ヘッジファンドへ投資することによって優れた利回りを得ることができます。富裕層でなくても、30,000米ドル(約300万円)を一括投資できる場合、税金がほとんどかからないタックスヘイブンを利用することでヘッジファンド投資が可能なのです。

こうしたヘッジファンドについて、投資戦略は非常に多いです。その一つがマルチストラテジー戦略です。複数の戦略を組み合わせることによって、投資家の資産を増やすことを目指すヘッジファンドです。

株や債券、コモディティ(商品先物)などへ投資するため、ハイリスク・ハイリターンのヘッジファンドになります。またマルチストラテジー戦略の性質上、規模の大きいヘッジファンドを利用することになります。

それでは、マルチストラテジー戦略を採用しているヘッジファンドにはどのような特徴があるのでしょうか。実際にマルチストラテジー戦略で資産運用しているファンド例を確認しつつ、その戦略の内容をみていきましょう。

複数戦略によって資産運用を行うヘッジファンド

通常、一つのヘッジファンドは一つの戦略を採用します。例えば、以下のような戦略になります。

  • ロング・ショート戦略:株に対して買いと売りの両方をする
  • マネージド・フューチャーズ戦略:AIによる自動売買によって先物取引を行う
  • グローバル・マクロ戦略:株や債券、FX、商品先物と経済の不均衡を探して投資する

他にも投資戦略はあり、どの戦略についても景気に関係なくリターンを狙うのは同じです。すべての戦略についてロング(買い)だけでなく、ショート(空売り)もするからです。ただ、いずれにしてもこのように複数の戦略が存在するということです。

そこでマルチストラテジー戦略では、これら複数の戦略を一つのファンドで行います。そのため複数のヘッジファンドを利用しなくても、一つのヘッジファンドを利用することによって分散投資できるようになります。

もちろん複数の戦略に分散投資できるから優れているわけではなく、投資成績はヘッジファンドによってバラバラです。そのため過去の投資成績の確認は必要であるものの、分散投資できるのがマルチストラテジー戦略です。

規模の大きいヘッジファンドでマルチストラテジー戦略が可能

なお複数戦略を組み合わせるため、規模の大きいヘッジファンドのみマルチストラテジー戦略を採用することができます。

一つの投資会社について、「ロング・ショート戦略のファンド」「マネージド・フューチャーズ戦略のファンド」を募集していることがあります。同じ会社ではあるものの、別の部署・組織でそれぞれ異なる戦略を採用しているということです。

そうした規模の大きいヘッジファンドであれば、多くのファンドマネージャーが異なる戦略によって資産運用しているため、マルチストラテジー戦略のファンドを作れるというわけです。

そのためマルチストラテジー戦略のファンドは少ないものの、規模の大きいヘッジファンドによってはマルチストラテジー戦略を採用しているファンドを利用することができます。

マルチストラテジー戦略のヘッジファンド事例

それでは、マルチストラテジー戦略のファンドとしては具体的にどのようなヘッジファンドがあるのでしょうか。ヘッジファンドによって運用成績は異なるものの、優れたヘッジファンドの実際の運用成績を確認していきます。

以下はマルチストラテジー戦略のヘッジファンドであり、過去の運用成績になります。

このヘッジファンドの場合、平均年利は約29.20%です。年間のボラティリティ(リスク)は37.44%であり、マイナスリターンになる確率もあります。ただ長期投資をする場合、大きく資産を増やせるというわけです。

資産残高は1000億円を超えている規模の大きいヘッジファンドになります。多くの機関投資家の資産を預かっており、会計監査会社はBaker Tilly(世界トップ10に入る国際的な監査会社)です。つまり過去成績を含めて情報はすべて公開されていて、ファクトシートにある情報にウソはありません。

いずれにしても、優れたヘッジファンドを選べばこのように資産が増えていきます。参考までに過去15年での実際の成績だと、このヘッジファンドへ投資すると15年の累積で資産は30倍超になります。

ハイリスク・ハイリターンにて利益を得るファンド

なお株や債券、先物へ投資をするすべてのヘッジファンドに共通しますが、必ずハイリスク・ハイリターンの投資になります。高い平均年利というのは、当然ながらリスクも大きいのです。

先ほどのヘッジファンドについても、マイナス20%ほどの年が連続して2年間続いたことがあります。ただ15年の合計では、あなたの資産額が30倍超になるというわけです。

そのため1〜2年ほどの短期投資を考えている場合、ハイリスク・ハイリターンの投資は向いていません。少なくとも、10年以上はお金を利用せずに置いておくことを考えないと、ハイリスク・ハイリターンのヘッジファンドへ投資してお金を増やすのは難しいです。

