで投資することをオフショア投資といいます。オフショア投資の一つの方法として、ヘッジファンドへの投資があります。ヘッジファンドへの投資で資産を増やすには、これらの特徴や性質を理解しなければいけません。そこで、ヘッジファンドやタックスヘイブンの基本について分かりやすく解説していきます。

ロングだけでなく、ショートもするヘッジファンドとは

一般的な資産運用とヘッジファンドへの投資はまったく稼ぎ方が異なります。通常、資産運用では株式投資をすることになります。インデックスファンド(投資信託)や個別株に投資をすることによって、あなたのお金を増やすのです。

株へ投資する場合、ロングポジション(買い)をすることになります。つまり、株価の値上がり益を狙います。例えば以下はS&P500のインデックスであり、長期的に株価は上がり続けています。

一方で数年に一度は必ず大不況が訪れます。不況のときは株価が半分以下になるのは普通であり、資産価値は大幅に減少します。一般的な投資方法の場合、株価下落のリスクがあります。

一方でヘッジファンドの場合、こうした不況リスクがありません。ヘッジファンドの場合、ロングポジション(買い)だけでなく、ショートポジション(売り)も取るからです。

つまり好景気のときはロングポジションを多くする一方、不景気のときはショートポジションを取ります。その結果、不景気のときでも資産を増やすことができます。ヘッジファンドが絶対収益型と呼ばれるのはこうした理由があります。

ヘッジファンドとは、不景気に関係なく顧客の資産を増やす投資先と考えましょう。

低リスクのヘッジファンドも存在する

一方で低リスクのヘッジファンドもあります。株や債券を売り買いするヘッジファンドは一般的にハイリスク・ハイリターンです。平均年利20~30%を目指すことは可能であるものの、年によっては-20%のマイナスリターンになることもあります。

こうしたハイリスク・ハイリターンのヘッジファンドに対して、低リスクのヘッジファンドは株や債券に投資しません。その代わり、不動産やつなぎ融資、農業ローンなどを取り扱います。

こうした低リスクのヘッジファンドの場合、平均年利20~30%は不可能です。ただ年利10~13%ほどにて、低リスクで資産を増やすことが可能です。

例えば以下は、オーストラリアの不動産に投資したい外国人にお金を貸すローンファンドです。

金利収入を得るファンドであるため、株のような値上がり益を得られないものの、損をする可能性は非常に低いです。事実、過去にマイナスリターンの年はありません。また、平均年利は9.27%です。このような低リスクのヘッジファンドに投資することも可能です。

ヘッジファンドへの投資でタックスヘイブンを利用する

それでは、どのようにすればヘッジファンドへ投資することができるのでしょうか。個人投資家がヘッジファンドへ投資するためには、必ずタックスヘイブンを利用しなければいけません。

世界には低税率の国がたくさんあります。以下のような国がタックスヘイブンとして知られています。

タックスヘイブンは小国が多く、土地が非常に狭いです。それにも関わらず、タックスヘイブンの国は先進国であることが多いです。例えばケイマン諸島やシンガポール、香港などがこれらの国として当てはまり、物価も高いことで知られています。

なぜ人口が少なく、土地が狭く、観光する場所がほとんどなく、天然資源がないにも関わらず、これらの国は先進国なのでしょうか。その理由はタックスヘイブンだからです。税金がほぼ存在しないため、多くのお金を引き付けているのです。

またタックスヘイブンの国は例外なくメイン産業が金融です。つまり、海外から多くの投資マネーが集まってきます。こうしたタックスヘイブンには投資会社がたくさんあり、投資会社を通してオフショア投資口座を開設するのです。その後、オフショア投資口座を経由してヘッジファンドへ投資します。

オフショア投資口座は30,000米ドル(約300万円)があれば開設できます。そのため、一般人であってもヘッジファンドへ投資できます。

日本の証券会社からヘッジファンド投資は不可能

注意点として、日本の証券会社に口座開設してもヘッジファンドへ投資することはできません。

投資する場合、一般的には証券会社で投資口座を開設します。日本の証券会社で口座開設した後、インデックスファンドや個別株に投資をするのです。しかし、どれだけ探したとしても優れたヘッジファンドへ投資することはできません。

上場されているアクティブファンドは存在するものの、アクティブファンドはヘッジファンドではありません。景気が悪くなれば、アクティブファンドでは100%の確率で資産が大きく減ります。タックスヘイブンを利用しなければ、ヘッジファンドへ投資できないのです。

タックスヘイブンを除き、すべての国で金融規制があります。金融庁で許可された投資商品のみ投資できるようになっているのです。当然、あらゆる国でヘッジファンドへの投資規制を設けています。金融規制があるため、日本でヘッジファンドへの投資はできません。

なぜタックスヘイブンでヘッジファンドへ投資できるのか

一方でタックスヘイブンの場合、前述の通り金融がメイン産業です。そのため投資先に制限はなく、世界中の投資商品を購入できます。株や債券、先物、仮想通貨だけでなく、個人投資家はヘッジファンドも投資できるのです。

