オフショア投資を行う際、海外にて銀行口座の開設を行いたいと考えるケースがあります。その口座にお金を預けてオフショア積立投資をしたり、投資で得た金額を入金したりするためです。

オフショア銀行口座の開設は簡単に行えます。そのため、日本円に限らず海外で米ドルなどその他の通貨でお金を保有したいと考えるとき、非常に便利です。このとき、オフショア口座ではHSBC銀行などが非常に有名であり、多くの人が香港などで銀行口座を作ります。

ただ、海外の銀行口座の開設方法について、どのようにすればいいのか分からない方がほとんどではないでしょうか。英語でのやり取りになるので、実際のところ知識もなく自分一人だけの力で開設するのは非常に難しいです。

そこで、ここではオフショア銀行の口座開設方法を紹介します。また、実際のところ口座開設を見送ったほうがいい人のほうが大多数なので、これについて理解しなければいけません。その理由まで含めて確認していきます。

オフショア口座開設で日本に居ながらは無理

オフショア口座の開設方法ですが、口座開設には以下の2つの方法が考えられます。

  • インターネットと郵送で行う
  • 現地に直接に行って開設する

ただ、かつては香港などのタックスヘイブン(税金がほとんどかからない地域:オフショア)で郵送にて口座開設できていたものの、いまはほぼ無理だと考えるようにしましょう。そのため、香港などの現地に出向いての開設が基本になります。

日本に一番近いオフショア地域である香港であれば、東京から4時間弱で行けるため、手軽に訪れることができます。また、アジア最大級の金融センターであるため、オフショア口座の開設ではほとんどの人が香港へ出向きます。

口座開設は業者に任せるのが基本

なお実際のところ、自分自身で香港にてオフショア口座を開設するのは非常に難しいです。そこで、口座開設を業者に任せてしまいましょう。英語が得意な方であればいいですが、やり取りはすべて英文になるからです。

一方で業者であれば、必要な手続きをすべて代行してくれるのでスムーズに口座開設を行えます。必要書類を持参すれば、後は現地で確認や記入をするだけです。

あなたが行うことは現地での必要書類の確認だけになるので、簡単に口座開設を行えるのです。

また実際のところ、オフショア口座を開設して投資をするためにはIFA(代理店)を通さなければ実現できません。そのため、業者に任せるとはいっても香港にいるIFA(代理店)のスタッフにお願いするだけで問題ありません。

オフショア口座開設に必要な書類

それでは、オフショア銀行口座を開設する際に必要な書類には何があるのでしょうか。これについては、以下の書類を用意しておきましょう。

  • パスポート
  • 住所を確認できるもの
  • 口座開設申込書(現地で記入)

パスポートについては、香港へ出向くことになるので持参が必須であり、特に問題はないと思います。

ただ、「住所を確認できるもの」については注意が必要です。日本だと運転免許証や住民票が一般的であるものの、これらは日本語で記載されています。当然、海外で日本語を読める人はほぼいません。そのため、英語での住所証明が必要になります。

つまり、英文に翻訳しなければいけません。これについては業者であれば対応してくれるので、依頼しましょう。業者に依頼する場合は翻訳サービスを利用する手間を省けます。その点を考慮しても、業者に任せてしまったほうが安く簡単に口座開設を行えます。

HSBC銀行など、オフショア口座開設する銀行を選ぶ

オフショア銀行口座を開設する場所や銀行ですが、大半の日本人が香港で口座開設をします。

オフショア投資(海外積立投資)をするとき、マン島やケイマン諸島など、その他のタックスヘイブンに籍を置く会社へ投資をすることは多いです。ただ、これらの金融機関に申し込みをして投資をするにしても、香港のIFA(代理店)に依頼して申し込むケースが大半です。

そのため、結局のところ日本人にとって「オフショア口座の開設 ≒ 香港での口座開設」になってしまうのです。

もちろんシンガポールなど、その他のオフショア地域で銀行口座を作っても問題ありません。ただ、シンガポールで銀行口座を作るには現地に住んでいる必要があるなど、現実的に厳しいです。そのため、どうしても香港になってしまうのです。

このとき、香港での口座開設はほぼHSBC銀行になります。

世界展開している非常に巨大な金融機関であり、日本にあるあらゆるメガバンクよりも規模の大きい銀行になります。

香港の場合口座開設には種類がある

なおオフショア銀行口座には、いくつか種類があります。例えばHSBC銀行の場合、以下の3種類があります。

  • パーソナルインテグレーテッド
  • アドバンス
  • プレミア

細かい違いについて、以下のようになります。

パーソナルインテグレーテッド アドバンス プレミア
最低預金残高 10,000香港ドル

(約15万円)

200,000香港ドル

(約300万円)

1,000,000香港ドル

(約1,500万円)

