オフショア投資を行う上でマン島を選ぶ方は多いです。最も古いオフショア地域になり、世界的に有名なオフショア金融センターがあるからです。

実際、日本人でたくさんの人がマン島でオフショア投資をしています。

ただ、オフショア投資が初めての方やこれから行う方にとって、マン島がどういった特徴があるのか分からないケースが多いです。イギリスと非常に関係の深いマン島ですが、タックスヘイブン(税金がほとんどかからない地域)で重要な存在になるのです。

ここでは、オフショア地域であるマン島について紹介します。どのような特色やリスクがあるのか解説するため、マン島の特徴を知った上であなたの理想の地域でオフショア投資を行いましょう。

最も古いオフショア地域のマン島

マン島は、グレートブリテン島(イギリス)とアイルランド島に囲まれたアイリッシュ海の中央に位置する島になります。具体的な場所は以下になります。

そのほかの特徴は以下になります。

  • 面積:約572km2(淡路島とほぼ同じ大きさ)
  • 首都:ダグラス
  • 公用語:英語、マン島語

イギリスではないのですが、イギリスと関係の深い国です。イギリス王室領属という位置づけであり、イギリス国王が保有する国になります。一応は国であるため、イギリスとは異なる法律で運営されています。

また、マン島には日本とは比較にならないほど巨大な金融機関がいくつも存在します。事実、「スタンダート&プアーズ(S&P)」「ムーディーズ(Moody’s)」といった、世界の金融機関の格付けを行うところからも、時期によってはAAAの最高評価を受けています。

ちなみに、日本で誰でも知っているような有名な金融機関(三菱UFJフィナンシャルグループなど)はA-(エーマイナス)の評価です。日本の大企業でさえその評価になるので、マン島の金融機関はそれほどまでに規模が巨大な金融機関であり、日本のメガバンクより安定性において優れています。

マン島はヨーロッパにある世界的にも有名なオフショア地域であり、日本の金融機関に投資するよりも安全であることは理解しましょう。

世界的に有名な金融機関がある

マン島になぜ世界的に有名な金融機関があるかというと、キャピタルゲイン(株などの資産を売却したときに得られる儲け)に対する税金がゼロだからです。それだけでなく、インカムゲイン(株の配当による儲け)への税金もゼロです。

つまり、株式や債券などへ投資して儲かったとしても税金が課せられることなく、無税なので効果的な資産運用を可能にしています。その結果、投資マネーがマン島に集まるようになるのです。

また、税金がかからないからといって自由にマン島で投資会社を作れるわけではありません。マン島では倒産しそうな会社の登記は認められていません。実際、19社の保険会社が登記をしていますが、これまで倒産した会社は1つもありません。

オフショア投資をしている途中で会社が倒産してしまえば、当然ながら顧客は困ってしまいます。しかしマン島は世界的に有名であり、日本の大企業とは比べ物にならないくらい巨大な金融機関であるため、ここで資産運用する以上は倒産リスクがほぼないといえます。

政府が時価総額の最大90%を保証

またマン島では、「政府が時価総額の最大90%を保証してくれる」という特長があります。金融機関が倒産した場合、本来であれば保証はありません。しかし、最大で90%を保証してくれるのです。

実際のところ、保険会社で倒産事例がないので心配する必要はほぼありません。ただ、万が一に倒産したとしても資産が保証されるというわけです。

ただ、あくまでも最大90%です。もしかしたら保証割合が70%になるかもしれませんし、50%になる恐れもあります。こればかりは、そのときのマン島の金融機関の運営がどのくらい上手に回っているのかにもよりますので、何ともいえません。

しかし1つだけいえるのは、世界中の金融機関の中で最も信頼があるという事実です。

日本の金融機関で資産運用しても倒産する可能性があります。ただ、日本の金融機関より信頼できる金融機関ばかりなので、日本でお金を資産運用するよりはリスクが少ないです。しかも、日本にお金を預けても資産は増えないですが、オフショア投資なら何倍にもなって返ってきます。

そうはいっても、投資はあくまでも自己責任です。商品の特徴やリスクを十分に把握した上で、自己責任で行うようにしましょう。

マン島だけの金融商品があり、ロイヤルロンドン(RL360°)も在籍

なお、イギリスはオフショア地域(タックスヘイブン)の元締めです。その主要地域であるマン島には、世界でも有数の金融センターがあります。当然、そこでしか販売されていない金融商品もあります。

オフショア投資は、日本では考えられないようなキャンペーンや好条件での投資を行うことがあるので、そういったお宝金融商品に出会える可能性があるのです。

また海外積立投資をするとき、オフショア保険や投資信託に加入しますが、このとき日本人が多く加入する会社にロイヤルロンドン(RL360°)があります。ロイヤルロンドンはマン島に本社があり、非常に長い歴史のある保険会社になります。

ロイヤルロンドンでの投資を考えている場合、つまりはマン島に資産を移すことになります。そのため、非常に安全な状態で資産運用が可能になります。

マン島でオフショア投資を行うことは1つのメリットです。海外積立投資を考えるとき、マン島も候補に入れるようにしましょう。

・数多くある商品から優良なものを見極める

なお海外のオフショア投資では、数多くの金融商品があります。利益をほぼ確約しているものがあれば、ハイリスク・ハイリターンの運用を行う金融商品もあります。

多くの金融商品があるため、その中から優良なものを選ばなければいけません。リターンばかりを求めると損をするリスクがあります。そうした点に注意して金融商品を選ばなければいけません。