もちろん、タックスヘイブンによって利用できる投資商品は異なります。

例えばシンガポールの場合、タックスヘイブンの中では金融規制が厳しいことで知られています。事実、シンガポール居住者のみシンガポール国内の金融商品を購入できます。非居住者の外国人はシンガポールの金融商品を購入できません。

こうした規制のため、生命保険以外はシンガポールに優れた金融商品はありません。タックスヘイブンで投資口座を開設すればいいのではありません。金融規制が厳しくなく、全世界の金融商品に投資でき、さらにはヘッジファンドへ投資可能な投資口座を開設できる投資会社を利用する必要があります。

ヘッジファンドが投資で得た利益は無税になる

なお、なぜヘッジファンドが高利回りを生み出せるかというと、金融規制なしに活動できるからです。ヘッジファンドは100%の確率でタックスヘイブンに登記されています。オフショア地域であればあらゆる投資法が可能であり、金融規制のある国よりも利益を作りやすいからです。

しかもタックスヘイブンで会社を作れば法人税はゼロ(または非常に低い)です。法人税ゼロのタックスヘイブンはたくさん存在し、例えばケイマン諸島やイギリス領ヴァージン諸島(BVI)、バミューダなどは有名です。

こうしたタックスヘイブンに登録して会社を運営すれば、ヘッジファンドが稼いだお金に対して税金を課せられることがありません。無駄な税金がないため、ヘッジファンドは投資家(あなた)の資産を増やしやすくなります。

これが、低税率の国で金融が発展している理由です。あらゆる投資法が可能であり、税金が少ないため、結果として多くの投資会社がタックスヘイブンで登記しています。また世界中の外国人がタックスヘイブンを利用してお金を増やそうとするため、オフショア地域に大量の投資マネーが入ってくるのです。

・日本のヘッジファンドはすべて詐欺

この事実を理解すれば、日本にあるヘッジファンドがすべて詐欺である理由が分かります。優れたヘッジファンドであれば、強力な金融規制のある日本で登録して投資したいとは考えません。また、高税率の国に登記するヘッジファンドはありません。

またヘッジファンドは世界中の顧客を相手にしています。日本に住んでいる人だけをターゲットにしているのは詐欺ヘッジファンドだからです。日本にヘッジファンドが存在しないのは、「ヘッジファンドとは何か」「タックスヘイブンの仕組みはどうなっているのか」を理解すれば分かります。

オフショア投資の一つがヘッジファンドへの一括投資

なおオフショア投資をするとき、さまざまな投資方法があります。オフショア投資の一つの方法がヘッジファンドの利用と理解しましょう。

オフショア投資としては、例えば以下の方法があります。

  • オフショア投資信託(海外積立投資)
  • オフショア生命保険
  • ヘッジファンドへの投資

誰でもオフショア投資を開始することができ、月1~2万円の投資で海外積立投資やオフショア生命保険を開始できます。

オフショア投資信託についても、ヘッジファンドへの投資と同じように年利10%以上が可能です。一方でオフショア生命保険の場合、年利は4%ほどですが、最もリスクが低く確実にお金が増えると約束されている投資商品になります。

一方でヘッジファンドへ一括投資する場合、オフショア投資口座の開設に最低30,000ドル(約300万円)が必要です。そのため貧乏人は投資できませんが、30,000米ドル以上の余裕資金がある場合、ヘッジファンドへ投資することができます。

タックスヘイブンを利用し、ヘッジファンドへ投資する

ヘッジファンドとは何かについて、分かりやすく解説してきました。タックスヘイブンを利用することで投資できるのがヘッジファンドです。日本に優れたヘッジファンドはなく、探しても詐欺ファンドしかありません。

金融規制や税金などの理由によって、ヘッジファンドは必ずタックスヘイブンで活動しています。また、金融規制のないタックスヘイブンを利用することで個人投資家はヘッジファンドへ投資できます。

ヘッジファンドは富裕層でなくても投資できます。低い金額ではないものの、30,000ドル(約300万円)であれば一般人であっても用意できます。一括投資によってヘッジファンドへ投資することで、あなたの資産を増やすことができます。

オフショア投資を利用するヘッジファンド投資はこうした特徴があります。これらの性質を理解して、ヘッジファンドへ投資するようにしましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で160%以上の元本確保」や「年利10%以上の投資」が可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければ金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ代理店によって投資成績が大きく異なるようになります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示したり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで当サイトでは、「オフショア専門の有能なIFA(代理店)」を無料で紹介します。私(当サイトの管理者)もその会社から加入しており、年利10%以上での資産運用を実現しています。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日にて受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どのIFA(代理店)から加入するのか」であるため、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて優れた代理店から加入するようにしましょう。

オフショア投資の応募ページへ

Twitterでビジネス情報を確認