効率的に資産を増やせる方法としてオフショア投資があります。オフショア投資の中でも一般的に行われている方法として、海外積立投資があります。毎月、一定額を積立投資することによってお金を増やすのです。

オフショア投資で行われる海外積立投資というのは、要は投資信託になります。投資信託として海外投資することによって、年利10%以上であなたの資産を増やすことができます。

ただ、証券会社を利用した投資信託への海外投資とは方法が異なります。オフショア投資の場合、保険商品を購入することによって、投資信託を始めることになります。そのため、一般的な海外投資に比べて注意点が多いです。

それでは、どのように考えてオフショア投資をすればいいのでしょうか。ここでは、タックスヘイブンで海外積立投資を開始するときの正しい方法を解説していきます。

投資信託への投資は資産運用の王道

税金がほとんどかからない地域をタックスヘイブンといいます。タックスヘイブンでは世界中の投資商品を購入できるため、効率的に資産が増えていきます。

こうした投資で王道の手法が株式投資です。資産運用によってお金を増やすとき、証券会社を利用する方法でも、オフショア投資でも、株式投資がメインになるのは共通です。

なお投資対象としては、オフショア投資で個別株へ投資することは確実にありません。特定の企業の株式を購入したいのであれば、証券会社で口座開設をして投資すればいいです。ネット証券を利用すれば、安い手数料で個別株に投資できます。

タックスヘイブンでオフショア投資を開始する場合、ネット証券を利用して投資するときに比べて、圧倒的に手数料が高いです。そのため個別株ではなく、海外積立投資としてタックスヘイブンを利用する場合、必ず投資信託の利用になります。

世界中の優れた投資信託へ投資できる

ただ投資信託を利用するとはいっても、広く販売されている投資信託(ETF)へ投資するわけではありません。タックスヘイブンでは投資に対する規制がなく、世界中のファンドへ投資できるようになっています。要は、証券会社で販売されていないファンドへ投資できるようになっています。

世界には多くのファンドがあります。ファンドごとに投資先が異なり、例えば以下のような種類があります。

  • アメリカの小型成長株
  • エネルギー関連銘柄
  • ロボット関連銘柄
  • 世界のテクノロジー株
  • 中国株式
  • 不動産(REIT)

もちろん、他にも多くの種類のファンドがあります。こうしたファンドへ投資することになりますが、証券会社に登録されていない優れたファンドへ投資できるのがオフショア投資です。より具体的にいうと、ヘッジファンドへ投資するのがオフショア投資です。

証券会社経由では、ヘッジファンドへ投資することはできません。一方、オフショア投資であれば可能です。ヘッジファンドのファンドマネージャーが投資先の株式を選び、あなたの代わりに投資をしてくれます。あなたはオフショア投資によってファンドへお金を預け、資産運用してもらうのです。

例えば以下は、オフショア投資で購入できるファンドの例です。

アメリカの小型株式へ投資するファンドのファクトシートの一部です。ファクトシートにある通り、過去5年間の平均利回りは年31.65%です。私はオフショア投資によってこのファンドへ投資しており、優れた利回りで私の資産は増えています。

参考までに、アメリカの小型株へ投資できる有名なETF(上場投資信託)としてRussell 2000 Index(ラッセル2000指数)が知られています。同じ時期で比較すると、ラッセル2000の過去5年の平均利回りは年17.17%です。そのため、ETFではなくヘッジファンドへ投資したほうが優れた利回りとなります。

※ETFは証券会社で購入できる投資信託を指します。

証券会社で口座開設すれば、ラッセル2000へ投資することができます。しかし、先ほど記したヘッジファンドへ投資することはできません。

なぜオフショア投資をする人が多いのかというと、証券会社で口座開設をして投資信託を購入するよりも、タックスヘイブンで購入できる投資信託へ投資したほうが効率的に資産を増やせるからです。

申し込むIFAによって投資成績が異なる

なお海外積立投資を開始するとき、最も重要なのが「どのIFA(代理店)から申し込みをするのか」になります。

タックスヘイブンにある金融機関は投資家へ直接、投資商品を販売することはありません。必ず代理店を通してオフショア投資に申し込む必要があります。このとき重要なのは、どのファンドを購入するのか指示をするのがIFAであることです。

海外の保険会社(金融機関)は多くのファンドを保有しているだけです。これらのヘッジファンドのうち、どのファンドへ投資するのか実際に指示をするのはIFAです。

これが、オフショア投資で申し込むIFAが最も重要になる理由です。

私の場合、優れたIFAから申し込みをしているため、投資成績は良好です。一方でダメなIFAから申し込みをすると、マイナス運用になることを理解しましょう。

私のオフショア投資での株式投資リターン

参考までに、私はタックスヘイブンの保険会社を利用してオフショア投資信託をしています。オフショア投資会社には200以上のファンドが登録されており、このうち最大10のファンドを選んで投資できます。

私についてもIFA経由で10のファンドへ分散投資しています。投資先ファンドの一つが先ほど紹介したアメリカ小型成長株ファンドです。私の投資成績は以下のようになっています。

過去5年のファンドの投資成績を確認すると、平均年利24.1%です。そのため、優れた投資成績になっていることが分かります。

ただオフショア投資信託を始めるにしても、私と同じ運用成績にならないことは理解しましょう。もちろん私と同じIFAから申し込みをすれば同じ投資成績になります。しかしそうでない場合、投資成績は申し込みをするIFA次第です。

オフショア投資は保険商品としての投資信託になる

株式へ海外投資するとき、オフショア投資では他に注意点があります。それは、投資先が保険商品になることです。例えば、私が利用しているオフショア投資会社は保険会社です。

