一般人であってもヘッジファンドへ投資することができます。ヘッジファンドは絶対収益型と呼ばれており、不景気であったとしても利益を出すことができます。

なぜ、不景気であっても利益を出すことができるのでしょうか。また、どのようなヘッジファンドであれば優れたリターンを得ることができるのでしょうか。

ヘッジファンドは絶対収益型であるものの、運用成績の悪いファンドはたくさんあります。絶対収益型のファンドへ投資した結果、運用が下手なために資産を減らすことは多いのです。つまり、個人投資家は正しくヘッジファンドへ投資しなければいけません。

ここでは、どのように考えて絶対収益型のヘッジファンドへ投資し、資産を増やせばいいのか解説していきます。

絶対収益と相対収益の違いを学ぶ

資産運用をするとき、多くの人は投資信託を利用します。ETF(上場投資信託)や投資信託を利用することによって、株へ投資して資産を増やすのです。また、投資信託の成績が良かったかどうかを確認する指標として、インデックスが利用されます。

多くのファンドは相対収益です。相対収益では、「インデックスと比較して、優れたパフォーマンスだったかどうか」を確認します。有名なインデックスとしては、例えば以下があります。

  • NYダウ
  • S&P500
  • Nasdaq

いずれもアメリカのインデックス指標であり、こうした指標とファンドパフォーマンスを比較します。

例えば投資信託の運用成績が年間で-5%であったとしても、Nasdaqの運用成績が-8%の場合、その投資信託の運用成績は優れているといえます。相対収益ではインデックスと比較するため、たとえマイナスリターンであったとしても、インデックスより成績が良ければ「優れている」と判断するのです。

不景気のときは必ず株価が下落します。一方で絶対収益型のヘッジファンドの場合、たとえ大不況のときであっても利益を得ることを考えます。そのため景気に関係なく資産を増やせるのが絶対収益型のヘッジファンドです。

すべてのヘッジファンドは絶対収益です。そのため、多くの個人投資家がヘッジファンドを利用して不景気であっても資産を増やしています。

ロングポジションとショートポジションで利益を得る

なぜ、不景気にも関わらず利益を得ることができるのでしょうか。この理由としては、ロングポジション(買い)だけでなく、ショートポジション(売り)も取るからです。

一般的には、株価は上昇します。そのため投資信託では、個人投資家は買いによって資産を増やします。ただ前述の通り、不景気のときに株価は下落します。そこで株価が下がると予測される場合、空売りをします。

空売りをする場合、株価が上がると損をするものの、株価が下がれば大きな利益を得ることができます。

ロングオンリーのヘッジファンドは存在するものの、ほとんどのヘッジファンドは買いと売りの両方をします。ヘッジファンドへの投資が景気に左右されないのは、積極的に空売りをするからです。

ヘッジファンド投資はオルタナティブ投資と呼ばれる

なおヘッジファンドへの投資はオルタナティブ投資と呼ばれます。伝統的な資産(株や債券)へ投資しない手法がオルタナティブ投資です。

株や債券とは異なる値動きをするのがオルタナティブ投資です。そのため、オルタナティブ投資は景気に関係なく資産を増やすことができます。ヘッジファンドへの投資がオルタナティブ投資になるのは、前述の通りヘッジファンドは買いだけでなく空売りもするからです。

またハイリスク・ハイリターンのヘッジファンドの場合、頻繁にニュースになります。例えば以下になります。

リーマンブラザーズが破綻したとき、このヘッジファンドは大量の空売りをすることによって大きな利益を上げたことで知られています。いずれにしても、このように値下がりする場面であっても利益を出すのが絶対収益型です。

投資戦略によってリスクが大きく異なる

なおヘッジファンドでは多くの投資戦略があります。投資戦略が違えば、リスクが異なります。一般的なヘッジファンドはハイリスク・ハイリターンです。空売りをすることによって利益を出せるものの、予想通りに株価が値下がりするとは限らないからです。

例えば以下は株式や債券、FX(通貨)、商品先物へ投資するヘッジファンドのファクトシートです。

見て分かる通り、ボラティリティ(変動幅)が大きいです。ただ平均年利は27.41%と高いです。

一方で低リスクのヘッジファンドもあります。例えば以下はマーケットニュートラル戦略を採用しているヘッジファンドのファクトシートです。

このヘッジファンドの平均年利は11.75%です。ハイリターンのヘッジファンドではないものの、年間のボラティリティ(変動幅)は2.02%と低く、毎年安定してリターンを得ることができます。

このヘッジファンドでは、ロングポジションと同じ額の空売りをします。また割高な株を空売りし、割安な株を買います。そのため株価が上がっても下がっても利益を出すことができます。低めのリスクで年利10%以上を得たい人におすすめのヘッジファンドです。

低リスクのヘッジファンドを利用して収益を得る

一方、株や債券へ投資しないヘッジファンドもあります。例えば、以下の方法によって資産運用をします。

  • つなぎ融資
  • 不動産ローン
  • マイクロファイナンス
  • 売掛債権の売買

つまり、株式投資ではなく金利収入を得ることによって資産運用します。そのため高利回りは無理であるものの、年利8~13%にて資産を増やすことができます。

例えば以下は、オーストラリアの不動産ローンファンドです。

オーストラリアの不動産へ投資したい外国人投資家にお金を貸すファンドです。平均年利は9.27%であり、過去にマイナスリターンの年はありません。

ヘッジファンドへ投資するとき、より低リスクの投資をしたい場合、株や債券へ投資しないファンドを利用しましょう。大不況のときであっても関係なく、これらのファンドは絶対収益にてあなたの資産を増やすことができます。