マン島での積立投資はIFA(代理店)が重要

ただ、マン島でオフショア投資を行うときは注意点があります。その中でも、最も重要なポイントの一つにIFA(代理店)の選定があります。保険会社は直接顧客に金融商品を販売することはなく、必ずIFAを通さなければいけません。

そうしたとき、オフショア投資は海外の金融機関で積立投資を行います。このとき、日本人をサポートしてくれるIFAを選びましょう。日本人スタッフがいるIFA(代理店)であれば、すべてのやり取りが日本語になるので手続きが非常にスムーズです。

海外の金融機関だとメールやWebサイトもすべて英文です。重要なお金の話になるものの、英文が理解できないと困ってしまいます。ただ、日本人スタッフのいるIFAであればこれらの言語リスクを回避できます。

また申し込むIFAが違えば、運用利回りが変わります。そこで投資商品を購入するとき、必ず過去の運用利回りの結果を聞くようにしましょう。

オフショア投資の詐欺があるので注意

ただ、詐欺には注意しましょう。非課税の地域で高金利の資産運用ができるオフショア投資ですが、ダメな代理店もあるからです。

ロイヤルロンドンを含め、マン島に籍を置く保険会社(金融機関)はどれも優れており、こうした会社の金融商品を購入すること自体で詐欺が起こることは100%の確率でありません。ただ、IFAが詐欺まがいのことをすることはたくさんあります。

例えば、以下のようなケースです。

  • 口座開設を依頼してお金を預けたが、その後に音信不通になった
  • なぜか高額な手数料を取られた
  • リスクの説明がなかった

オフショア投資は長期の資産運用になるため、満期時には最終的にお金が返ってくる必要があります。このとき満期時の手続きもIFAに依頼するのが一般的なので、オフィスを構えているきちんとした紹介者(会社)に依頼しなければいけません。

実際に満期が来たとき、日本円で口座に入金してもらう方法があれば、海外に銀行口座を開設して米ドルで支払ってもらう方法もあります。これらの手続きについても、優良な代理店であれば相談に乗ってくれます。

また、代理店を通してロイヤルロンドンなどの保険会社と契約するものの、実際のお金の送金先は保険会社(ファンド)です。IFAにお金を入れることはあり得ません。

他には、リスクの説明がないケースもよくあります。資産運用でお金が圧倒的に増えるのは本当ですが、手数料やリスクの理解も必要です。例えば、オフショア投資は途中で減額すると保証がなくなったり、ボーナスを受け取れなかったりします。

これらのリスクを理解しなければいけないため、最適な投資設計が必須です。そのため海外積立投資で重要なのは「誰(どのIFA)から入るのか」だといえます。

距離が遠く、通いのリスクもある

またマン島のリスクとして、日本人にとって距離が遠いことがあげられます。マン島はイギリス本土から1時間半の場所に位置するため、日本から距離が離れています。イギリスへ飛行機で行くのも大変ですが、そこからさらに飛行機を乗り継がないといけません。

ほぼ起こりませんが、万が一トラブルが起こった場合、直接金融機関に行かなければいけない恐れがあります。

イギリスに行く場合、旅費だけで数十万円かかってしまいます。また、移動も飛行機で10時間以上かかる上に、休みも長期で取らなければいけないので自由に休みが取れない方は大変です。

オフショア投資は日本から近い香港などでも行えるため、その点を考慮した上で最適な場所を選ぶようにしましょう。

タックスヘイブンの拠点となるマン島

税金のかからないタックスヘイブン(租税回避地)ですが、そうしたオフショア地域の中でもマン島は非常に歴史が古く、世界有数の金融地域になっています。世界トップクラスの金融機関が集まっているので、信頼性の高いオフショア地域になります。

日本の金融機関よりも信頼できる保険会社に投資し、さらには大きな利回りによって資産を増やしてくれるのがオフショア投資です。

タックスヘイブンの中でもマン島は特に信頼性が高く、実際に多くの日本人がマン島でオフショア投資を実践しています。

ただ、重要になるのがIFA(代理店)を選ぶことです。ロイヤルロンドンを含め、マン島にある保険会社は優良な会社ばかりですが、サポート体制がしっかりしている代理店でないと詐欺まがいの契約を受ける恐れがあります。マン島での投資信託を行うとき、優れた代理店を見つけるところから始めましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で160%以上の元本確保」や「年利10%以上の投資」が可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければ金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ代理店によって投資成績が大きく異なるようになります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示したり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで当サイトでは、日本でも店舗を構えている「オフショア専門の有能な日本代理店」を紹介します。私(当サイトの管理者)もその会社から加入しており、年利10%以上での資産運用を実現しています。

このときの紹介は全国対応で、24時間365日にて受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どのIFA(代理店)から加入するのか」であるため、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)を含めて優れた代理店から加入するようにしましょう。

オフショア投資の応募ページへ