投資をするとき、お金を儲ける以上に重要なのは「投資詐欺に引っかからないこと」です。多くの人は投資によってお金を失います。この理由として、詐欺被害に遭う人が非常に多いからです。

投資詐欺の代表例の一つに未公開株への投資があります。残念ながら、あなたに優れた未公開株の案件が来ることはありません。つまり、非上場企業への投資は99.9%の確率で詐欺と考えるようにしましょう。

未公開株への投資をプライベート・エクイティといいます。プロの投資家であっても、プライベート・エクイティは難易度が高いです。また素人の個人投資家が非上場企業へ出資する場合、高確率で詐欺に遭うというわけです。

そこで、どのようにプライベート・エクイティによる投資詐欺を避ければいいのか解説していきます。

プライベート・エクイティの投資詐欺は非常に多い

多くの起業家がプライベート・エクイティを受け入れています。投資家から多額の資金調達をすることによってビジネスを加速し、会社の規模拡大を目指すのです。

以下のように、高額な資金調達をするのは普通です。

ただ少額のお金を保有する個人投資家に優れたプライベート・エクイティの投資案件は来ません。未公開株への投資案件はすべて詐欺と考えましょう。お金を投資した後、投資マネーが戻ってくることはありません。

株を売るには新規上場(IPO)またはM&Aが必須

まず、プライベート・エクイティは非常にリスクの高い投資法であることを理解しましょう。未公開株を購入する場合、未公開株をお金に変えるためには以下の2つのうち、どちらかを達成しなければいけません。

  • 新規上場(IPO)
  • M&A

新規上場(IPO)すれば、あなたは自由に株を売却することができます。上場する場合、未公開株の金額は何倍にもなっています。そのため、投資によって高額なお金を手にすることができます。

またはM&Aによって他の会社に買収されるときについても、多額のお金を手にすることができます。あなたの保有する未公開株が他の会社によって高い値段で買われるからです。

いずれにしても、新規上場またはM&Aを達成しなければ非上場株式でお金を得ることはできません。投資詐欺でなかったとしても、上場を果たせず、プライベート・エクイティ投資に失敗してお金が戻ってこないケースは多いのです。

また個人投資家に来る未公開株の案件だと、「存在しない会社や売上がほとんどない会社に対する投資案件」となります。要は新規上場やM&Aがほぼ不可能な投資詐欺の案件です。

有名会社を利用した投資詐欺は一般的

なお、未公開株の投資詐欺では有名会社を利用するケースも多いです。大企業の中には未上場企業もあります。「こうした非上場企業が上場を検討しているため、事前に未公開株を購入する」という案件です。

ただ、未公開株の公募は登録されている証券会社のみ可能です。また証券会社がIPOする会社の株を一般人に対して募集するとき、あなたに対して優先的に販売を約束することはありません。この行為は違法であり、金融庁から処罰されます。

IPOする会社の株式購入では、公募に申し込んで抽選に当たらなければいけません。つまり未公開株に申し込む場合、証券会社の公式サイトから申し込みをする方法以外では100%の確率で詐欺に遭います。

例えば、「親族で会社経営している人がいて、彼の会社が新規上場するので未公開株を購入しないか」と誘われるかもしれません。または、有名企業の株式が上場直前なので購入しないかと勧誘されるかもしれません。この場合、その案件は投資詐欺と考えましょう。

通常、非上場企業はあなたからの投資を受けたくない

他に重要なポイントとしては、起業家はあなたからの投資を受けたいと考えていないことがあります。多くの人は「起業家はできるだけ多くの人から資金調達をしたいと考えている」と思っているでしょう。

しかし、実際は異なります。非上場企業の経営者は「資金調達をしたいものの、優れた投資家から投資してもらいたい」と考えています。

会社は株主の所有物です。そのため会社の株が買われる場合、経営に対して文句をいわれるリスクが高くなります。つまり、自由な経営ができなくなります。そのため上場していない会社の場合、起業家は投資家を選びます。

要は、上場をしたいと考えている起業家の中で、あなたからの投資を受けたいと考えている経営者はいません。唯一の例外が投資詐欺の案件であり、この場合はあなたから投資を受けたいと考えます。