パフォーマンスの悪いヘッジファンドに注意

ただほとんどのヘッジファンドはパフォーマンスが悪いです。そのためヘッジファンドへ投資した結果、資産を減らしてしまう人が多いです。

ヘッジファンドへの投資は絶対収益型であるものの、投資によって資産を減らしては意味がありません。例えば以下は、アービトラージ戦略を採用しているヘッジファンドの結果です。

アービトラージ戦略は低リスクの投資法として知られています。ただこのヘッジファンドの場合、資産運用が下手で大きく資産を減らしていることが分かります。

このようなヘッジファンドはたくさんあります。そこで必ずファクトシートを確認し、実際の運用成績を確認するようにしましょう。

タックスヘイブンで投資しないと優れたヘッジファンドへ投資できない

また絶対収益型のヘッジファンドへ投資する場合、他に注意するべきポイントがあります。それは、税金がほとんどないタックスヘイブン(オフショア地域)に登録されているヘッジファンドへ投資することです。例えば以下のヘッジファンドはタックスヘイブンで知られるケイマン諸島に登記されています。

タックスヘイブンではなく、日本にある私募のヘッジファンドはすべて詐欺です。また銀行や証券会社から投資できる絶対収益型のファンドは成績が悪いです。

例えば以下は、ブラックロックという世界最大の資産運用会社が提供している絶対収益ファンドの結果です。

  • ブラックロック:世界株式絶対収益追求ファンド(為替ヘッジなし)

このように、まったく資産が増えていません。それどころか、資産運用の結果はマイナスです。そのため、このファンドへ投資するべきではないと分かります。

証券会社に登録されているアクティブファンドはほぼすべて、インデックスファンドよりもパフォーマンスが悪いことで知られています。これが、アクティブファンドへ投資するべきではない理由です。彼らはサラリーマンのファンドマネージャーであり、顧客の運用成績が悪くても自分の個人資産が減ることはなく、問題ないのです。

一方、タックスヘイブンに登録されているヘッジファンドの場合、ファンドマネージャーは自分の高額な資産をファンドに入れています。つまり顧客の資産だけでなく、自分の資産についても運用しています。そのため、彼らは投資によって本気でお金を増やそうとします。

サラリーマンが資産運用するアクティブファンドに投資してはいけません。そうではなく、プロのファンドマネージャーが資産運用するヘッジファンドへ投資しましょう。そのためにはタックスヘイブンを利用するオフショア投資が必須です。

多くの人がヘッジファンドへの投資で失敗するのは、絶対収益を出せる優れたファンドの見つけ方を理解していないからです。そこでオフショア投資を利用して資産運用するようにしましょう。

絶対収益型のヘッジファンドで資産を増やすことができる

景気に左右されず、絶対収益によって利益を出すのがヘッジファンドです。ほとんどのヘッジファンドはロングポジションだけでなく、ショートポジションも取ります。またハイリスク・ハイリターンのファンドはあるものの、低リスクのヘッジファンドもあります。

中には株や債券へ投資しないヘッジファンドもあります。この場合はさらに低リスクであり、マイナスリターンになる確率は非常に低いです。

なお絶対収益型のヘッジファンドへ投資したい場合、必ずオフショア投資を利用しましょう。日本で投資する場合、私募による詐欺ファンドまたは成績の悪いアクティブファンドのみです。

個人投資家が相対収益のインデックスファンドだけでなく、絶対収益のヘッジファンドへ投資するのは優れています。リスク分散によって、不景気のときであっても大きく資産を増やすことができるからです。ただどのようにすれば優れたヘッジファンドへ投資できるのか理解しましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で160%以上の元本確保」や「年利10%以上の投資」が可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければ金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ代理店によって投資成績が大きく異なるようになります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示したり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで当サイトでは、「オフショア専門の有能なIFA(代理店)」を無料で紹介します。私(当サイトの管理者)もその会社から加入しており、年利10%以上での資産運用を実現しています。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日にて受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どのIFA(代理店)から加入するのか」であるため、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて優れた代理店から加入するようにしましょう。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

インスタグラムでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

副業・ビジネスをしたことのない人では、「副業は怪しい」と思う。投資をしたことのない人では、「投資は怪しい」と思う。

つまり、両方している私は非常に怪しい人間。

ただこれらをすれば経済の本質が分かる。また資産家を除く金持ちは全員、例外なく両方をしている。

Snapという会社があって、決算がダメで株価暴落。原因はiPhoneの仕様変更。

似た業態のFacebookもアップルの仕様変更に文句をいっている。

プラットフォーマーのゴミアップデートに文句をいうのは、私たち個人も巨大企業も同じらしい😅

多くの人はただ情報発信する。より正確にいうと、ゴール(売る商品)がまったくない。だから稼げない。

インフルエンサーで稼げない人が多いのは、フォロワーに売る商品がないから。

ビジネスでは最初に売る商品を設定するべき。その後、情報発信の内容を考えないといけない。

稼ぐためには、自分よりも頭のいい人の思考を真似しないといけない。

そういう意味では、エネルギー高騰による爆益を予想し、日本の商社株を仕込んでいたウォーレン・バフェットは天才だ。

未来を予想する力は全ての金儲けで必須🧐

https://biz-journal.jp/2021/10/post_258072.html

Load More...