短期では大きな損失となるリスクもあるため、先ほどのような優れたヘッジファンドへ投資する場合であっても、お金を増やすには長期投資を考えなければいけません。

投資戦略の中身を確認する

それでは、実際のマルチストラテジー戦略の中身はどのようになっているのでしょうか。先ほどのヘッジファンドを例にして、投資の内容を確認していきましょう。

以下が実際の投資方法になります。

非常に多くの戦略が採用されており、それぞれ以下のようになっています。

  • Dynamic S&P 500 Trading:自動売買により、高頻度でS&P500の売買を行う
  • Global Macro:社会や政治など、マクロ市場の動向より投資先を決定
  • Long/Short Equity:上場株式に対して、ロング(買い)とショート(空売り)をする
  • Multi special strategy:債券と通貨(FX取引)について、グローバル・マクロ戦略の観点で投資
  • Special Bonds:世界で売買されている債券へ投資
  • Multi market neutral:買いと売りのポジションを同じにしたり、保険契約を利用したりする
  • Stocks Long (focus)/Short:上場株式の買いと売りをする
  • Stocks Smallcaps focus:時価総額の小さい上場企業への投資
  • Systematic L/S Volatility:VIX先物に対して恒久的に空売り
  • Managed Futures Long Term:先物など、デリバティブ取引のみ行う
  • Managed Future Short Term:先物取引を数日以内の短期間で行う
  • Discretionaries & Others & Cash:トルコリラや金鉱株、イーサリアム(仮想通貨)など、その他の投資

このように、非常に多くの投資手法を組み合わせることによってリターンを得るヘッジファンドです。Dynamic S&P 500 Tradingの割合が25%で最も多く、その他の投資戦略をいくつも採用することによって、ハイリスク・ハイリターンにて利益を得るというわけです。

このファンドでは、AIによるシステムトレードをすることがあれば、ファンドマネージャーが投資先を決定することもあります。こうした方法によって高い利回りを目指すのがマルチストラテジー戦略のヘッジファンドです。

複数戦略を採用しているファンドへ投資する

株や債券、商品先物(コモディティ)へ投資をするヘッジファンドはいくつも存在します。ヘッジファンドによって投資戦略は異なり、ハイリスク・ハイリターンの投資になります。

このとき規模の大きいヘッジファンドであれば、マルチストラテジー戦略のファンドへ投資できるケースがあります。複数戦略を採用しているため、一つのファンドを利用することによってリスク分散が可能です。

ただ、当然ながらヘッジファンドによって成績は異なります。そのためファクトシートを確認し、優れたヘッジファンドかどうかをチェックしましょう。過去実績の悪いファンドではなく、優れた成績を残しているファンドに投資をしないとお金は増えません。

一つの投資によって、複数戦略に分散投資できるのがマルチストラテジー戦略です。規模の大きいヘッジファンドを利用することによって、ハイリスク・ハイリターンで資産を増やすようにしましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で2倍以上の元本確保投資」や「年利10%以上の投資」、「30年で資産が18倍以上に増えるヘッジファンド投資」などが可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければオフショア金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ紹介者・代理店によって投資成績が大きく異なります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示されたり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで、当サイトでは「オフショア投資の相談に乗り、最適な投資プラン」を提案します。年利10%以上での資産運用や元本確保での低リスク投資、オフショア生命保険を用いた確実な資産増、ヘッジファンド利用などさまざまな投資が可能です。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日、受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どの紹介者から加入するのか」であり、これによって年利はまったく異なります。そこで、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて、ヒアリング後にあなたにとって最も優れる投資法を紹介します。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

FRBパウエル議長は公式にハードランディング(大幅な景気後退)を容認している。そうしないとインフレを退治できないため。

そういうときに株価や仮想通貨の大幅上昇を期待して投資とか無理じゃないか。

戦う場所は重要で、私は地元岡山ではまったくモテなかった。私より公務員の方が人気という謎。起業家は怪しい人と思われる。

ただ東京に住んでからは急にモテるようになった。鋭い感度の人は女性であっても都市部に住む。場所って重要。

先ほど、「ほぼ確実に年利7%以上で増えるオフショア保険」を断られた。

ただ、その人は「100%の確率で損をする日本の貯蓄型医療保険」に加入している。

人間の行動って不思議🤔多くの人が資産運用で失敗するわけだ。

利下げのあとは必ず不況が来る。ITバブル崩壊やリーマンショック、コロナショックなど。

そのときは今よりも本格的な株価減だなぁ。

セントルイス連銀総裁、利上げ前倒しなら23年には利下げ可能にも https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-20/RC71UET0AFB401 via @business

Load More...