多くの人がタックスヘイブン(オフショア地域)を利用しており、この理由としてはオフショア投資やオフショア法人の利用によって圧倒的に資産を増やすことができるからです。

こうしたタックスヘイブンが関わる事件としてパラダイス文書が知られています。パナマ文書よりも後に起こった「タックスヘイブンに関する流出事件」です。パナマ文書のほうが先に起こった事件なので、パラダイス文書の影響は小さいです。

それでは、パラダイス文書とはどのような事件になるのでしょうか。またパナマ文書との違いは何なのでしょうか。

パラダイス文書の内容を理解すると、タックスヘイブンやオフショア投資の内容がわかるようになります。そこで、パラダイス文書がどのような事件だったのか解説していきます。

パナマ文書との違いは?パラダイス文書でのニュース

タックスヘイブンに関わる流出事件としては、おそらく最も有名なのがパナマ文書です。パナマ共和国は税金がほとんどないタックスヘイブンの一つであり、パナマにある大手法律事務所モサック・フォンセカから流出した大量の機密情報がパナマ文書です。

パナマ文書によって、ケイマン諸島や英領ヴァージン諸島(BVI)、香港など、タックスヘイブンを利用していた人のリストが流出しました。そこには多くの人が知っている大統領や首相、有名人、富裕層、大企業の名前が掲載されていたために世界的なニュースとなりました。

パラダイス文書についても内容はほぼ同じです。パナマ文書の後に、パラダイス文書としてタックスヘイブンを利用していた大量のリストが流出したというわけです。

2017年に公開されたタックスヘイブンの機密情報がパラダイス文書であり、以下の法律事務所から文書が流出しました。

  • アップルビー(バミューダ籍)
  • アジアシティトラスト(シンガポール籍)
  • その他、バハマやバルバトス、マルタなどの登記文書

1340万件もの内部文書が漏れ、パナマ文書よりも流出規模は大きいです。ただパナマ文書よりも後に起こった事件であるためインパクトは薄く、パナマ文書のときのような大規模なデモは起こらず、メディアとしても大きくは報道されていません。

違法行為により、盗まれた可能性の高いパラダイス文書

ちなみにパラダイス文書については、違法行為によって盗まれた可能性が指摘されています。要はハッキングによって機密情報が流出したというわけです。

内部告発やミスによる情報流出であれば、メディアは大々的に取り上げても問題ありません。ただハッキングなどの違法行為で流れた情報の場合、出典元をメディアは記載することができません。事実、最初の情報発信源である南ドイツ新聞は出典元を明らかにしていません。

情報源が確かでないにも関わらずメディアが大々的に報じてもいい場合、メディアは自由に個人や企業を貶めることができます。そのため違法行為によって盗まれた情報を含め、出典元が明確でない場合は説得力がないですし、情報としての価値は低いです。

これについても、パナマ文書のケースとは違いパラダイス文書が大きく報じられなかった理由です。

多くの有名人はタックスヘイブンを利用している

なおパナマ文章と同様に、パラダイス文書についても非常に多くの有名人の名前がリストに掲載されていました。つまり知識をもっている人であるほど、オフショア投資をして資産を増やしたり、タックスヘイブンの会社を利用していたりしていたのです。

パラダイス文書の公開によって、以下の有名人がタックスヘイブンを利用していることが明らかになりました。

  • エリザベス女王:ケイマン諸島のファンドへ個人的にオフショア投資
  • ヨルダン・ヌール妃:ジャージー島にて信託会社の受益者
  • コロンビア・サントス大統領:バルバドスの会社役員として登録
  • リベリア・サーリーフ大統領(ノーベル平和賞受賞者):バミューダ籍の会社の役員として登録
  • マドンナ・アメリカ人歌手:バミューダの医薬品関連企業の株へ投資

このように非常に多くの政治家や有名人、富裕層がタックスヘイブンを利用してオフショア投資をしたり、オフショア法人を利用していたりしていたのです。

日本人で掲載されていた名前のリスト

また当然ながら、パラダイス文書には多くの日本人の名前も掲載されていました。その中には有名人もいます。例えば、パラダイス文書には以下の名前が掲載されていました。

  • 元首相:鳩山由紀夫
  • 元総務副大臣:内藤正光
  • 参議院議員:山田太郎
  • 漫画家:鳥山明

政治家を含め、こうした有名人についてもオフショア投資をしたり、オフショア法人を利用したりして個人資産を増やしていたというわけです。

特に政治家の場合、「海外の金融商品を利用してはいけない」「国に正しく納税しないといけない」と指導する立場です。ただ個人資産を増やすため、倫理的に問題はあるものの、彼らは積極的にタックスヘイブンを利用していたというわけです。