保険会社とはいっても、生命保険を購入するわけではありません。投資信託として、世界中に存在するヘッジファンドへ投資することになります。そのため金融商品の中身は投資信託であるものの、契約は保険契約になります。

証券会社で口座開設する場合、ETF(上場投資信託)へ投資した後、いつ口座解約してもいいです。解約時に手数料を取られることはなく、株式を売ったときの時価にて銀行口座にお金が振り込まれます。

一方でオフショア投資の場合、保険商品を購入することになります。すべての保険商品に共通しますが、早期解約すると解約手数料が異常に高くなります。そのため投資成績が良かったとしても確実に元本割れます。

これはオフショア投資でも同様であり、満期が来るまで投資を継続しなければ解約手数料が高く、元本割れリスクが高いです。

オフショア投資では、優れたファンドへ投資することによって高利回りが可能というメリットがあります。一方で「途中解約をせず、満期まで投資し続けなければいけない」という条件があることを理解しましょう。

死亡保険金は期待できない

なおオフショア投資では保険会社へ投資し、保険商品を購入することになりますが、前述の通り投資する商品は生命保険ではありません。保険契約ではありますが、投資信託としてファンドへ投資することになります。

生命保険ではないため、タックスヘイブンにある保険会社を利用して海外積立投資をしたとしても高額な死亡保険金は下りません。例えば私がオフショア投資で利用しているオフショア投資会社では、死亡保険金はアカウント評価額の101%になると以下のように述べられています。

このように、保険商品ではあるものの高額な死亡保険金は期待できないことを理解しましょう。

保険会社を利用して保険商品を購入するのが海外積立投資です。このとき保険商品の中身は投資信託であり、ファンドへ投資することになります。そのためタックスヘイブンでのオフショア投資信託で死亡保障を得られることはありません。

証券会社を利用した海外投資・ETF投資とは異なる

これらの違いを理解すると、証券会社を利用して海外投資するのとは内容が大きく異なると理解できます。証券会社で投資信託へ投資する場合とオフショア投資では、まとめると以下のような違いがあります。

オフショア投資証券会社
投資先ヘッジファンドETF
手数料高い安い
早期解約元本割れ特に問題ない
利回り投資先によって異なる

どの投資信託を購入するのかによって利回りは異なります。優れたIFAを見つけ、正しくオフショア投資をすれば、証券会社で口座開設をして投資するよりも優れた運用成績になります。オフショア投資のほうが手数料は高いものの、効率的な資産運用ができるため、お金が増えるスピードは速いです。

一方で購入するのは保険商品なので、早期解約によって元本割れするデメリットがあります。海外投資をするにしても、オフショア投資と証券会社を利用した投資信託購入では、こうした違いがあることを理解しましょう。

投資信託へ海外投資し、資産運用を開始する

資産運用では株式投資が最も一般的な方法です。また株式投資をするとき、個別株ではなく投資信託へ投資する人は多いです。

投資信託へ投資するとき、普通は証券会社で口座開設をした後に投資を開始します。これによって日本の投資信託だけでなく、海外の投資信託を購入することもできます。

一方でオフショア投資によって投資信託を購入する方法もあります。この方法であれば、証券会社で購入できないファンドへ投資できます。つまりヘッジファンドへ投資することによって、より効率的に資産を増やすことができるのです。

オフショア投資では海外積立投資をするのが一般的な投資方法になります。このときの投資先はファンドであり、投資信託による投資になります。証券会社を利用するのと何が違うのかを理解してオフショア投資を開始するようにしましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で2倍以上の元本確保投資」や「年利10%以上の投資」、「30年で資産が18倍以上に増えるヘッジファンド投資」などが可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければオフショア金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ紹介者・代理店によって投資成績が大きく異なります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示されたり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで、当サイトでは「オフショア投資の相談に乗り、最適な投資プラン」を提案します。年利10%以上での資産運用や元本確保での低リスク投資、オフショア生命保険を用いた確実な資産増、ヘッジファンド利用などさまざまな投資が可能です。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日、受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どの紹介者から加入するのか」であり、これによって年利はまったく異なります。そこで、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて、ヒアリング後にあなたにとって最も優れる投資法を紹介します。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

起業家であっても、ほとんどの人の話が面白くないのは日本国内だけに目を向けているから。高齢者産業だけが成長する人口減の国で戦っても未来はない。一方、世界は人口増。もっと外を見ないとね。

ここだけの話、夜の下半身の勢い低下を感じていて「30代なのに落ち具合がやばい」と思っていたが、筋トレを開始して劇的に改善した。若さ維持に筋トレの効果はすごい。確かに足を痛めて20年以上続けたバドミントンができなくなったときから衰えだしたので、代わりに筋トレ頑張る。

岸田は育休中などを「やることがない暇な夏休み」と考えているらしい。自分に経験がなくても、周囲にヒアリングすればズレがわかるのにね。こういうの見ると、国のトップは元経営者に限定すべきと思う。

賃金上昇に向け 産休・育休中の“学び直し”を「後押し」岸田総理 https://news.yahoo.co.jp/articles/6a8002cf6e47f2a86464bf9c074221be94d3c9d9

海外移住だとタイ・バンコクに住む日本人は圧倒的に多いが、やはり居住費と子供の学校代がどうしても高く思えてしまう。バンコクなら、郊外のコンドミニアムで安くても月15万円、子供の学校代は安くて年100万円。一方、私はセブで広めの一軒家が月6万円、学校代は年20万円。安いぜ。

Load More