富裕層がハイステータスのクレジットカードを持とうと考えるのは普通です。そうしたハイステータスカードの中でも、一部の限られた超富裕層のみ持っているのがアメックスのブラックカードです。センチュリオンカードとも呼ばれています。

一般的なブラックカードであれば、年会費を支払えば誰でも保有できます。一方でセンチュリオンカードの場合、超富裕層であったとしてもインビテーション(招待)がなければ保有することができません。また基準が高く、センチュリオンカードを持つのは難しいです。

ただ方法によっては、最短でセンチュリオンカードを作る方法があります。最低でも500,000米ドル(約5,000万円)の余裕資金は必要であるものの、オフショア投資口座を開設することによって金融機関経由でセンチュリオンカードの審査を依頼することができます。

具体的にどのような方法によってアメックスのブラックカードを保有できるようになるのでしょうか。また、注意点は何があるのでしょうか。最短でアメックスのブラックカードを保有する方法の中でも、最も確実性の高い「オフショア投資口座の開設」について説明していきます。

一般的な方法はプラチナカードで使いまくる

年会費が高く、ハイステータスのクレジットカードとしてアメックスが知られています。海外でクレジットカード決済をするとき、VISAやMasterCardに比べて、アメックスは利用できない店が多いため使い勝手が悪いです。ただステータスの高いカードとして、富裕層にアメックスのカードは好まれています。

アメックスの中でも、最も入会金や年会費の高いクレジットカードがセンチュリオンカードです。

アメックスのブラックカードを保有する方法としては、プラチナカードをできるだけたくさん利用する方法が一般的です。その後、アメックスからブラックカードのインビテーションが届けば、センチュリオンカードをもてるようになります。

センチュリオンカードのインビテーションが来る可能性は低い

ただ実際のところ、インビテーションが来るのを待つ方法ではブラックカードを持てる可能性は低いです。高確率でインビテーションが来ないからです。また何年もアメックスのプラチナカードを保有し、毎月高額なカード支払いをしなければいけません。

ブラックカードの審査基準は不明です。また、いくらカード利用すればインビテーションが来るのか分かりません。そのため、正規の方法だとセンチュリオンカードを保有できる可能性は低いです。

また多くの場合、アメックスのブラックカードを保有している人は正攻法ではなく、裏ルートによって審査の申し込みをしています。コネクションを利用することによって、センチュリオンカードの審査をしてもらっているのです。

アメックスのブラックカードを持ちたい場合、正規の方法ではなく、どのようにコネクションを持てばいいのか学ばなければいけません。

アメックスとコネクションをもつ金融機関を利用するべき

最短でセンチュリオンカードを保有したい場合、アメックスとコネクションをもつ金融機関を利用しましょう。金融機関としては、例えば以下が知られています。

  • 銀行
  • 投資会社
  • 生命保険会社

クレジットカードは金融産業の一つです。また、クレジットカード会社は利用者のお金の支払い能力を重視します。そのため、金融機関はアメックスとコネクションをもつことがあるのです。

金融機関を利用して高額なお金を預ければ、アメックスはあなたが多くの資産を保有していると分かります。そのためアメックスとコネクションをもつ金融機関を利用すれば、金融機関からの紹介によってセンチュリオンカードの審査を依頼することができるのです。

プライベートバンクはインビテーションがない

ただ注意点として、日本にある巨大銀行を利用したとしてもアメックスとのコネクションはありません。HSBC銀行などの世界的に巨大な銀行も同様であり、アメックスに対しての紹介サービスはありません。

同じことはプライベートバンクにもいえます。スイスは税金がほとんどないタックスヘイブン(オフショア地域)として知られており、プライベートバンキングサービスを提供する銀行がたくさんあります。富裕層がプライベートバンクを利用して資産運用しているのです。

ただスイスのプライベートバンクであったとしても、アメックスへの紹介サービスはありません。つまりプライベートバンクに何千億円を預けている超富裕層であっても、銀行経由でセンチュリオンカードをもつことはできないのです。

金融機関を利用することでブラックカードの審査を依頼することができます。ただ、アメックスとコネクションをもつ金融機関を利用しなければいけません。

オフショア投資でインビテーションが可能

それでは、具体的にどの金融機関を利用すればいいのでしょうか。これについては、オフショア投資を利用しましょう。オフショア投資を行い、タックスヘイブンにある金融機関で投資口座を保有すれば、アメックスへのインビテーションが可能です。

オフショア投資会社の多くは保険会社ではあるものの、高額な死亡保障のある生命保険は提供していません。投資商品を提供しており、私たちは資産運用によってお金を増やすことができます。

