時間経過と共に富裕層はより富み、お金のない人は貧しい生活をすることになります。それでは、なぜ貧富の格差が広がるのでしょうか。この一番の理由として、多くの一般人は投資をしていないからです。

すべての富裕層は投資をしています。そのため資産は拡大し、投資をしていない一般人は現状維持が続きます。多くの一般人は投資をしていないにも関わらず、格差が広がっていることを嘆きます。

そこで富裕層と同じ行動を取りましょう。投資をすれば、たとえいま貧乏であったとしても将来は大きな資産を作ることができます。つまり、投資をしているからこそ金持ちになれるのです。投資をしていない状態で格差拡大に文句をいう資格はありません。

また、投資をしない人はインフレの影響によって100%の確率でお金がなくなります。なぜ投資をしていないと格差が広がるのか解説していきます。

多くの人が貧乏なのは投資をしていないから

多くの人は何も努力をせず、貧乏であることを嘆きます。ただ、本来はリスクを取って資産を増やさなければいけません。自らビジネスをしていない人であっても可能なのが投資であり、必ず投資をするべきです。

ほとんどの人が貧乏な理由は単純であり、投資をしていないからです。

現金で貯金をする場合、100%の確率で貧乏になります。世界では年2%のインフレが一般的です。そのため現金を銀行に預けている場合、毎年2%のスピードでお金の価値がなくなります。つまり30年経過すると、お金の価値は半分になります。

以下は「1802年にアメリカで1ドルを投資した場合、2013年の価値はいくらなのか」に関する報告です。

1802年の価値 2013年の価値
1ドル 930,550ドル
長期債券 1ドル 1,505ドル
短期債券 1ドル 278ドル
1ドル 3.21ドル
現金 1ドル 0.052ドル

有名な研究結果であり、インフレによって現金の価値はほとんどなくなっています。一方で株や債券に投資をする場合、大きく資産価値が増えています。

金持ちがずっと富裕層である理由

先ほどの研究結果を確認すれば、なぜ投資をしなければ貧乏になるのか分かります。投資をしていない場合、常に現金の価値は減り続けます。

一方で富裕層は常に金持ちです。この理由として、お金を使ったとしてもそれ以上に資産が増えていくからです。例えば以下はアメリカトップ500社に投資をするS&P500のチャートです。

このように、長期的に株価は上昇しています。富裕層は株に投資をしているため、大きく資産を増やせるようになっているのです。参考までに、S&P500に投資をすると平均年利7~9%です。これに配当年利約2%を加えると、平均年利は10%ほどになります。

誰でも投資によって富裕層になれる

お金持ちは既に大きな資産を持っているため、投資によってよりお金を増やすことができます。ただ富裕層でなかったとしても、投資をすることで誰でも大きな資産を作ることができます。

例えば、年利10%で資産運用する場面を考えてみましょう。年利10%で積立投資をする場合、将来の資産価値は以下のようになります。

・年利10%で資産運用する場合

積立金額 10年後 20年後 30年後
月1万円 206万円 765万円 2279万円
月3万円 619万円 2297万円 6837万円
月5万円 1032万円 3828万円 1億1396万円

株式投資であれば、年利10%は簡単に達成できます。また大きな資産を持っていない場合、一括投資ではなく積立投資になります。例えば月3万円の積立投資を20年続ければ2000万円以上の資産になっています。

いま資産がなかったとしても、投資を開始すれば将来は大きな資産を作ることができます。

なお株へ投資する場合、不景気のときに価値が暴落します。そのためリスクを取りたくない場合、債券へ投資するという方法もあります。債券へ投資をする場合、株式投資のような高利回りは不可能です。ただ低リスクで年利4~5%のリターンを得ることができます。

例えばHYGという債券ETFへ投資する場合、配当年利が4~5%であると知られています。またHYGの場合、価格の変動はあります。ただ以下のように長期的に価値は増えていないものの、減ってもいません。

  • iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)

たとえ低い年利であったとしても、債券へ投資すればお金を増やすことができます。素早く金持ちになることはできないものの、ほぼ確実にお金を増やせます。資産運用によってお金が増えるため、銀行への預金のようにお金の価値が減ることはありません。