口座の種類 普通・当座・定期
ネットバンキング
通貨 米ドル、円、ユーロ、オーストラリアドル、カナダドル、ニュージーランドドル、ポンド、シンガポールドル、タイバーツ、スイスフラン
小切手 発行可
銀行サービス グループ口座の送金手数料無料
クレジットカード 年会費有料 年会費無料 年会費無料
紛失時の再発行無料

主な違いは「預けなければいけない預金残高」です。この預金残高を下回ると、毎月それなりに高額な口座維持手数料を差し引かれるようになります。

このとき一番高いプレミアの場合、香港に約50か所設置してあるお客様用のプレミアセンターを利用することが可能です。またコーヒーのサービスやインターネットが利用できるスペースを無料で利用でき、担当者が付くので投資のアドバイスをしてくれます。

ただし、口座の残高として100万香港ドル(約1,500万円)が必要です。そのため、お金がある方しか利用できません。

オフショア口座開設の銀行口座開設ツアーは注意

それでは、実際に香港にてHSBC銀行などのオフショア口座を開設するときはどのような注意点があるのでしょうか。これには、第一に「銀行口座開設ツアーに注意すること」があります。

オフショア投資をするに当たり、現地に行って銀行口座を直接開設できるツアーがありますが、参加費用に注意しましょう。ほとんどがぼったくり業者だからです。

香港まで航空券は往復で4万円程度です。以下の通り、4万円で航空チケットを入手できます。

また1泊1万円のホテルに泊まれば、1泊2日で香港に行っても食事代を含めて総額6万円かかりません。もちろん、口座開設は無料で行えます。

しかし悪徳業者が行っているツアーの場合、10万円以上します。ひどいツアーの場合は航空券があなた負担であり、ツアー代だけで10万円の値段を要求してきます。

香港までの旅費を考えてみれば、どれだけぼったくられているのか一目瞭然です。無料の口座開設なのに、あり得ない費用を支払うのはおかしいです。日本人向けのツアーはこういった悪徳業者が多いので注意しましょう。

オフショア口座を開設したらやることのリスト

ただ、オフショア口座は開設したら終わりではありません。開設後にすぐにやらなければいけないことがあります。すぐに行わないと手遅れになる恐れがあるものも存在するので注意が必要です。

・インターネットバンキングの登録

まず口座開設が完了したのであれば、なるべく早めにインターネットバンキングに登録しましょう。インターネットバンキングに登録すれば、日本から口座残高の確認や資金の移動が可能です。海外まで行って手続きをする手間が省けます。

口座開設後にしばらく時間が経過すると、登録を忘れてしまう人が大半です。そこで、口座開設と同時にその場で登録手続きを行いましょう。

・キャッシュカードを認証する

口座開設後、キャッシュカードを認証しましょう。認証しなければキャッシュカードを利用できないからです。また、このことを「アクティベーションする」ともいいます。

HSBC銀行で口座を保有していれば世界中どこでも現金を下すことができるので、海外にて投資をするときに限らず、海外旅行をするときであっても便利です。

アクティベーションの方法としては、キャッシュカードを使って口座からお金を引き出せば完了します。口座開設が完了したのであれば、アクティベーションをすぐに実施することでキャッシュカードを使えるようにしましょう。

参考までに、香港のHSBC銀行は世界中どこでも利用できるだけでなく、オフショア投資で得たお金を日本で引き出すことも可能です。実際、ゆうちょ銀行やセブン銀行で使えるのでとても利便性がいいです。

当然、香港に限らず海外にはたくさんのHSBC銀行のATMがあり、24時間手数料がかからずお金を引き出せます。海外旅行に行った際は、ぜひ活用してみてください。

口座凍結リスクを忘れてはいけない

なお、HSBC銀行などでオフショア口座を開設する場合だと、最も問題になりやすいのが口座凍結のリスクだといえます。

24ヵ月(2年間)に渡り、口座残高に動きがない場合は凍結されるようになります。どれだけ高額なお金を預けていたとしても、凍結によってお金の引き出しができなくなると考えましょう。

もちろんあなたのお金ではあるため、凍結を解除できないわけではありません。このときは香港現地へ渡航する必要はありますが、HSBC銀行の香港にある支店をあなた自身が訪れることで凍結を解除してもらうことが可能になります。

ただ、英語が堪能であれば問題ないものの、そうでない場合は自分一人だけの力で口座凍結を解除するのは難しいです。また24ヵ月は意外とすぐに経過してしまうため、気づいたら口座が凍結されていたという人も多いです。

そのためオフショア銀行口座を開設するとき、日本の銀行とは違ってこうした口座凍結リスクがあることを理解しましょう。

クレジットカード払いでオフショア投資は銀行不要

ここまで、香港でHSBC銀行などあなた独自の銀行口座を開設するときの考え方や注意点について解説してきました。ただ、前提条件をひっくり返すようで申し訳ないですが、海外積立投資をするときに考えなければいけないのは「そもそも、本当に海外の銀行口座が必要か?」ということです。

