日本ではなく海外の証券会社・海外口座を利用して資産運用する場合、優れた投資先を選択することができます。日本では不可能な投資先がいくつもあるのです。そのため海外在住者に限らず、日本に住んでいる人を含めて、海外の証券会社を利用するほうが圧倒的にお金を増やせます。

このとき利用するのはアメリカやケイマン諸島、バミューダ、香港などのタックスヘイブン(オフショア地域)です。オフショア地域にある証券会社でないと非居住者の外国人の口座開設を受け付けてくれませんし、優れた投資商品はありません。

ただ海外の証券会社とはいっても種類があり、投資できるファンドは金融機関ごとに異なります。そのため、事前に特徴を理解しなければいけません。

それでは、海外口座を利用することによってどのような投資が可能なのでしょうか。ここでは、海外の証券口座を利用して口座開設するときの内容を解説していきます。

日本の証券会社は金融規制が厳しく、優れた海外投資が不可能

世界的にも日本は異常なほど金融規制が厳しく、結果として投資商品のほとんどはゴミです。唯一、豊富な種類の投資ができるのは日本株のみです。日本の証券会社を利用することによって、日本株については自由に投資可能です。

ただ日本株で儲けるのはプロ以外は無理であり、圧倒的に難易度が高いです。そのためほとんどの投資家は米国株を含め、海外投資をします。

しかし日本の証券会社を利用しても、海外の優れた投資先は少ないです。アメリカや中国の個別株へ投資することは可能であっても、その他の国への投資へ対応していないことがほとんどです。例えば以下は、SBI証券での外国株式・外国ETFの取引画面です。

このように、非常に少ない国にしか対応していません。

またアメリカであれば当然のように販売されており、誰でも購入可能な投資信託・ETFであっても、日本では販売されていないケースが多いです。事実、日本国内の証券会社で購入できる優れたETFはS&P500(VOO)やNasdaq100(QQQ)くらいです。そのため投資先の選択が圧倒的に少なく、反対にまったくお金が増えないゴミのような金融商品が多いというわけです。

海外の口座で資産運用する場合は規制がない

投資の世界では、「日本でトレードをするのではなく、海外でトレードするほうがお金が増えやすい」のは常識です。まったく同じことをしても、日本よりも海外のほうが資産運用の効果が大きいのです。

これについては当然であり、無駄に手数料が高く、少数の投資先しかない日本国内の証券会社を使うよりも、金融規制なしに世界中の優れた株やファンドへ投資できるほうが運用利回りは高くなります。

ただ海外で投資をするとはいっても、海外在住者のように日本国外で住む必要はありません。海外に存在する証券会社で口座開設すればいいだけです。この方法であれば、タックスヘイブンに住まなくても、規制なしに全世界の投資商品を購入できます。

日本は無駄に金融規制が厳しく、投資できる国は少なく、優れた投資先も限られます。さらには異常に高額な手数料を考えると、海外の証券会社を利用するとそれだけで資産運用の効果が高まります。

海外タックスヘイブンで利用可能な証券会社の口座の種類

なお海外の証券会社を利用するとき、必ずタックスヘイブンにある金融機関を利用しなければいけません。日本を含め、タックスヘイブンでない国だと無駄な金融規制があり、優れた投資先がないからです。例えばタイやドイツなどで証券口座を開設しても、日本と同様にゴミのような投資先しかありません。

そのため、金融規制のないタックスヘイブンを利用しましょう。このとき金融機関によって特徴が異なり、以下の種類があります。

  • 一般的な証券会社:IB証券など
  • 海外積立投資
  • ヘッジファンドへの投資

それぞれについて確認していきましょう。

IB証券など、アメリカの証券会社で一般的な投資を行う

アメリカは世界最大のタックスヘイブンとして知られています。また日本とは異なり、世界中のほとんどの金融商品へアクセスできます。当然、非常に幅広い国に対して投資可能です。

このとき、アメリカに住んでいない人であっても口座開設できる証券会社がIB証券です。IB証券の場合、アメリカ国内に銀行口座を保有している必要はなく、米国の居住者である必要もないのです。それでいて、手数料は圧倒的に安いです。

そもそも、SBI証券などの日本の証券会社を通して米国株を購入するとき、IB証券を利用して発注します。当然、IB証券をあなたが直接利用するほうが手数料は少ないですし、さらには規制なしにあらゆる投資先を選択できます。

例えばIB証券であれば、仮想通貨ETFへ投資することができます。以下は実際のIB証券の画面であり、米ドルにてビットコインやイーサリアムへ投資可能なのです。

当然、こうした仮想通貨ETFは日本に存在しません。ただIB証券を利用すれば投資可能です。

一つの例を出しましたが、こうした日本で投資不可能なファンドがアメリカの証券会社にはたくさんあります。しかも手数料が圧倒的に安いため、すべての人にとってIB証券の利用は優れています。

海外積立投資でタックスヘイブンにて口座開設する

なおIB証券は一般的な証券会社であり、自ら投資先を選ばなければいけません。そのため、特に投資の素人では、どこに投資すればいいのかわかりにくいです。

そのため、タックスヘイブンでは海外積立投資を提供している金融機関があり、この場合はプロがあなたの代わりに資産運用をしてくれます。最も一般的なオフショア投資が毎月の積立投資商品であり、これを利用するのです。