いずれにしても、すべての人は投資をするべきです。そうしなければ、インフレによって確実に資産が減ります。

富裕層はより富むが、貧乏人も投資で金持ちになれる

これらの事実を学べば、なぜ多くの人が貧乏であり、富裕層との格差が広がっているのか理解するのは簡単です。多くの人は投資をしていないから貧乏なのです。

  • 銀行で貯金:インフレによって価値が減る
  • 株へ投資:長期的に資産価値が増える

まずはこの事実を学ばなければいけません。

もちろん、既に富裕層の人といまから投資を始める人では、圧倒的に金持ちのほうが有利です。例えば資産10億円をもつ人だと、年利10%では1年で1億円の資産が増えることになります。一方で資産がない場合、年利10%で資産が増えたとしても、増えるお金の金額は少ないです。

ただ前述の通り、少額のお金を毎月投資する場合であったとしても、20年や30年が経過すれば大きな資産を作ることができます。また素人の個人投資家であっても、S&P500に投資をすれば平均年利10%が可能です。

資産家は既に大きな金融資産をもっているため、格差が広がるのを避けることはできません。ただいま大きな資産をもっていなかったとしても、投資を開始することで大きな資産を作ることができます。投資では年利10%であれば簡単に達成できます。また同じ株に投資する場合、すべての人で資産が増える割合は同じです。

浪費をやめ、投資をするのが成功の一歩

そこでお金の浪費をやめ、積極的に投資に回しましょう。お金持ちが常に金持ちなのは、有効なお金の使い方を理解しているという側面もあります。

大きな資産があったとしても、すべて使うとお金はなくなります。そこでお金を積極的に投資するのです。富裕層がどのようにお金を使っているかというと、投資によって増えたお金の一部を利用して生活しています。

例えば1億円の資産がある場合、年利10%であれば年間1000万円のお金を作ることができます。資産運用によって増えたお金のうち600万円を生活費として使う場合、400万円が残るため、複利で資産が増えていきます。

富裕層が常に金持ちなのは、資産運用によって増えたお金の一部で生活しており、さらには複利で資産が増えるからです。そのため投資するお金を増やし、複利によって加速度的に資産が増えるようにしなければいけません。

多くの投資家で質素な生活をしている人が多いのは、浪費をすると資産運用でお金が増えないことを知っているからです。そこで無駄な出費を減らし、積極的に投資をすることでお金を増やしましょう。

投資していない場合は格差が広がる

富裕層と一般人の格差が広がるのは当然です。多くの一般人は投資をしていないからです。金持ちは全員が投資をしています。この理由として、投資をしなければお金の価値が減るからです。また投資をすれば、資産価値を大きく増やすことができます。

正しいやり方を選択して株式投資をすれば、誰でも簡単に平均年利10%を達成できます。個別株へ投資する必要はなく、インデックスに投資すればいいです。

そこで資産を増やしたい場合、いますぐ投資を始めましょう。投資をしない場合、インフレによって資産価値は常に減少し、いつまで経っても貧乏のままです。富裕層になるために必要な条件が投資です。またリスクを取りたくない場合、債券へ投資する投資法であっても問題ありません。

富裕層と一般人で格差が広がるのは当然です。なぜ格差が生まれるのかを理解し、積極的に投資をすることで大きな資産をもつようにしましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で160%以上の元本確保」や「年利10%以上の投資」が可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければ金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ代理店によって投資成績が大きく異なるようになります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示したり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで当サイトでは、「オフショア専門の有能なIFA(代理店)」を無料で紹介します。私(当サイトの管理者)もその会社から加入しており、年利10%以上での資産運用を実現しています。

相談依頼は全国対応(全世界対応)にて24時間365日にて受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どのIFA(代理店)から加入するのか」であるため、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)、ヘッジファンド投資を含めて優れた代理店から加入するようにしましょう。

オフショア投資の応募ページへ

Youtubeでの投資情報

Twitterでのビジネス情報

金持ちになるには、何事もお金を貯めるに尽きる。

私とかいま住んでいる国で友達ゼロなので飲み会はないし、移動はしないし、打ち合わせはすべてZoom。

余った使わないお金はすべて投資へ🙃

Load More...