実際のところ、オフショア投資をして資産を増やすことを考えるとき、海外口座は不要です。むしろ凍結リスクがあるため、ないほうが最適なケースは多いです。

例えばオフショア投資で金融機関へ送金するとき、ほぼクレジットカード払いになります。私についても、海外積立投資では以下のようにクレジットカードを登録し、そこから毎月払いを実施しています。

クレジットカード払いではあっても、投資先の金融機関を選べばクレジットカード手数料なしで利用金額の全額を積立できるようになっています。

むしろ銀行から送金するほうが多くの手数料を取られるケースがあります。そのため、日本からオフショア投資をするときはカード払いが基本です。

またオフショア投資は香港へ渡航しなくても、日本に居ながらクレジットカードを登録するだけで行えます。海外積立投資を検討するに当たり、香港へ行く必要がなければ、オフショア銀行口座の開設も不要だと考えましょう。

解約や満期時は日本円に換算して日本の銀行に送金可能

またオフショア投資では米ドルにて積立投資をすることになります。そうしたとき、米ドルでお金を増やすことになるため、「米ドルでの預金が可能な海外のオフショア口座が必要なのでは」と考えてしまいます。

ただ、米ドル口座は不要です。海外積立投資をして解約や満期によりお金が振り込まれるとき、あなたがいつも利用している日本の銀行口座を指定すれば問題ありません。

以下のような書類を記載することになりますが、日本円口座で問題ないのです。

日本の銀行口座を指定すれば、そのときの為替レートに換算されたうえで日本円にてお金が振り込まれるようになります。

もちろん、海外で米ドル資産を持ちたいと考えている人であれば、オフショア銀行口座を開設すれば問題ありません。

ただそうしたときであっても、米ドルでの資産を引き出せるようになるのはオフショア投資での満期が来た段階です。少なくとも、海外積立投資を始めた段階でHSBC銀行を開設する必要はありません。オフショア投資を開始して例えば20年後に満期が来て、米ドル資産をもちたい場合、そのときにオフショア口座開設をすればいいです。

こうした理由があるため、多くの日本人にとってHSBC銀行の口座が必要かというと、結論として開設する意義は乏しいです。

海外口座でも税金支払いは必要

またオフショア投資をして満期を迎えたあと、投資先の金融機関(保険会社)にお金をそのまま置いて資産運用を継続してもらってもいいし、お金を引き出しても問題ありません。

ただ、いつかはオフショア投資をしている金融機関からあなたの銀行へお金を振り込むことになります。そのとき海外の銀行でも日本の銀行でも、着金すると同時に利益が確定するようになります。つまり、税金の支払い義務を生じるようになります。

日本国内でも、投資で儲けたお金については税金を課せられます。これは、海外投資でも同様だと考えましょう。

「海外の銀行に着金させれば税務署にバレない」と考え、税金を支払わないのは脱税です。また、いまは海外資金についても把握される時代であり、オフショア口座を保有したとしても節税にはならないと考えましょう。

オフショア銀行口座の性質を理解するべき

オフショア投資を行うとき、HSBC銀行などのオフショア口座は不要です。日本に居ながら海外積立投資の契約はできますし、クレジットカード払いによって投資を開始できます。

またHSBC銀行の利用には凍結リスクがあります。実際、凍結に遭遇した日本人は腐るほどいます。預金口座を定期的に動かしていれば何も問題ありませんが、実際のところ24ヵ月ほど何も出し入れせずに、気づいたら口座が凍結されている事態に陥っているのです。

海外積立投資をするとき、「HSBC銀行の口座を保有したほうがいい!」と勧誘を受けることはあるものの、その真意を確かめるようにしましょう。もしかしたら、その人は単なる詐欺業者かもしれません。

実際のところ、オフショア投資による資産運用で増えたお金について、日本にある日本円口座を指定できます。こうした事実を理解したとき、本当にオフショア口座が必要かどうかを見極めるようにしましょう。

海外のオフショア投資で優良な日本人代理店を紹介

オフショア投資であれば、「20年で160%以上の元本確保」や「年利10%以上の投資」が可能です。ただ、このときはIFA(代理店)を経由しなければ金融機関と契約できません。

しかし、実際のところ代理店によって投資成績が大きく異なるようになります。さらにいうと、紹介者がダメな場合、詐欺まがいの投資方法を提示したり、途中で連絡が取れなくなったりします。これでは資産運用どころではありません。

そこで当サイトでは、日本でも店舗を構えている「オフショア専門の有能な日本代理店」を紹介します。私(当サイトの管理者)もその会社から加入しており、年利10%以上での資産運用を実現しています。

このときの紹介は全国対応で、24時間365日にて受け付けています。海外積立投資で最重要なのが「どのIFA(代理店)から加入するのか」であるため、オフショア投資信託やオフショア保険(生命保険)を含めて優れた代理店から加入するようにしましょう。

オフショア投資の応募ページへ