これらタックスヘイブンにあるオフショア投資会社の中には、アメックスとコネクションをもつ金融機関があります。すべてのオフショア保険会社でアメックスへのインビテーションが可能なわけではないものの、一部の投資会社で可能になっています。

事実、オフショア保険によっては、会員サイトにアメックスへの申し込み画面があります。以下は私のオフショア投資の管理画面です。

より具体的にいうと、このオフショア投資会社はイギリスにあるAmerican Express Services Europe Limitedとコネクションがあります。アメックスはアメリカの会社であるものの、オフショア投資会社とコネクションがあるのはイギリスのアメックスです。

タックスヘイブンの多くはイギリスの海上領土です。そのためイギリスのアメックスとコネクションがあるのです。またこのオフショア投資会社経由でアメックスに申し込む場合、イギリスのセンチュリオンカードをもつことになります。

審査には最低でも資産額500,000米ドル以上が必要

なおオフショア投資会社経由でアメックスのブラックカードに申し込めるのは本当であるものの、会員サイトからセンチュリオンカードに直接申し込むことはできません。必ずIFA(代理店)へ連絡して審査を依頼するようにしましょう。

またセンチュリオンカードの審査をしてもらうためには、この投資会社で最低でも500,000米ドル(約5,000万円)以上の投資をしなければいけません。

このオフショア投資会社が提供している投資商品は複数あります。どの金融商品を利用してもいいので、500,000米ドル以上の資産を投資会社へ預けるようにしましょう。

ただ「500,000米ドル以上の資産があれば審査に通過する」という意味ではありません。あくまでも、アメックスに対して審査の依頼が可能な最低ラインが500,000米ドルです。アメックスの審査によっては、審査落ちになることがあります。

参考までに私のクライアントの事例では、このオフショア投資会社に600,000米ドル(約6,000万円)の資産価値をもつ人でセンチュリオンカードの審査に通過したことがあります。彼はアメックスの法人ブラックカードと個人ブラックカードを保有しています。

いずれにしても、オフショア投資会社経由でアメックスに審査を依頼することはできるものの、確実にセンチュリオンカードを持てるという意味ではありません。ただアメックスからのインビテーションを待つ方法に比べて、最短にてブラックカードを発行することができます。

オフショア投資口座へ申し込む

なおタックスヘイブンの金融機関経由でブラックカードを発行することを考える場合、一般的にはオフショア投資口座へ申し込むことになります。オフショア金融機関が提供する金融商品の一つがオフショア投資口座です。

ヘッジファンドへ投資するための口座がオフショア投資口座です。日本から優れたヘッジファンドへ投資することはできないものの、タックスヘイブンでオフショア投資口座を開設すれば、ヘッジファンドへ投資することができます。

また一括投資によってオフショア投資口座を開設できます。そこで500,000米ドル以上のお金をオフショア投資会社へ海外送金し、オフショア投資口座に申し込んだ後、ブラックカードの審査を依頼するのです。

・海外積立投資ではなく、一括投資をする

なお、海外積立投資によって金融資産を増やすことは可能です。ただ積立投資の場合、資産残高が大きくなるまでに時間がかかります。そのためアメックスのブラックカードを持ちたい人の場合、海外積立投資ではなく、一括投資が可能なオフショア投資口座を利用します。

法人で申し込んだ後、個人で保有する人は多い

なおセンチュリオンカードを保有することを考える人の多くは、先に法人でオフショア投資口座へ投資します。高額なお金を相続した資産家は例外として、ほとんどの富裕層は起業家です。また個人口座よりも、法人口座に多くのお金が貯まっているケースは多いです。

そこで法人にて高額な投資を行い、法人ブラックカードの審査をしてもらいます。また法人ブラックカードが発行された後であれば、個人のセンチュリオンカードを発行するのは簡単です。

例えば私のクライアントの場合、法人ブラックカードを発行した後、個人として100,000米ドル(約1,000万円)を海外送金し、個人用のオフショア投資口座を開設しました。その後、彼は個人ブラックカードを手にしました。

法人ブラックカードを保有していれば、個人ブラックカードを発行してもらうのが簡単になります。そのため、先に法人ブラックカードを作るのです。

もちろん、個人で高額な資産を保有する人であれば、法人ブラックカードを作る必要はありません。ただ前述のように、個人で500,000米ドル以上などの高額な資産がなかったとしても、法人に多くの貯金がある場合、センチュリオンカードを作ることができます。

デメリットは毎月の海外送金の発生

なおオフショア投資会社で発行できるアメックスのブラックカードは海外カードです。またカード決済する場合、必ず利用したお金を支払う必要があります。

つまり、日本の銀行口座から自動的にお金が引き落とされることはありません。毎月、利用したお金をアメックスへ海外送金する必要があります。アメックスへの送金方法としては以下があります。

