オフショア投資をするとき、日本人にとってインベスターズトラスト(Investors Trust:ITA)は非常に人気のファンドとなっています。

ただインベスターズトラストに加入するとき、必ずIFA(代理店)を経由して契約しなければいけません。紹介者を通して契約するからこそ、ようやく海外積立投資を行えるようになるのです。また、同時にフォローもしてくれます。

しかし、中には悪徳業者の紹介者が混じっているのも確かです。これについては必ず排除しなければいけません。

そこで、ここでは「インベスターズトラストに代理店経由で加入する意味や悪徳業者の見極め方」について解説していきます。

Investors Trust(ITA)は代理店経由で加入する

どのオフショア投資でも共通していますが、海外のファンドが日本人へ直接金融商品を販売しているケースはありません。インベスターズトラストを含め、ファンドの投資商品へ加入するときは必ずIFA(代理店)を経由する必要があります。

つまり、代理店・紹介者がいなければインベスターズトラストで海外積立投資を行うのは不可能だと考えるようにしましょう。そのため海外でのオフショア保険や投資信託を検討する場合、最初に行うべきは「優れた代理店」を探すことになります。

私もインベスターズトラストで海外積立投資をしていますが、当然ながら紹介者経由で契約しました。以下のように、インベスターズトラストへの契約書を作ってもらったのです。

あなたも同じように、インベスターズトラスト(Investors Trust)での投資を考えているのであれば、優れた代理店を見つけるといいです。

代理店に対面や電話で商品内容を聞くべき

なお、インベスターズトラスト(ITA)は日本語に対応している珍しいファンドです。ただ、商品に加入する前から問い合わせに答えてくれるわけではありません。インベスターズトラストでは日本語にて問い合わせできますが、これは会員サイトにログインした後となります。

以下のページは私のインベスターズトラストでの会員サイトですが、このように契約後に入れるログイン画面でなければお問い合わせのページにたどり着くことができません。

ただ、海外での投資信託を考えている人は金融商品を購入する前に注意点や商品概要について知りたいと考えるのが普通です。そうしたとき、IFA(代理店)にメリットやデメリットを含めて確認するようにしましょう。

基本的に日本人スタッフのいる代理店経由で申し込むことになるため、日本語にてファンドの特徴を教えてくれます。

また当然ながら、手続きについても紹介者が日本語で説明してくれます。私が加入するときも、以下のように日本語での対応でした。

代理店経由で申し込む意味というのは、IFAを通さなければインベスターズトラストと契約できないだけでなく、このように「加入までが非常にスムーズ」という意味もあります。

なお、このときは対面や電話で商品の詳細を聞いたうえで、メールなどで手続きを進めるようにしましょう。海外ファンドと英語ではなく、日本語にて代理店と電話・メールでやり取りするので特に問題は起こらないはずです。

メリットしか話さない紹介者は見送るべき

なお、このときインベスターズトラストの商品には主に以下の2つがあります。

  • S&P500・インベックス
  • エボリューション(Evolution)

S&P500・インベックスについては、元本確保型の金融商品になります。具体的には15年の投資で140%、20年の投資で160%に元本が増えることが約束されている金融商品になります。堅実な投資をしたい人はS&P500がおすすめです。

一方でリスクはあるものの、年利10%以上を目指す金融商品がエボリューションです。加入年数に応じたロイヤリティボーナスもあり、攻めの投資を考える人におすすめです。

ただ、これらの投資をするときに「160%の元本確保がある」「年利10%以上を目指す」などだけ伝えて加入させようとする紹介者は悪徳業者であるため、これらの業者から絶対に加入しないようにしましょう。「160%の元本確保がある」「年利10%以上を目指す」などには条件があり、「最初に決めた金額について減額や停止、引き出しをしない場合に適用される」という前提になっているからです。

実際、インベスターズトラストの公式サイトでも以下のように記されています。

これを説明せず、「途中での停止が可能」「引き出しすることができる」などと謳う業者は最悪です。実際に途中で減額や停止をした場合、元本確保やロイヤリティボーナスがなくなります。その結果、インベスターズトラストの金融商品へ加入する意味がゼロになり、ほぼ確実に元本割れするようになるからです。

「インベスターズトラストへの海外積立投資で高利回りが可能」というメリットは本当です。ただ、同時にデメリットまで理解しなければいけません。

証券受け取りや満期サポートが重要であり、逃げられるリスクがある

また、こうした悪徳業者から絶対に加入するべきではないのは、単純に加入後すぐに連絡を取れなくなるからです。要は、逃げられてしまうのです。

当然ですが、あなたの目的はオフショア投資をすることではなく、資産運用によってお金を増やすことにあります。つまり、インベスターズトラストへ投資をして15年後や20年後などに満期を迎え、お金が手元に戻ってくるまでがオフショア投資の最終目的になります。

ただ悪徳業者の場合、オフショア投資の契約をするところまでは面倒を見るものの、その後はすぐに消えるようになります。理由は単純であり、紹介手数料目当てで多くの人を加入させることばかりを考えているからです。

またきちんとした会社であれば、証券の受け渡しなども実施してくれます。私についても、インベスターズトラストへ加入した後に電子データにて証券を送付してもらいました。以下が実際の証券の一部です。

しかし悪徳業者だと、当然ながらこうした証券の送付などはしてくれません。よりひどい場合、会員サイトへのログイン方法を教えてくれないケースもあります。

インベスターズトラスト自体は真っ当な保険会社であり、世界的な格付け会社からの評価も高いです。ただ紹介者の中には悪徳業者が混じっているため、オフショア投資が怪しいと思われてしまっている側面があります。

そのため海外積立投資をする場合、「どの紹介者から加入するのか」は非常に重要です。きちんとしたオフィスを構えており、信頼できる代理店から加入するようにしましょう。

ダメな内容なら解約したほうがいい

ただ、場合によっては既に悪徳業者経由で契約してしまっているケースがあります。このとき、無理のない範囲(毎月の支払いについて、満期を迎えるまで継続して支払える額)で契約しているのであれば特に問題ありません。

しかし、中には「2年後であれば自由に減額や停止ができる」などと言われ、詐欺まがいの契約をさせられた人もいます。

これについては、お金はほとんど戻ってきませんが勉強代だと考えていますぐ解約したほうがいいです。投資金額が少ないうちに解約し、被害が最小限になるようにするのです。

インベスターズトラストの商品内容は非常に優れており、実際に私はS&P500・インデックスとエボリューションの両方とも契約しています。ただ、リスクを理解したうえで確実に毎月の積立投資が可能な額に設定しています。

しかし紹介者がダメだと、微妙な契約になることが頻繁に起こります。オフショア投資でIFA(代理店)が最も重要になるのは、こうした意味が含まれているのです。

信用できる代理店から加入するべき

オフショア投資で非常に重要なのがIFA(代理店)の選定です。インベスターズトラスト自体は代理店経由なら誰でも加入できるため、その後のサポートを含めてきちんと面倒を見てくれる紹介者の存在が大切になります。

ダメな代理店であるほど商品のメリットしか伝えず、無理な投資設計を提案します。しかも、契約後はすぐに連絡が付かなくなります。

当然ですが、こうした状態は避けなければいけません。本当の意味で信用できる代理店から加入するからこそ、証券の送付や満期時のサポートを含めて面倒を見てくれるのです。

海外でのオフショア保険・投資信託で最重要なのが代理店選びであることを認識したうえで、信頼できる紹介者からインベスターズトラストの契約をするといいです。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介