多くの人がオフショア投資をする理由は資産が増えるため

なお知識のある人であるほど、タックスヘイブンを利用する理由は簡単です。オフショア地域を利用すると、圧倒的に資産を増やすことができるからです。

知識のない人では、オフショア投資を「怪しい」と感じてタックスヘイブンを利用しません。一方で政治家や有名人、富裕層であるほど、どのようにすれば効率的に資産を増やせるのか方法を理解しています。そのため、パナマ文書やパラダイス文書では多くの有名人がタックスヘイブンを利用していたというわけです。

例えば以下は、タックスヘイブンで加入できる生命保険の内容です。

30,000米ドル(約300万円)を投資することによって、年数経過と共に以下のようにお金が増えるとほぼ確約されている生命保険になります。

  • 20年後:74,086ドル(約2.5倍)
  • 30年後:145,352ドル(約4.8倍)

日本人を含め、誰でもこの生命保険に加入できます。当然、日本にこうした優れた保険商品は存在しません。オフショア生命保険のみ可能な金融商品です。なぜ知識のある人ほどオフショア投資をするのかというと、資産を何倍にも増やせるからです。

情報が流出しても合法であり、逮捕されることはない

また重要なのは、オフショア投資やオフショア法人を利用すること自体は完全合法であることです。事実、パナマ文書やパラダイス文書が公開されたとき、タックスヘイブンを利用したという理由で逮捕された事例はこれまでゼロです。

もちろん脱税をしている場合、タックスヘイブンの利用に関係なく追徴課税を食らい、罰せられることになります。ただタックスヘイブンを利用すること自体は何も問題ないのです。

事実、パラダイス文書が公開された後であっても、先ほどの記した日本の政治家たちは何事もなかったかのように、政治活動を続けています。オフショア地域で投資をしたり、タックスヘイブンの会社を利用したりすること自体は合法なので、これについては当然です。

日本人でオフショア投資をしている人はいくらでもいますし、合法的にオフショア法人を活用している人もたくさんいます。そのため私たち一般人であっても、正しくタックスヘイブンを利用すれば効率的に資産を増やせるというわけです。

パラダイス文書の内容を理解し、タックスヘイブンを利用する

多くの人はタックスヘイブンの存在について「富裕層が租税回避をしている場所」と考えています。これについては正しく、彼らは無駄な税金支払いを抑えたり、オフショア投資によって資産を増やしたりしています。

重要なのは、「公には言わないだけであって、実際には多くの有名人や富裕層がタックスヘイブンを利用している」という事実がパナマ文書やパラダイス文書によって明らかになったことです。知識のある人ほどオフショア地域を利用しているのです。

またタックスヘイブンを利用すること自体は合法であるため、有名人たちは批判されたものの、その後は特に問題は起こっていません。要は、うまくタックスヘイブンを利用する人であるほど、結果として多くの資産を残せるのです。

この事実を理解し、オフショア投資を含めて正しくタックスヘイブンを利用すれば効率的に資産を増やせます。ここ事実に気付いている人ほど、積極的にタックスヘイブンを活用しているという実態があります。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で2倍以上の元本確保投資」や「年利10%以上の投資」、「30年で資産が18倍以上に増えるヘッジファンド投資」などが可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければオフショア金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ紹介者・代理店によって投資成績が大きく異なります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示されたり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで、当サイトでは「オフショア投資の相談に乗り、最適な投資プラン」を提案します。年利10%以上での資産運用や元本確保での低リスク投資、オフショア生命保険を用いた確実な資産増、ヘッジファンド利用などさまざまな投資が可能です。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日、受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どの紹介者から加入するのか」であり、これによって年利はまったく異なります。そこで、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて、ヒアリング後にあなたにとって最も優れる投資法を紹介します。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

FRBパウエル議長は公式にハードランディング(大幅な景気後退)を容認している。そうしないとインフレを退治できないため。

そういうときに株価や仮想通貨の大幅上昇を期待して投資とか無理じゃないか。

戦う場所は重要で、私は地元岡山ではまったくモテなかった。私より公務員の方が人気という謎。起業家は怪しい人と思われる。

ただ東京に住んでからは急にモテるようになった。鋭い感度の人は女性であっても都市部に住む。場所って重要。

先ほど、「ほぼ確実に年利7%以上で増えるオフショア保険」を断られた。

ただ、その人は「100%の確率で損をする日本の貯蓄型医療保険」に加入している。

人間の行動って不思議🤔多くの人が資産運用で失敗するわけだ。

利下げのあとは必ず不況が来る。ITバブル崩壊やリーマンショック、コロナショックなど。

そのときは今よりも本格的な株価減だなぁ。

セントルイス連銀総裁、利上げ前倒しなら23年には利下げ可能にも https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-20/RC71UET0AFB401 via @business

Load More...