  • 日本の銀行から海外送金
  • 米国口座から米国内送金
  • オフショア投資口座から送金

毎月の支払いが日本国内の送金ではなく、海外送金になるため支払い方法が面倒なのはデメリットです。延滞金利は高いため、海外クレジットカードを利用したあと、支払いを忘れないようにしましょう。

ブラックカード発行対応の投資会社のオフショア投資口座はスペックが低い

また他に事前に理解しなければいけない注意点があります。それは、ブラックカード発行に対応している金融機関を利用する場合、オフショア投資口座のスペックが低いことです。

このオフショア投資会社を利用する場合、規制によって「ヨーロッパ籍のヘッジファンドのみに投資できる」ようになっています。つまり投資できるヘッジファンドが極端に少ないです。

通常、オフショア投資口座を利用してヘッジファンドへ投資する場合、低リスクのヘッジファンドであっても年利8~13%が可能です。これらのオフショア投資会社はブラックカード発行には対応していないものの、資産運用の効率は優れています。

一方でブラックカード発行可能なオフショア投資会社を利用する場合、投資できる低リスクのヘッジファンドは年利6~7%ほどです。そのため、他のオフショア金融機関が提供する投資口座に比べると資産運用の効率が落ちます。

もちろん、年利6~7%なので銀行預金に比べると優れています。ただ他のオフショア投資口座に比べると、ブラックカード発行可能な投資会社が提供するオフショア投資口座は内容が劣ることを理解しましょう。

なおそれでもブラックカードを保有したい場合、資産運用の効率が悪いことを理解したうえで、ブラックカード発行に対応しているオフショア保険会社にて投資口座を開設するようにしましょう。

オフショア投資によって最短でブラックカードを発行する

発行するのが最も難しいクレジットカードがセンチュリオンカードです。資産が非常に多い超富裕層であっても、アメックスのブラックカードを保有できていない人は多いです。プラチナカードを利用してアメックスからのインビテーションを待ってもいいですが、インビテーションが来る可能性は低いです。

そこで最短でセンチュリオンカードを持ちたい場合、アメックスとコネクションをもつ金融機関を利用しましょう。プライベートバンクを利用してもコネクションはなく、センチュリオンカードに申し込むことはできません。そこで、アメックスとコネクションをもつオフショア保険会社を利用しましょう。

オフショア投資口座を利用して、一括投資によって海外送金をすれば、年利6~7%ほどでお金を増やしつつブラックカードを保有できます。

法人でも個人でもセンチュリオンカードを申し込むことができます。最短でアメックスのブラックカードを持ちたい場合、オフショア投資を利用しましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で2倍以上の元本確保投資」や「年利10%以上の投資」、「30年で資産が18倍以上に増えるヘッジファンド投資」などが可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければオフショア金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ紹介者・代理店によって投資成績が大きく異なります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示されたり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで、当サイトでは「オフショア投資の相談に乗り、最適な投資プラン」を提案します。年利10%以上での資産運用や元本確保での低リスク投資、オフショア生命保険を用いた確実な資産増、ヘッジファンド利用などさまざまな投資が可能です。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日、受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どの紹介者から加入するのか」であり、これによって年利はまったく異なります。そこで、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて、ヒアリング後にあなたにとって最も優れる投資法を紹介します。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

英ポンドの価値が下がっているとはいっても、減税(によるインフレ)などが原因。日本とか、減税すらなくむしろ増税なのに円安&利上げ無理で詰んでいるという。

クワーテング英財務相、減税「まだ追加がある」 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-09-25/RIRSGHDWX2PU01?srnd=cojp-v2

日本のゴミ規制により、世界最大の優れた取引所だったが、これからは日本人がバイナンスを使うと

・わずかなトークン売買
・BUSD(米ドルと等価のコイン)を使えない
・新規上場コインを買えない

という地獄が待っているのか😇

ブルームバーグニュース @BloombergJapan

EXCLUSIVE: バイナンスが日本参入へ、事業者登録を検討-関係者

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-09-26/RINK91T0G1L101

就職に困らない資格職は恵まれており、例えば薬剤師とか私立で数百万の学費が必要といっても、返済なしの奨学金を出してくれる会社とか腐るほどある。

田舎の薬局なら最初から年収600万だしね。薬剤師で金欠の人、自分のわがままを通しているだけにしか見えない。

例えばフィリピンのような途上国でも、新卒の現地採用で最初から月30万円超えとか探せば普通にある。現地人は無理だが、日本人の特権。

しかし給料が上がらないと嘆くものの、英語を勉強して海外でチャレンジしようとする人がほぼいない不思議。

Load More