この場合は投資信託・ETFへの投資になり、優れた投資信託を利用することによって年利10%以上にて資産運用をするのです。例えば以下は、私が利用している海外積立投資の管理画面です。

複数のファンドへ分散投資しており、過去5年の平均年利は24.1%です。投資先の判断が難しい場合、毎月の少額投資によって、プロによって資産を増やすことができる海外積立投資はおすすめです。

オフショア投資口座にて、一括投資でヘッジファンドへ投資する

また場合によっては、ヘッジファンドへ投資可能な証券口座を開設することも可能です。先ほど解説したIB証券や海外積立投資の口座というのは、あくまでも投資信託などへの投資になります。ヘッジファンドへ投資することはできません。

ただタックスヘイブンの金融機関の中には、「ヘッジファンドへの投資を可能とする口座」に特化している証券会社が存在します。特殊な投資口座であるため、口座の維持手数料は資産残高に対して年1%ほどと高めです。ただヘッジファンドへ投資できるため、多くの人が利用しているというわけです。

参考までに、以下は私が管理している「ヘッジファンドへ投資可能な口座」の管理画面です。

このように、複数のヘッジファンドへ投資しています。

なお投資可能なヘッジファンドとしては、「株や債券へ投資をしない低リスクのヘッジファンド」があれば、「株や商品先物に対してレバレッジをかけて投資をするハイリスク・ハイリターンのヘッジファンド」もあります。

参考までに、以下はヨーロッパでつなぎ融資を提供しているヘッジファンドのファクトシートです。

平均年利は8~10%であり、不況であっても関係なく資産を増やしてくれます。大きく資産は増えないものの、減ることもないヘッジファンドというわけです。

投資で儲けたら日本で納税する

なおタックスヘイブンで投資をする場合、投資先に規制がなく日本では不可能な投資が可能になるため、圧倒的に資産が増えるのは本当です。ただ海外の証券口座を利用して投資をするにしても、利益確定をして儲けた場合は日本で納税しましょう。

海外に住んでいる人であれば、日本に納税する必要はありません。ただ日本の居住者だと、たとえ海外投資で儲けたお金であっても、日本で納税しなければいけないという義務になっています。

タックスヘイブンというのは、税金がほとんどない地域で有名です。また金融がメイン産業であるため、金融規制なくあらゆる投資商品を購入できます。

ただタックスヘイブンで税金が少ないというのは、対象はあなたではなく、現地でビジネスをしている金融機関が対象です。あなたが無税になるわけではないため、これについては注意しましょう。

海外の証券会社・口座を開設して投資で稼ぐ

プロの投資家であれば、個別株投資をすることによって優れた年利を出せるかもしれません。ただ日本で投資をする場合、高年利を得るのは圧倒的に難しいです。金融規制によって、優れた投資先はほとんどないからです。

また実際のところ、プロの投資家であっても海外の金融機関を利用するほうが圧倒的に高い利回りを出すことができます。日本の金融機関でトレードをするときのような規制はなく、さらには手数料も少ないからです。

このとき、海外の証券会社には「アメリカの証券会社(一般的な証券会社)」「積立投資をするための海外の金融機関」「ヘッジファンドへ投資可能な口座を提供する金融機関」の主に3種類があります。こうした中から、最適な投資先を選びましょう。

日本ではなく海外の証券口座を利用するだけで、圧倒的に優れた利回りが可能になります。そのためより高い年利を得たいのであれば、海外口座を利用して投資を開始しましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で2倍以上の元本確保投資」や「年利10%以上の投資」、「30年で資産が18倍以上に増えるヘッジファンド投資」などが可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければオフショア金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ紹介者・代理店によって投資成績が大きく異なります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示されたり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで、当サイトでは「オフショア投資の相談に乗り、最適な投資プラン」を提案します。年利10%以上での資産運用や元本確保での低リスク投資、オフショア生命保険を用いた確実な資産増、ヘッジファンド利用などさまざまな投資が可能です。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日、受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どの紹介者から加入するのか」であり、これによって年利はまったく異なります。そこで、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて、ヒアリング後にあなたにとって最も優れる投資法を紹介します。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

英ポンドの価値が下がっているとはいっても、減税(によるインフレ)などが原因。日本とか、減税すらなくむしろ増税なのに円安&利上げ無理で詰んでいるという。

クワーテング英財務相、減税「まだ追加がある」 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-09-25/RIRSGHDWX2PU01?srnd=cojp-v2

日本のゴミ規制により、世界最大の優れた取引所だったが、これからは日本人がバイナンスを使うと

・わずかなトークン売買
・BUSD(米ドルと等価のコイン)を使えない
・新規上場コインを買えない

という地獄が待っているのか😇

ブルームバーグニュース @BloombergJapan

EXCLUSIVE: バイナンスが日本参入へ、事業者登録を検討-関係者

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-09-26/RINK91T0G1L101

就職に困らない資格職は恵まれており、例えば薬剤師とか私立で数百万の学費が必要といっても、返済なしの奨学金を出してくれる会社とか腐るほどある。

田舎の薬局なら最初から年収600万だしね。薬剤師で金欠の人、自分のわがままを通しているだけにしか見えない。

例えばフィリピンのような途上国でも、新卒の現地採用で最初から月30万円超えとか探せば普通にある。現地人は無理だが、日本人の特権。

しかし給料が上がらないと嘆くものの、英語を勉強して海外でチャレンジしようとする人がほぼいない不思議。

Load More