エンジェル投資家による資金調達は最低500万円

なお、新規上場を目指す会社は既に規模が大きいケースがほとんどです。売上規模は大きく、こうした会社が数百万円の小口投資を受けるのは意味がありません。例えば500万円の投資を受けたとしても、社員を一人採用すれば一年でお金が消えます。

また数年後に上場する会社の場合、銀行から数億円の借金をしているのが普通です。これくらいの借金をできない場合、会社としての信用がなく、優れた事業を展開している会社ではないです。

個人投資家にプライベート・エクイティの案件が来ないのは、投資を受ける金額が少額だからです。100万円ほどの投資を受けたとしても、起業家にとって意味がないのです。

事実、エンジェル投資家からの資金調達であっても最低500~1,000万円が一般的です。また500万円でもお金が非常に少ないため、複数のエンジェル投資家から資金調達を受けることで5,000万円や1億円の資金調達をすることが頻繁に行われます。

プライベート・エクイティというのはお金の規模が大きいです。投資詐欺に遭わないためにも、未公開株への投資がどのように行われるのか理解しましょう。少なくとも、数百万円で投資できる優れたプライベート・エクイティの案件はありません。

お金と人脈を求めて起業家は投資を受け入れる

なお、高額なお金のみプライベート・エクイティを受け入れているのは他にも理由があります。それは人脈の獲得です。

優れた人脈があれば、それだけビジネスを行いやすくなります。大企業と提携するとき、コネクションがあれば決裁権をもつ人と直接商談をすることができます。

個人投資家の場合、当然ながらコネクションはありません。一方で高額なお金を投資できる機関投資家や投資会社、個人の富裕層であれば優れた人脈をもっています。

このような投資家の目的は「投資した会社が数年後に新規上場またはM&Aをする」ことです。そうしなければ投資したお金を回収できないからです。そのため優れた投資家は未公開株を購入した後、投資先の会社が成功するために多くの手助けをします。その結果、投資された会社は成功しやすくなります。

プライベート・エクイティを受け入れるというのは、経営者にとって優れた人脈探しでもあるのです。人脈やお金をもたない個人投資家に優れた未公開株の案件が来ない他の理由がこれになります。

未公開株の投資案件は詐欺

投資詐欺を避けるためには、どのような案件が詐欺なのか見極めるための知識をもたなければいけません。このとき、一般人に対するプライベート・エクイティはすべて詐欺だと考えましょう。

プライベート・エクイティを受け入れている起業家は普通、個人投資家からの依頼を断ります。理由としては以下があります。

  • ダメな個人投資家を排除したい
  • 少額のお金を受け入れても意味がない
  • 優れた人脈を手に入れたい

こうした実情があるため、個人投資家に対して優れた会社の未公開株案件は来ません。個人に対するプライベート・エクイティは詐欺と理解して、必ず投資の誘いを断るようにしましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で160%以上の元本確保」や「年利10%以上の投資」が可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければ金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ代理店によって投資成績が大きく異なるようになります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示したり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで当サイトでは、「オフショア専門の有能なIFA(代理店)」を無料で紹介します。私(当サイトの管理者)もその会社から加入しており、年利10%以上での資産運用を実現しています。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日にて受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どのIFA(代理店)から加入するのか」であるため、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて優れた代理店から加入するようにしましょう。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

インスタグラムでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

新たな投資家が以前の投資家を踏みにじることを推奨するとき、創業者は警戒するべき(エンジェル投資家:カラカニス著)。

以前、1件10億出資で以前の投資家を排除するM澤ファンドがあった。あれ普通に考えてやばいよな。悪い意味で😅

【いつ株価が大暴落し、景気後退・大不況が来るのか予測する方法】

投資をするのであれば、いつ株価がピークを付けて下落するのか知らなければいけない。

実は、不況入りのタイミングをザックリと予測する方法がある。これを知れば株価暴落前に逃げることができる。
↓↓
https://youtu.be/BWcfjgZsoFA

コロナが原因の下げでは買い。米国インデックスに投資して数日経過すれば元に戻り、再び最高値を更新するケースが多い。

カラカニス氏のエンジェル投資家、この本めっちゃ面白いわ。

ダメな会社(投資先にならない経営者)の基準が実体験と共に記されている。

当然、一般的な投資にも活かせる内容が多い。

Load More...